育毛シャンプーの選び方

抜け毛や薄げ、頭皮のベタ付き、乾燥など髪や頭皮の悩みは多くライフスタイルの変化によって現在では若い男性や女性でも男性だけの悩みだと思われていた髪と頭皮に関する悩みを抱えている方が増えてきています。

 

育毛を考えたり頭皮の環境を考えた際にやはりトラブルを抱えた人でなくても常に健康な頭皮を保って見た目にも綺麗な髪、頭皮で居たいですよね。健康な頭皮は一言で言うと地肌が白くほんのり透き通っている様に見え、適度な水分を保っているためみずみずしさを感じる事が出来、指で頭皮を触ると弾力を感じる事が出来る頭皮が健康的な頭皮です。小さな子供の頭皮ってちょうどこの状態ですよね。

 

健康な頭皮は毛穴を見ても判ります。毛穴がしっかり見え毛根が見えている状態でしっかり髪が生えている事が目で見て確認する事が可能な状態です。

 

逆に健康でない頭皮には何らかのトラブルによって炎症を起こしたり湿疹が出来てしまっているので見た目にも頭皮が赤みを帯びており中には過剰に分泌された脂で脂浮きしているのが見てわかる方もいらっしゃいますし毛穴は皮脂で埋まってしまっている状態になっています。

 

乾燥してしまっている方は髪や頭皮に本来あるべきツヤが失われてしまい頭皮の表面も乾燥をしている為に硬くなってしまっている為、頭皮を指で押しても弾力を感じ取る事が出来ません。毛穴も硬くなってしまっているためやはり髪は細くなってしまっています。フケが原因の方は頭皮がガサガサしている状態になっている事が多く髪に剥がれ落ちたフケがまとわり付いてしまっている場合もあります。

 

健康な頭皮を持っている方は髪もハリ、ツヤ、コシのある健康的な髪をしており健康な髪の方を見れは頭皮が健康である事も容易に想像出来ます。強烈な紫外線を浴びてしまったり肌に合わないシャンプーの使用、シャンプー時のすすぎ残し、過剰な皮脂分泌と言った状態の方は頭皮の危険シグナルとして赤みを帯びたり乾燥を引き起こし頭皮も健康的で無くなってしまっています。

 

健康的な頭皮を保つにはストレスの無い生活環境を作りバランスの良い食習慣を心掛け十分な睡眠と休養を取る事で随分改善されますので鏡で御自分の頭皮チェックを行った際に健康的ではない状態の場合、生活環境の改善や食習慣の見直しを行ってください。間違った頭皮ケアは現在抱えている何らかのトラブルを悪化させる恐れもありますので出来るだけ健康な頭皮を保つ為に様々な環境を見直して行く事が重要です。

続きを読む≫ 2013/08/30 17:27:30

誰しも髪がサラサラで見た目にも清潔な状態って憧れますよね。毎朝シャンプーをして出勤しているのに夕方になってくると皮脂分泌され何だか脂でベタ付いた様に見えると悩みを抱えていらっしゃる方も多くどちらかと言うと男性にこの悩みは多く見られる様です。

 

頭皮へと過剰に分泌される皮脂ですがその原因として最も多いのが必要以上なシャンプーだという事をご存知でしたか。実は全く逆である乾燥してしまっている頭皮についても同じ原因で引き起こります。

 

高級アルコール系シャンプーなどをはじめとして自分の肌に合わない刺激や洗浄力の強すぎるシャンプーを使い続けていると本来シャンプーを行っても残っている頭皮にとって必要な皮脂なども一緒に洗い流してしまうのです。

 

その結果、頭皮は自己防衛として脳から皮脂の分泌を促す指令を受けてしまい刺激から頭皮を守る為に更に過剰に皮脂を分泌してしまっているのです。毛穴に皮脂が詰まってしまいそのままにしておくと更に皮脂が分泌されて毛穴に詰まった老廃物や皮脂を排除しようとする働きを起こす場合も有ります。

 

これは男性の脂漏性脱毛症と不快繋がりがありこの状態を保ち続けてしまった結果、毛穴に頑固な老廃物が蓄積されてしまい毛穴を塞ぎ、髪がだんだん細くなり最終的には抜けてしまいます。この様な状態になってしまうと再び髪の毛を取り戻すのにも相当の時間が必要であり根気の要るケアも行わなくてはなりません。

 

そうなってしまう前の段階であるベタ付きを感じた段階できちんとしたケアを行う必要があります。ベタ付きを抑えるケアとしては一般のシャンプーから低刺激のアミノ酸系の育毛シャンプーなどに変えて爪を立てずにマッサージを施す様に指の腹で優しくもみ洗いを行います。

 

また、最近の育毛シャンプーは目的別に悩みに対してピンポイントで必要な成分を配合しているものが販売されていますので過剰に皮脂分泌されている方向けの物などを選ぶと良いでしょう。先ずは正しいシャンプーで清潔な頭皮の環境を保ってください。

続きを読む≫ 2013/08/30 17:25:30

一度気になってしまうと夜中であっても思わず髪を洗ってしまう程痒くなってくる頭皮の痒みは一体どうしてひき起こるのでしょうか。通常の頭皮の痒みはシャンプーやリンス、コンディショナーなどすすぎの段階で洗い残しを起こしてしまいそれが原因で痒みを伴う事が判っています。

 

他にも整髪料などを使用し痒みを引き起こしている事も有り得ます。頭皮が古くなり角質化してフケとなり剥がれ落ちる際に痒みを伴うケースや通常の頭皮より過剰に分泌された皮脂によるもの、逆に乾燥しすぎて痒みを起こすケース、真菌(カビ菌)や微生物の付着による痒みの他これらの状態が進んでしまい皮膚疾患を起こしてしまった場合などが考えられます。

 

どの様な原因であっても悪化してくると逃避だけではなく抜け毛などに繋がり治療に掛かる時間も長くなってしまいますので単なる痒みではないと感じたり清潔に頭皮を保って居るにも係らず痒みが続く様であれば出来るだけ早い段階で皮膚科の治療を受ける事、それと並行して使用しているシャンプーや整髪料などを変更してみる事をお勧め致します。

 

頭皮の痒みは健康な頭皮から何らかの要因が発生して症状を引き起こす場合と症状が完治に向かう場合に引き起こす場合とありどのような常態の痒みであるのかチェックするのも大切です。そして近年多く見られているのがストレスによって引き起こされて居る頭皮の痒みです。

 

ストレスを受けると人間の脳内ではアドレナリンが過剰に分泌されてしまいイライラしたりする様になりますがそれと同時に体内では急激な血の流れが見られたり様々な変化を起こします。

 

その中の一つとして頭皮に皮脂が過剰分泌されてしまい痒みを生じてしまうのです。何らかの要因が見当たらないのに何故か頭皮に痒みを感じるといった場合には自身に心理的、精神的なストレスは無いかじっくり考えてみるのも良いでしょう。

 

ストレスを排除する事で頭皮の健康だけではなく精神的にも身体的にも健康で居られ結果頭皮の痒みも改善されると気持ちが良いですよね。

続きを読む≫ 2013/08/30 17:11:30

いつからか頭皮に痒みを感じ、気が付いたら湿疹が出来て居た。なんて方も結構いらっしゃる様です。頭皮の湿疹は頭皮から分泌される脂漏と呼ばれている脂に真菌(つまりカビ菌)や微生物等が結びつきこの脂漏を酸化させてしまう事で炎症や湿疹を発生させているケースが多く、湿疹の出来ている方の多くが脂性の頭皮のタイプの方だと言えます。

 

しかし、意外な事に何故頭皮で皮脂が多く分泌されて湿疹を伴うかについてははっきり解明されておらず分かっている事は多量に排出されてしまった脂の付着した頭皮を清潔に保っていない事によってより脂漏を酸化させる時間が多くなり発生するのではないかと考えられています。

 

原因としては清潔な頭皮の環境を維持出来ていない事によって発生すると言われていますが現在、様々な高級アルコール系シャンプーが販売されており頭皮にあわない刺激の強いシャンプーを使い続けている事によって乾燥が悪化してしまったりシャンプーやリンス、コンディショナーのすすぎが足りずにすすぎ残しが原因で湿疹を発生させてしまうケースも有ります。

 

乾燥肌で湿疹や痒みを伴う症状を感じた場合にはシャンプーの際に十分な水でしっかりすすぐ様にしてください。また、それでも痒みや症状を感じる方は弱酸性のアミノ酸系育毛シャンプーなどに切り替えて出来るだけ頭皮に刺激を与えず頭皮の環境を改善し整えていくと良いでしょう。脂漏性湿疹を発生させてしまった方は皮膚科などで受診し適切な処置を受ける事をお勧め致します。

 

処方される薬には抗真菌薬などの塗り薬と飲み薬を処方される事が多いです。皮膚科などの受診と併せて頭皮を常に清潔に保つ様、シャンプーは出来るだけ刺激の少ないものを使用して毎日行う様にしましょう。

 

ただし、注意しておきたいのが脂漏性タイプの頭皮だからとごしごしと爪を立てたり洗いすぎると必要な逃避の脂をも洗い流してしまいその結果、頭皮は自己防衛策として更に皮脂分泌を行いますので刺激の強いシャンプーは出来るだけ避けて肌に優しい物を使用するように心掛けてください。

続きを読む≫ 2013/08/30 17:10:30

頭皮の環境が悪化したり逃避に何らかのトラブルを抱えていた場合、頭皮について正しい知識を持っている事で対処出来る事も多くありますので頭皮とフケについて少し知っておくと良いでしょう。

 

皆さん一度ならずともフケが発生した経験をお持ちだと思いますがフケとは一体なんだかご存知でしょうか。簡単に言ってしまえば頭皮から剥がれ落ちた老廃物なのですが人によってフケの多い方と少ない方とあり頭皮の脂が少なく乾燥する事でフケが発生する乾燥性と脂の分泌が多すぎて角質が剥がれ落ちる事で発生する脂漏性の物とがあります。

 

男性であればスーツなどに大量のフケが付着する事で場合によっては他者を不快な気分にさせてしまう事や不潔な人といった印象を与えてしまう為非常に気を使ってしまうものでもあります。

 

約30層近く有るといわれている頭皮の層は肌と同じで日々内側から新しい皮膚を製造しており古くなった最も上層部分にある皮膚、つまり角質層が剥がれ落ちてフケとなります。これは何も特別な物ではなく体もこの頭皮と同じで古くなった角質層が剥がれ落ちると垢となり体から剥がれて行きます。

 

ではこのフケ、何が問題かというと先ずは何よりも見た目の印象である事は間違いありませんが量が多い人はフケ症などと呼ばれておりその方自信も非常に気になっているのです。

 

また、かゆみを伴う事もあり掻かない様に注意をしていても眠っている時など無意識に頭をポリポリと掻いてしまう頭皮を傷つけてしまっている事も多くあります。

 

そうなってしまうと頭皮トラブルが発生してしまい抜け毛などの原因にもなってしまいます。また、脂漏性のフケの場合真菌が脂漏を酸化させてしまい頭皮に炎症を起こしてしまう事があり重症のケースになってくると皮膚科にて長期間の治療を必要とします。

 

乾燥性のフケの場合には保湿剤入りの育毛シャンプーなどを使用し保湿に努め、脂漏性の場合には清潔に保ち毎日髪を洗う事が見た目に清潔感を与え頭皮の清潔を保てるポイントです。

続きを読む≫ 2013/08/30 17:09:30

一見ずっと生え続けている様に見える髪の毛ですが実は自然に抜け再び自然に生えてきています。これを繰り返す事を毛周期と言います。髪の毛はムダ毛と同様に毛サイクルや毛周期と呼ばれているものがあり毛が自然に抜けるのですが正常な方で毎日50本から100本程度が自然に抜けると言われています。

 

男女差によってこの毛周期は異なると言われており3年から6年で1周期を完成させると言われています。人間の体は実に不思議に出来ており数え切れない程のこの髪の毛、実は1本1本の毛周期が異なっているのです。

 

毛周期によって髪が抜けてもなくなる事なくずっと髪の毛が有る状態を保つ事が出来るのです。髪の毛の生え変わりのサイクルは一度抜けると休止期に入りその後、毛母細胞が動き出すと分裂を始め頭皮下で新たな毛の芽が誕生します。

 

この段階ではまだ皮膚より舌に髪の毛のいわば卵が有る状態で表面からは見えない状態です。その後成長期に突入すると毛細血管から髪が育つ為の栄養成分を取り込みながら徐々に太く長い髪の毛を生やしていきこの段階で初めて表面に髪が生えてきた事が確認出来るのです。

 

その後毛母細胞の活発化が停止すると退行期と呼ばれ髪の毛乳頭等が上へ上へと押し上げられていき徐々に停止期に突入する準備を行い本格的な停止期に突入して髪が抜けていきます。

 

一見動きの無いように見える髪の毛ですが毎日約0.5mm弱は伸びており1ヶ月で約1cm強伸びます。その上で先に述べた毛周期を1本1本が行っており数え切れない程の量の髪のうち毎日約100本程度が自然に抜けて行っているのです。

 

また、毛周期は病気や妊娠、出産、加齢などによって変化を生じさせ方にはまったサイクルだとは言い切れずストレスや生活習慣の乱れからこの毛周期が乱れ抜け毛へと繋がってしまいます。最近、髪の毛の抜ける量が増えたと感じる方は一度生活習慣を見直してみると良いでしょう。乱れてしまった生活習慣を改めて見る事で乱れてしまった毛周期を元に近い状態へと戻す事が出来るのです。

続きを読む≫ 2013/08/30 17:06:30

女子であればコシとツヤのある健康な、男性であればふさふさとした太い髪に憧れている方も多く現在、残念ながら髪についてや頭皮について悩んでいる方が多く居ます。

 

悩みを解消する為には先ず髪の毛について知っておくと髪のトラブルや悩みの解決に近づく事が出来るでしょう。人間が進化を遂げる過程に於いて皮膚、髪、爪と分かれていったと言われており本来は同じもので出来ています。

 

髪の毛はアラニン、アルギニン、アルパラギン酸、イソロイシン、グリシン、グルタミン酸、シスチン、スレオニン、セリン、チロシン、トリプトファン、バリン、ヒスチン、フェニルアラニン、メチオニン、リジン、ロイシンの18種類のアミノ酸で構成されているケラチンと言うタンパク質から出来ています。中でも多くの割合を占めているのがシスチンと呼ばれているアミノ酸です。

 

このシスチンは太くてコシのある髪を作りますしチロシンは綺麗な黒髪を作る働きを持つと言われています。

 

更にこの18種類のアミノ酸を繋げているのがビタミンCとコラーゲンです。予断ですがシスチンは硫黄を含んだ成分で構成されている為に髪が何らかの原因で燃えてしまった際に硫黄に似た臭いを感じるのです。

 

髪は3層構造で構成されており毛の表面のキューティクルと毛皮質そして毛髄質の3層に分かれています。最も外側であるキューティクルは皆さん殆どの方が既にご存知の様に紫外線や染髪、パーマなど外的なストレスによって剥がれ落ちやすいものでキューティクルが失われてしまうと髪の水分が不足しパサついた髪になってしまいます。

 

次の層である毛皮質は髪の9割を占めているといわれており髪の色を左右するメラニンも含まれている髪にとって重要な役割を担っています。そして、最も内側の層である毛髄質は脂質とタンパク質から構成されています。髪が水分を保った健康な髪を持続させるにはキューティクルと毛皮質に大きく左右されており特にハリやコシといったものの殆どをこの毛皮質が鍵を握っていると言っても過言ではありません。

続きを読む≫ 2013/08/30 17:05:30

抜け毛の悩みを持っている方にとってはあらゆる面から見直しを行い抜け毛を予防したいと願っている方も多くいらっしゃいます。その反面で何が原因で抜け毛になっているのか分からないと悩んでいる方が多いのも事実です。

 

そこで今回は抜け毛を予防する為に気をつけておきたい生活習慣について触れてみたいと思います。ライフスタイルの変化が著しく進んでいる現代社会ではなかなか自分の意思とは裏腹な生活を余儀なくされている方も多いと思いますが実はその生活スタイルが抜け毛に深く関わっている事も考えられます。

 

例えば睡眠時に髪の細胞活動が活発化し健康な髪を維持していますが昼夜逆転した生活を送っているとどうしても本来活動を行う細胞が活動しにくくなってしまいます。

 

また、喫煙習慣は毛細血管を収縮させてしまい正常な血液の流れを行いにくくしてしまいます。そしてバランスの偏った食生活は本来、紙が成長するのに必要な栄養素を摂取しにくくなり抜け毛に繋がってしまいます。

 

これらの事柄について心当たりのある方は難しい状況であっても出来るだけ改善出来るように心掛けてください。適度な運動も髪にとって重要です。過度な運動を行う必要はありませんが適度に体を動かず事でストレス発散となったり全身の血行促進効果があります。

 

休日にウォーキングを行ったりスイミングを行ってみるなどちょっとした運動を行ってみると良いでしょう。髪の健康を意識する事は最終的に自分自身の健康を維持する事と直結しており十分な睡眠、禁煙、バランスの取れた食事は抜け毛の予防だけではなく成人病などあらゆる病気の予防としての健康維持になっています。

 

仕事などで夜間に睡眠を取る事が難しい方もせめて十分な睡眠を保てるように生活サイクルを上手くやりくりして睡眠時間の確保を行うと良いでしょう。上記の事柄を総合的に判断すると髪の健康維持及び抜け毛予防は強いては自分の健康管理だと言う事が分かります。抜け毛予防で生活習慣の見直しを行い健康を手に入れてみませんか。

続きを読む≫ 2013/08/30 17:03:30

男性に多い抜け毛や薄毛の悩み、現在ではライフスタイルの変化等で女性も多くの方が悩んでおり比較的若い年代の女性でも悩みはあると言われています。そこで抜け毛の原因として考えられる中の食生活について考えてみたいと思います。

 

食事はただ単に空腹を満たす為だけではなく子供であれば体のあらゆる成長の源となり成人している方にとっても様々な成長を行う為に必要な栄養分を食事から摂取します。栄養が極端に偏ってしまっている方や暴飲暴食など乱れた食生活を送っている方は毛細血管にまで十分な血液を循環させる事が出来なくなり結果抜け毛に繋がってしまうと言われています。

 

抜け毛を予防する為には髪の素となると言われ多くの方もご存知の消失のたんぱく質を摂取する様に心掛けてください。タンパク質は肉、魚、大豆製品、チーズ、乳製品などから摂取出来ますが中でも注目したいのが植物性のタンパク質です。

 

動物性のタンパク質も勿論重要ではありますが過剰摂取しすぎると成人病等に繋がる恐れもありますので動物性タンパク質はバランスを考慮して摂取する様にして下さい。ビタミンA、B群、E、Pも健康な髪を保つのにとても重要な働きを行っています。

 

ビタミンA、E、Pは血行を良くする働きを持っておりB群に関しては髪の成長を助ける働きを持っています。他にもコラーゲンを摂取する事でツヤやコシのある髪を育てる作用を行っていますので出来るだけ摂取する様に心がけたい食品です。

 

そして、最も気になるのが亜鉛です。亜鉛は髪の成長を助ける働きをもっていますが過剰摂取も体にはよくありませんので毎日微量に摂取する事が重要となっています。ほp家にも鉄分は美しい髪を保つのに重要な働きを行っています。

 

先に述べた大豆製品に鉄分が含まれていますので意識して大豆食品を摂取する様にすると良いでしょう。髪に良い栄養素を大量に摂取すれば良いというわけではなくバランスよく摂取していく事が重要です。バランスよく摂取する事で髪だけではなく体の健康も維持出来ますので抜け毛予防に併せて食生活の見直しを行うと良いでしょう。

続きを読む≫ 2013/08/30 17:02:30

日々のシャンプーや朝の整髪時に何気なく抜けている髪の毛。その抜け毛の量が何だか最近とても多く不安になってきた。生活の変化と共に近年では若い男性や女性も抜け毛に悩む方が多くなっており年代を問わず抜け毛に対して悩みをお持ちの方も実は結構いらっしゃいます。

 

何故抜け毛が発生してしまうのでしょうか。実は毎日の生活のちょっとした変化にも髪は敏感に反応して抜け毛となってしまいます。例えば昼夜が逆転した食生活、不規則な生活による睡眠不足、ジャンクフードばかりを食べ続けている栄養を考慮していない食生活等実は人間の細胞は夜間、睡眠時に発育する事が多く髪も同様に夜、眠っている間に成長しています。

 

その成長時間である夜間に十分な睡眠を取らないで居ると本来睡眠時に活発に活動しているはずの細胞活動が行われなくなってしまい抜け毛へと繋がり易くなってしまいます。次いで喫煙習慣のある方も抜け毛に要注意です。

 

喫煙する事によって毛細血管を固くさせてしまい本来の血液の流れを阻害してしまいますので血液が流れるのに必要な環境が整わず血行が悪くなり毛細血管まで正常な血液の循環が行われずに抜け毛へと繋がってしまいます。

 

そして、大きな要因であるストレスは抜け毛に繋がっているだけではなく意識的な思考から健康を阻害する恐れもありますので出来るだけ心理的なストレスの無い環境やポジティブ嗜好で生活が出来る様に心掛けてください。ストレスは心理的なものだけではなく女性に多く見られがちな過激なダイエットによって体のあらゆる部分に身体的な負担、すなわちストレスを与えてしまい抜け毛へと繋がってしまいます。

 

食生活に於いても抜け毛の原因に繋がる恐れがあり暴飲暴食など過度な栄養の偏った食事を摂取し続ける事によって髪が育つために必要な栄養素が髪へと送られにくくなってしまいますのでバランスの良い理想的な食事を摂取する様に心掛けましょう。

 

抜け毛には一概にこれが原因だと原因を特定したり追求するのは難しいのですが何気なく過ごしている日々の生活の中で先に述べた事柄が自身の生活に含まれていないか今一度生活サイクルの見直しをする事も重要です。

 

また、独身の男性に見られがちですがこれら全てを含んでしまっている生活習慣の方は出来るだけ健康的で髪の為にも良い生活に戻せる様に生活や食習慣、睡眠習慣を見直し抜け毛予防の為に喫煙する事で結果健康的な生活へと変えられますので抜け毛をきっかけに生活自体を今一度見直して見ては如何でしょうか。

続きを読む≫ 2013/08/30 17:01:30

髪や地肌が気になりだした時に出来るだけ髪に関して優しく扱い髪の内側と外側からより早く改善効果が見られる様に努力したいと思われる方も多い様です。育毛に関する悩みを抱えている場合、髪の元となる栄養素を体内に取り込んで出来るだけ髪に栄養を行き渡らせられる様にしていきたいと思われる事でしょう。

 

人間のカラダは一度体内に栄養を取り込まれると胃に近い部分から吸収されていくため髪や手足の先にある爪などに栄養が最後に届くとも言われています。ですので育毛シャンプーの使用だけではなく意識して髪に必要な栄養素を摂取する事でより早く髪の環境を整えられるように体の内側からもサポートしていく必要があります。

 

髪はアミノ酸系のケラチンと言われるタンパク質から出来ているため出来るだけ良質のたんぱく質を食事から摂取する様に心掛けましょう。タンパク質は動物性のタンパク質と植物性のタンパク質とに分けられますがカロリーの高い動物性のたんぱく質を摂取し過ぎると成人病を招く恐れもある為出来るだけ植物性のタンパク質を摂取する様に心掛けましょう。

 

大豆製品にはビタミンBやEも含まれており髪を健康的に、美しく保つのに必要な栄養素であり他にもレシチンと言われる栄養素は血行を良くする働きをも持っています。植物性のタンパク質では納豆や大豆製品、芋類から比較的容易に摂取する事が出来ますので意識して食事に取り込むと良いでしょう。

 

とはいえ動物性タンパク質も体を作るのには必要な栄養素である事には間違いありませんので全く摂取しないというのではなくあくまでも健康的な食事としてバランスよく摂取する必要があります。良質のタンパク質は食事として体内に取り込まれると数多くのアミノ酸に分解され体内に栄養として吸収されます。

 

吸収された栄養素は血液と共に体内の様々なところへと運ばれていき、その中でタンパク質となり毛母細胞へと送られ良質の髪が作られる素を築いていきます。

 

このようにして一見何気なく毎日食べている食事も実は良質の髪が育つ環境を作れる事から体の内側から髪の環境を整えていき食事と併せて育毛シャンプー等を使用して髪の外側から環境を改善していく事で育毛剤や育毛シャンプーだけに頼らず総合効果によって頭皮改善、髪質改善をより効果的に実感する事が出来るでしょう。

 

現在の人は毎日忙しく働きなかなか食事に気を遣う事も難しくどうしても日々の食事で肉食や手軽に食べる事が出来るファストフード等に頼りがちですが髪の健康をきっかけに体の健康も意識した食事をする様にしてみてもいいのでは無いでしょうか。

続きを読む≫ 2013/08/30 16:59:30