ハゲの治療と薬

Andorogenetic alopeciaの頭文字を取ってAGAと呼んでいる男性型脱毛症の事を言います。日本語名称の通り男性特有のハゲや薄げを指しており国内に1000万人以上の患者が居ると言われているAGAには男性ホルモンが深く関与している事が判っています。

 

とはいえ、はっきりと確立した治療法は無く対処療法的な治療が多いのですがハゲや薄毛、男性ホルモンに関しては世界中の男性の多くの悩みを解決させる為に日夜研究が進められており次々に効果の見られる治療法が出現していますので試してみる価値は大いに有ると言えるでしょう。

 

治療では血液検査をはじめ医師による直接診察などがあり処方薬には経口薬(飲み薬)と外用薬(塗り薬)の両方を処方される事が殆どであり商法されているものにはビタミン剤やっ抗炎症剤などが処方されています。

 

AGA専門外来では育毛に有効と言われている育毛剤のミノキシジルなども処方されています。フィナステリドと呼ばれているアメリカの制約会社から販売されているAGA専門経口薬で本来は前立腺肥大の治療の為に開発された経口薬でしたが治療の過程でこの薬を吹くようしている方の仲に副作用として髪が増えた方が多く育毛の効果を確認され育毛経口薬として販売が開始される様になっていったのです。

 

日本でも近年ようやく国の輸入認可が取得出来る様になり輸入が開始され実際にハゲや薄毛の効果も確認されており現在では既に世界50カ国以上の国々で処方されているAGA治療薬です。

 

しかし、このフェナステリドは本来は前立腺肥大に汚為に用いられていた薬であり病院などで処方されると割高である事から個人で輸入を行い服用している方も中にはいらっしゃいます。しかし個人で輸入する場合、薬自体の安全性を確保できないのでお勧め出来ませんし飲み薬だけに頼って外用薬などを併用しない場合には現状維持が多くどの専門医もお勧めしていません。

 

また女性には向かない薬であり使用ガイドラインにも使用を進めない様に言われています。出来る限り専門の外来で受診を行いご自身の症状にあった経口薬、外用薬を併用し処方される育毛剤を使用する事で初めて自分に合った治療の効果を実感出来るのです。