育毛シャンプーの選び方

Andorogenetic alopeciaの頭文字を取ってAGAと呼んでいる男性型脱毛症の事を言います。日本語名称の通り男性特有のハゲや薄げを指しており国内に1000万人以上の患者が居ると言われているAGAには男性ホルモンが深く関与している事が判っています。

 

とはいえ、はっきりと確立した治療法は無く対処療法的な治療が多いのですがハゲや薄毛、男性ホルモンに関しては世界中の男性の多くの悩みを解決させる為に日夜研究が進められており次々に効果の見られる治療法が出現していますので試してみる価値は大いに有ると言えるでしょう。

 

治療では血液検査をはじめ医師による直接診察などがあり処方薬には経口薬(飲み薬)と外用薬(塗り薬)の両方を処方される事が殆どであり商法されているものにはビタミン剤やっ抗炎症剤などが処方されています。

 

AGA専門外来では育毛に有効と言われている育毛剤のミノキシジルなども処方されています。フィナステリドと呼ばれているアメリカの制約会社から販売されているAGA専門経口薬で本来は前立腺肥大の治療の為に開発された経口薬でしたが治療の過程でこの薬を吹くようしている方の仲に副作用として髪が増えた方が多く育毛の効果を確認され育毛経口薬として販売が開始される様になっていったのです。

 

日本でも近年ようやく国の輸入認可が取得出来る様になり輸入が開始され実際にハゲや薄毛の効果も確認されており現在では既に世界50カ国以上の国々で処方されているAGA治療薬です。

 

しかし、このフェナステリドは本来は前立腺肥大に汚為に用いられていた薬であり病院などで処方されると割高である事から個人で輸入を行い服用している方も中にはいらっしゃいます。しかし個人で輸入する場合、薬自体の安全性を確保できないのでお勧め出来ませんし飲み薬だけに頼って外用薬などを併用しない場合には現状維持が多くどの専門医もお勧めしていません。

 

また女性には向かない薬であり使用ガイドラインにも使用を進めない様に言われています。出来る限り専門の外来で受診を行いご自身の症状にあった経口薬、外用薬を併用し処方される育毛剤を使用する事で初めて自分に合った治療の効果を実感出来るのです。

続きを読む≫ 2013/08/30 17:38:30

誰しもが体の健康に意識を持ち出来るだけいつまでも健康で過ごして居たいと願っています。適度な運動やバランスの取れた理想的な食事、十分で理想的な睡眠を取る事で健康は維持出来ますがライフスタイルの変化してしまっている現在、このような理想的な食事や睡眠、適度な睡眠など難しくなっているのが現状です。

 

そしてこれらは全てハゲや薄毛に深く係っておりバランスが崩れてしまう事で発症したりストレスの多い現代社会では何かとストレスを解消するすべが見つけにくく有る程度の年齢を経た男性だけが起こり易いと思われていたものが最近では女性や若年層にもハゲの症状が広がっており多くの方が悩みを抱えています。

 

しかし、手をこまねいているだけで何もしないのはやはり進行を放置するだけで改善はされません。

 

ハゲや薄毛に関して日頃から髪や地肌に刺激の低いアミノ酸系のシャンプーなどを使用して出来る限りの刺激を与えない様に心掛ける事も大切です。そして、それと併せて髪の内側、つまり体の内部から育毛に必要な栄養分を取り込み血液の栄養として吸収させて健康的な髪と地肌江を保つ事が症状を改善させる為により近道ではないでしょうか。

 

一人暮らしなどで食事をバランスよく摂取する事が難しい方にとって心強い見方となるのがサプリメントです。サプリメントに頼りすぎるのもあまり良くありませんが補助的に利用する事で不足しがちな栄養素を体内に取り込む事が出来、髪の内側と外側の両方から健康を保つ事が可能となります。育毛のための主なサプリメントとしては髪を作るのに必要不可欠な亜鉛や鉄が考えられます。

 

他にも最近では育毛に関しての必要な栄養素がバランスよく配合されているサプリメントも多く販売されており人気のサプリメントも多く有ります。髪や頭皮は畑にたとえられる事も多く健康的な髪を育てるためには土壌となる畑の質、すなわち健康な頭皮を作り上げる事が結果として健康な髪を育てる近道として有効でありその為にサプリメントを活用して気軽に頭皮の環境改善を行いましょう。

続きを読む≫ 2013/08/30 17:36:30

単にハゲといっても皆さん多くの方がご存知な様に種類がいくつかありその症状や改善法などが異なっています。

 

CMなどの効果によって急激に認知されたAGA(Andorogenetic alopecia)、円形ハゲ、てっぺんハゲとも呼ばれているO型ハゲ、前頭部からそり込みを入れた様にはげていくM字ハゲ、耳の後ろから後頭部に髪が残り生え際、頭頂部にハゲが進行しているU字ハゲ、脂漏性脱毛症、頭皮アレルギーの一種である粃糠性脱毛症、女性に多いびまん性脱毛症、同じ箇所を強く引っ張る事で起こる牽引脱毛症、そして病的ハゲである円形脱毛症や精神的な事が原因で自ら自分の髪を毟り取ってします抜毛症などが考えられます。

 

AGAは回復するハゲとして徐々に認知されてきておりM字ハゲ、O型ハゲ、U字ハゲはAGAとして既に専門の外来にて症状を緩和させたりする事も可能となってきています。

 

脂漏性脱毛症は頭皮に過剰に皮脂分泌をし毛を徐々に細く、そして最終的には抜けてしまい進行していく進行性のハゲで頭皮の清潔な環境を維持する事で症状が緩和されます。

 

女性に多いのが強い紫外線を浴びたりパーマやヘアカラー、ドライヤーによる加熱などによってや過激なダイエット、精神的ストレスなど頭皮全体にハゲが進行していくタイプのハゲで外的要因によって髪の成長が止まってしまう事が原因ではないかと言われています。

 

様々なハゲの種類がありますが共通して言える事は頭皮に対して刺激が強く洗浄力の強いシャンプーを使用せず低刺激のアミノ酸系の育毛シャンプーなどを使用して頭皮を清潔に保ち環境を改善していく事で症状が改善されたり進行を遅らせる事が出来るものが多いので正しい知識を持って自分のハゲがどのタイプであるか知る事で適切な対処を行う事が出来ます。

 

また、日頃の食事や生活スタイルなど生活習慣や生活環境を見直し理想的な生活を送る事で随分と違ってきますのでハゲのタイプや症状を調べると共に健康的な生活を送り髪、頭皮、体、心と全てに於いて健康を保つ様に心掛けましょう。

続きを読む≫ 2013/08/30 17:35:30

男性のハゲの症状によく見られるM字ハゲ、これはおでこの両サイド、ソリ込み部分から進行していくハゲの症状で前から見たときに生え際がMの字にハゲていく事からM字ハゲと呼ばれる様になっています。

 

男性型脱毛症であるAGA(Andorogenetic alopecia)の典型的な症状であり遺伝、男性ホルモンによる影響、生活環境などが深く係っていると言われています。実はAGAは複数の要因によって引き起こる事が判っており現在では専門医の治療を受ける事が可能な専門の外来も誕生しています。

 

実は日本人の4人に一人、3人に一人とも言われているこのAGA。放置しておくと進行性の症状で有り進行するばかりで回復が見込めない事から早期治療が重要な鍵と言えます。抜け毛が気になってきたり紙が細くなってきた、先頭部の頭皮が硬くなってきたと感じたら既にM字ハゲのサインである可能性もあります。

 

しかし、M字ハゲの大きな原因として考えられているのは男性ホルモンが深く関与していると言われており全容は解明されていませんが男性ホルモンであるテストステロンが5αリダクターゼと結合してジヒドテストステロン(DHT)というホルモンに変わる事で髪の成長を阻害していくと言われています。この為、M字ハゲの部分を病院で検査するとジヒドテストステロンが高濃度で検出されるのです。

 

この影響によって髪の成長が妨げられ成長前の段階で髪が抜けてしまうのです。これらの事からM字ハゲを食い止めるにはこの5αリダクターゼとテストステロンの結合を阻止する事が進行を食い止めるのに重要なポイントとなっています。

 

現在AGAの治療では5αリダクターゼの働きを阻止する働きを持っている薬も開発されており回復する事の出来るハゲとして徐々に認知されてきています。

 

イギリスの化学雑誌に掲載された研究によるとAGAを発症する第20染色体の遺伝子に2タイプの異変帯を持つ遺伝子の方がハゲやすいのではないかと発表されており現在もAGAに関して更に研究が世界中で繰り広げられている為、近い将来完全回復する訪れるかも知れませんね。

続きを読む≫ 2013/08/30 17:33:30

男性に多い生え際の薄毛、現在女性にも多く見られており実際に生え際が薄くなってしまうと見た目にも老けて見られますしお洒落なヘアスタイルを楽しむ事も難しくなってしまいます。中には薄くなった生え際を気にして人付き合いが消極になってしまったといった方も居るそうです。

 

でも、何だか勿体無い気がしませんか。実は薄毛の中でも生え際の薄毛は回復しやすいと言われています。父や祖父も剥げているから遺伝だと諦めてしまう前に最近では専門の病院で診察する事も可能ですので一度専門医へ受診するのもお勧めです。

 

ライフスタイルの変化によって女性や若年層でも薄げに悩んでいる人が多く巷では育毛ケアに関する情報が氾濫してしまっておりインターネットなどで対処法を調べてもどれを信用して良いのか分からないと悩んでいる方も多い様です。

 

生え際が薄いと感じたら先ず日頃のシャンプーやヘアケアについて見直しを行ってみてください。女性の生え際の薄毛は間違ったヘアケアの他にも加齢によってホルモンの分泌が低下して起こる場合や更年期障害によって引き起こされている場合もあります。現在では若年性更年期障害と言って中には30代で発症する方も居り以外にも更年期障害が原因で起こる場合も有りますので一度自分の健康状態をチェックしてみる事をお勧め致します。

 

また、過激なダイエットや過度なストレスによっても生え際が薄くなってしまいます。これらを見直す事で症状が改善されるケースも有ります。そして意外に盲点なのが髪の毛の分け目です。

 

長年同じ部分で分け目を作っている場合、本来の毛穴に対して負担を掛け続けている事も考えられます。女性の場合には同じ箇所でヘアピンで固定したりヘアゴムで硬くくくりつけてしまっている場合にも分け目同様に髪と地肌に負担を与え続けている事になりますから出来れば定期的に分け目を変えたり千葉う箇所に髪留めやヘアゴムを固定して同じ場所にばかり負担を掛けすぎない事も重要な予防策でしょう。

続きを読む≫ 2013/08/30 17:32:30

家族や友人に指摘されて始めて気づく事も多い円形脱毛症。ストレスが大きな原因となって出来る事は皆さんも既にご存知でしょう。円形脱毛症とは所謂10円ハゲとも呼ばれており10円玉の様にぽっかりその部分だけ髪が抜け落ちて剥げてしまっている状態を指しています。

 

ケースによっては頭の数箇所にいくつかの10円ハゲを発生しているケースも有ります。

 

単に一つだけの10円ハゲである場合には自然に髪が生えてきて判らなくなっていく事も多いのですが中には更に進行して先程述べたように同時に数個の10円ハゲが出来てしまう場合も有ります。円形脱毛症は自己免疫疾患でありその多くの原因が精神的なストレスによって発生させる事までは現在判明していますが赤ちゃんなどにも見られている事からアレルギーやウイルス感染によっても引き起こされると考えられています。

 

アレルギーに係る円形脱毛症では喘息やアトピー性皮膚炎などが深く関与していますがアレルギー自体を完治することが難しくアレルギーによって出来た円形脱毛症に関しても治りにくいと言われています。

 

また、円形脱毛症患者自身がアトピーでなくても近い近親者にアトピー患者が居る方にも発生しやすく特徴としては思春期である10代の患者に多く見られている症状です。治療は対処療法しか現在は確立されておらずなかなか完治しにくい症状で有る為に治療を途中で放棄してしまう方も多いのが特徴です。円形脱毛症の主な特徴としては髪を少し束にして軽くひっぱて見ると数本が一度に抜けてしまいます。

 

しかし、自然に完治する方も多く進行が止まり快方に向かってくると剥げている部分に柔らかな産毛が生えてきて徐々に本来の髪の硬さになっていきます。

 

また、円形脱毛症の中でも汎発性脱毛症と呼ばれている物の場合、全身の至る所にある無駄毛も抜け落ちてしまいますし本来単なる円形脱毛症が進行して発症するものであり完治は大変難しいと言われています。これらの事から円形脱毛症は1つ見つけた時点で専門医に受診をし適切な処置と指導を受けケアを行う事が悪化を阻止する方法です。

続きを読む≫ 2013/08/30 17:30:30

髪の毛は急に無くなったり突然薄くなってしまうものではなく何らかのサインがありそれを経て薄毛へと進行していっています。ライフスタイルの変化やホルモンのバランスの低下などによって髪や頭皮の環境も悪化してしまい薄毛へと進行して行きやすい環境下に有ります。

 

では実際に薄毛になるサインとはどの様なものがあるのでしょうか。先ずは髪のベタ付を感じる方が多く頭皮は正常な働きが低下してくると髪を守る為に防御反応が働き過剰な皮脂分泌が起こり髪がベタついてしまうのです。

 

皮脂の過剰分泌が継続されてしまうと毛穴に余分な皮脂が溜まり次第に老廃物化してしまいます。更に放置してしまうとこの老廃物は毛穴を塞ぐ様にこびりついてしまい髪が徐々に細くなってしまいます。判りやすい兆候としてはフケです。見た目にパラパラとしているフケは頭皮の乾燥によって、ベタ付のあるフケは皮脂の過剰分泌によって発生しています。

 

皮脂の過剰分泌によって髪のベタ付きへと繋がっており先に述べた様な進行を経て細い髪へと変化してしまいます。そして判りやすいのが自分で頭皮そのものを触ってみる事です。薄毛のサインが現れている方の頭皮は硬く皮膚に弾力を感じる事が出来ません。

 

頭皮の硬い方は頭皮への血行が悪くなっており必要な血液の流れを行う事が出来ず毛細血管まで血液が届きにくくなりその結果として頭皮が硬くなっているのです。

 

薄毛には2タイプあり髪の毛自体が細くなって地肌が見えてしまっている薄毛と既に抜け落ちてしまって地肌が見えてしまっている薄毛とが有ります。血行不良、男性ホルモンによる影響、過剰な皮脂分泌による影響などが薄毛を進行させる原因と考えられます。

 

同じ薄毛でも後者の髪自体が抜けてしまって薄毛になる方の兆候としては平均50本から100本の抜け毛が正常と言われている中、日々150本以上の抜け毛を生じている場合には既に薄毛が更に進行しており脱毛症へと移行してしまっている可能性も有ります。

 

AGAと言われる言葉を一度は聴いた事が有るかと思いますが最近では薄毛やはげも病院の外来で有る程度治療を行う事が出来る様になっていますので一度専門の外来へ薄毛の兆候が現れたら受診してみるのも良いでしょう。

続きを読む≫ 2013/08/30 17:29:30