薄毛を改善する

髪の毛は急に無くなったり突然薄くなってしまうものではなく何らかのサインがありそれを経て薄毛へと進行していっています。ライフスタイルの変化やホルモンのバランスの低下などによって髪や頭皮の環境も悪化してしまい薄毛へと進行して行きやすい環境下に有ります。

 

では実際に薄毛になるサインとはどの様なものがあるのでしょうか。先ずは髪のベタ付を感じる方が多く頭皮は正常な働きが低下してくると髪を守る為に防御反応が働き過剰な皮脂分泌が起こり髪がベタついてしまうのです。

 

皮脂の過剰分泌が継続されてしまうと毛穴に余分な皮脂が溜まり次第に老廃物化してしまいます。更に放置してしまうとこの老廃物は毛穴を塞ぐ様にこびりついてしまい髪が徐々に細くなってしまいます。判りやすい兆候としてはフケです。見た目にパラパラとしているフケは頭皮の乾燥によって、ベタ付のあるフケは皮脂の過剰分泌によって発生しています。

 

皮脂の過剰分泌によって髪のベタ付きへと繋がっており先に述べた様な進行を経て細い髪へと変化してしまいます。そして判りやすいのが自分で頭皮そのものを触ってみる事です。薄毛のサインが現れている方の頭皮は硬く皮膚に弾力を感じる事が出来ません。

 

頭皮の硬い方は頭皮への血行が悪くなっており必要な血液の流れを行う事が出来ず毛細血管まで血液が届きにくくなりその結果として頭皮が硬くなっているのです。

 

薄毛には2タイプあり髪の毛自体が細くなって地肌が見えてしまっている薄毛と既に抜け落ちてしまって地肌が見えてしまっている薄毛とが有ります。血行不良、男性ホルモンによる影響、過剰な皮脂分泌による影響などが薄毛を進行させる原因と考えられます。

 

同じ薄毛でも後者の髪自体が抜けてしまって薄毛になる方の兆候としては平均50本から100本の抜け毛が正常と言われている中、日々150本以上の抜け毛を生じている場合には既に薄毛が更に進行しており脱毛症へと移行してしまっている可能性も有ります。

 

AGAと言われる言葉を一度は聴いた事が有るかと思いますが最近では薄毛やはげも病院の外来で有る程度治療を行う事が出来る様になっていますので一度専門の外来へ薄毛の兆候が現れたら受診してみるのも良いでしょう。