車の売却についての疑問

走行距離が10万km以上の車の売却は難しい?

車を売却する際に、査定価格を決める要素のひとつとして走行距離があります。一体どれくらいの距離を走行したら査定に影響するのでしょうか?

今回は、走行距離が10万kmを超えている車を売却するためのポイントを解説していきます。

走行距離が10万km以上の車の売却は難しい?

走行距離が10万km以上の車の売却は難しい?
車の査定が行われる際の重要なポイントとして、走行距離が挙げられます。

特に10万kmを超える走行距離の車の買取に関しては、「金額が低くなりそう…」「そもそも買い取ってもらえるのか…?」と不安を抱えている方も多いでしょう。

一昔前までは走行距離が10万kmを超えると買取価格は安くなってしまい、値段がつかないケースがほとんどでした。しかし、最近の車はエンジンなどの機関部の耐久性が格段に上がっているため、過度な走行距離でも劣化の影響を受けにくくなりました。

そのため、発売されて数年程度の車であれば、走行距離が10万km以上あっても買取ってもらえる可能性があります。

買取価格が高くなるかは別としても、売却することは難しいわけではありません。

売却時に走行距離が重要視される理由

売却時に走行距離が重要視される理由
なぜ査定時に走行距離が重視されているのでしょうか?

それは、走行距離が車の寿命を表しているからです。走行距離が長い車は、車の寿命が残り短いと判断されて、買取価格が低くなる傾向にあります。

走行距離が長いということは、エンジンをたくさん駆動させ、ギアやタイヤを回転させているということです。車は基本的に動かせば動かすほどダメージが進み、劣化していきます。そのため、寿命が残り少なくなっている車だとみなされ、買取価格が下がってしまうのです。

ここでいう走行距離は、車を買ってから今までの走行距離を表す「総走行距離」です。同じ走行距離でもトリップメーターに表示されている「区間走行距離」とは違うため、注意するようにしましょう。

売却査定に影響する走行距離の目安

売却査定に影響する走行距離の目安
査定の基準となる走行距離の目安は10万kmだけではありません。「1万km」と「5万km」も売却時の目安となる距離だといわれています。

1万kmの場合は買取価格にそれほど大きく影響はしませんが、5万kmの場合だと大きく減額されてしまう可能性が高いとされています。

続いては、走行距離の違いによる査定時の影響を確認しておきましょう。

走行距離:1万km

車を査定に出す上で、基準として挙げられる走行距離が1万kmです。

1万kmを走行している車を買取に出すと、おおよそ新車価格の半分から3/4程度の価格で買い取ってもらえる可能性があります。また、車の状態が良かったり、新モデルの車だったりと好条件が重なる場合は、さらに高い金額で買い取ってもらえる可能性が出てきます。

走行距離:5万km

車両状態にもよりますが、車の買取価格は5万kmを超えると大きく減額されるといわれています。

一般的に、走行距離が5万kmを超えると「多走行車」とみなされるため、中古車の中でも多く消耗されている車として扱われてしまう可能性があります。さらに、走行距離が伸びているということは故障のリスクが高まる時期であることも指しています。

走行距離:10万km

一昔前は、ほとんど買取価格がつかないといわれていた10万km超えの車。しかし、エンジン部分の耐久性が格段に上がっている近年では走行距離が10万kmを超えても劣化もそれほど激しくないため、買取価格は下がりにくくなりました。

しかし、ディーラーへ下取りに出す場合は、本来高い価格の車であったとしてもほとんど値段がつかない可能性があるので注意が必要です。少しでも高価格で買取してもらうのであれば、買取業者に依頼することをおすすめします。

走行距離が短くても高値で売却できるわけではない

買取価格の査定に影響するのは、走行距離だけではありません。走行距離の他にも、車の状態によって買取価格は変化することがあります。

例えば、走行距離が1万kmの車でも、メンテナンス不足や内装がボロボロになっているような状態では、買取価格が相場よりも安くなってしまうことがあります。走行距離が短くても高く売れるとは限らないのです。

一方、走行距離が10万kmの車でも、部品のオーバーホールや内装の掃除がしっかりと行き届いている場合は、買取価格にプラスされる可能性があります。

また、車の年式が査定に影響することもあります。一般的に、車は年式が新しければ新しいほど高く評価される傾向にあります。いくら走行距離が短かったとしても、古すぎる車の場合は、思っていたよりも評価されない可能性があるのです。

走行距離が短い車を売却しようと決めたら、年式やメンテナンスの状態もしっかりと確認した上で査定に出すことをおすすめします。

走行距離が10万km以上の車を高く売却する方法

車の査定を行う際に、重要な判断材料となる走行距離ですが、その距離が10万km以上であっても、買取価格を上げるポイントがあります。買取業者は、走行距離以外の部分も総合的に判断した上で、正確な買取価格を算出しているからです。

続いては、走行距離が10万km以上の車を少しでも高く売却する方法をご紹介します。

内装をきれいな状態に保つ

内装をきれいな状態に保つ
走行距離以外で買取価格を高くするためのポイントとして、内装をきれいな状態に保つということが挙げられます。

買取業者が査定をするときは、査定を担当するスタッフが自分の目で車内のチェックを行うのが一般的です。そのため、傷やへこみなどの目に見えてわかりやすい部分以外は、そのスタッフが感じる車の印象によって査定のプラス、マイナスが判断されるということを覚えておきましょう。

洗車できれいにすることはもちろん、ゴミやホコリなど基本的な掃除をするだけでも内装のイメージはプラスになります。また、タバコやペットの匂いが残っている場合は、消臭などして少しでも匂いをとっておくことが大切です。

車を買い取った人は内装を重要視することが多いため、少しでもきれいにしておきましょう。

必要な書類を保存しておく

必要な書類を保存しておく
車の買取価格を上げるポイントとして、必要な書類や部品を揃えておくことも重要です。車の取扱説明書や整備手帳などの書類、ETC車載器などのカー用品やスペアキーなどを査定のときに揃えることで、査定金額が上がる可能性があります。

ここでは、必要な書類を確認しておきましょう。

自動車検査証(車検証)

自動車検査証(車検証)とは、車の仕様書を説明したものであり、車の所有者を証明する書類でもあります。

この書類がないと、車の売却を行うことができません。車検証は車検を通したときに、陸運局から発行されるもので保管が義務付けられています。

自賠責保険証

自賠責保険証とは、自賠責保険の加入を証明する書類です。

自賠責保険は車検ごとに加入手続きを行い、持っていないと車の売却ができません。自賠責保険証も車検証と同様に常に車に入れておくようにしましょう。

自動車税納税証明書

自動車税納税証明書とは、自動車税の支払いを証明する書類です。

この自動車税納税証明書に関しては、提出しなくても車の売却が可能です。しかし、新しい買い主との自動車税でのトラブルを避けるため、提出を強く求める業者は多いでしょう。

スムーズな売却のためにも、自動車税納税証明書は事前に準備しておくことをおすすめします。

実印

車の売却には、実印が必要です。ただし、実印が必要なのは普通自動車のみで、軽自動車を売却する場合は認印でもかまいません。

しかし、業者によっては軽自動車の売却にも実印を求める場合があるので、実印を用意しておいて損はないでしょう。

印鑑証明書

普通自動車は「動産」として扱われるため、ほとんどのケースで実印が必要となります。

そもそも買取に出すと、買取業者は運輸支局で名義変更をしなければなりません。このとき、車の所有者の「実印」を押印した書類が必要ですが、それだけでは実印かどうかがわからないため、実印を証明するための書類として印鑑証明書が必要となります。

一方で、軽自動車の場合は実印を使用しないので印鑑証明書は不要です。

リサイクル券

リサイクル券は、リサイクル料金が正しく納められたことを証明する書類です。自動車リサイクル法は、車の購入時には廃車にかかる費用を先払いするよう、定めています。

リサイクル券は再発行ができません。万が一、紛失した場合は自動車リサイクルシステムのホームページから代用の書類を印刷する必要があります。

海外に販路を持つ業者に売却する

日本では、走行距離が長い車は査定価格が低くなる傾向にあります。しかし海外では、日本製の車であれば走行距離が多くても査定価格が高くなる可能性があります。

日本製の車は、外国製の車と比較してエンジンや足回りなどに耐久性があることから、海外では重宝され、根強い人気を誇っています。そのため、走行距離が長い日本製の車は海外に販路を持つ業者に買取依頼を出すのがおすすめです。

事実、海外では日本製の車を含めて走行距離20万kmを超える車が問題なく走っています。日本では走行過多とされている走行距離10万kmや20万kmの車でも、海外に販路を持っている業者であれば、相場よりも高い買取価格で買い取ってくれる可能性があります。

廃車買取業者に売却する

廃車買取業者に売却する
廃車専門業者に買取をお願いするという方法もあります。

廃車専門業者とは?
廃車となった車を解体し、パーツを再利用して販売する業者のことです。

この業者は解体された車から需要の高いパーツを取り出して、高値で売るというノウハウを持っています。走行過多となってしまった車でも、パーツの一つひとつは価値があることが多いため、高価格で見積もってもらえる可能性があるのです。

特に、現在販売されていないようなパーツがあると希少価値が上がり、高値がつきやすいというメリットがあります。

また、車の解体から販売までを一貫して行える業者は、解体用の工場や設備を持っていることが多いです。そのため、解体にかかるコストが抑えられ買取価格が高くなる傾向にあります。

一括査定に出す

一括査定に出す
走行距離が長い車は、一括査定に出すことよって買取価格が高くなる可能性があります。

一括査定とは?
名前や車種、走行距離などの簡単な情報を入力して、複数の店舗に査定をお願いするサービスのことです。一社だけではなく、より多くの店舗で査定してもらいたい人にとって効率的な査定方法です。

一括査定は、査定を依頼する車の情報が複数の店舗へ同時に行き渡ります。そのため、「たまたま査定に出された車が欲しいというお客様がいた」という偶発的な理由で、新しい買い主が見つかるケースがあります。

走行距離が10万km以上を超えている車だったとしても、タイミングや車種によっては高い価格で売却できる可能性があるでしょう。

下取りではなく買取業者に売却する

走行距離が10万km以上の車を売却する場合は、下取りではなく買取に出すことをおすすめします。

ディーラーなどで下取りに出す場合は、販路などが決まっているため走行過多の車はほとんど値段がつきません。しかし、買取業者は走行過多の車でも販売できるシステムや販路があるため、ほんの少しでも高く買い取ってもらえる可能性があります。

先述のように特におすすめしたいのは、海外に販路を持つ業者です。日本製の車は、走行過多でも海外に人気があるため、相場よりも高い金額での買取が期待できます。

走行距離10万km以上の日本製の車は、買取を中心に考えてみましょう。

走行距離以外の査定時のチェックポイント

走行距離以外の査定時のチェックポイント
走行距離10万km以上の車を少しでも高く売るためには、走行距離以外にもおさえておくポイントがあります。確かに走行距離は査定において重要な要素となる部分ですが、走行距離だけが買取金額の全てを決めるわけではないのです。

ここでは、走行距離以外の査定時のポイントをご紹介しますので、売却時の参考にしてみてください。

年式

査定時の評価項目のひとつに、年式があります。査定というと走行距離が全てという印象がありますが、走行距離と同じくらい年式も重要視される要素のひとつです。

例えば、「A車が1年間で5万km走った車」で、「B車が10年間で5万km走った車」としましょう。一見するとどちらも査定金額は変わらないと予想されますが、年式を見てみると「A車が1年落ち」、「B車が10年落ち」です。この場合、年式も含めて査定してみるとB車の方が査定金額は低くなる可能性があります。

このように、年式は査定をする上で非常に大切な基準となるため、一概に走行距離だけで車の価格は判断できないのです。

また、年式が古いものであっても人気のある年代や需要が高い車種の場合は、買取価格が高くなる傾向にあります。こういった、人気車種かどうかの判断にはプロの視点が必要です。

今乗っている車の査定を依頼するときは、走行距離だけでなく年式も含めた金額計算があることを覚えておきましょう。

状態

車の外観や内装も、査定に影響します。車の見た目は査定に大きく響くため、小さなキズやへこみなどがある場合は、こまめに修理やメンテナンスを行うようにしましょう。もちろん、車内にゴミやホコリが落ちていないようにするなど、内装もきれいな状態にして査定に出すことをおすすめします。

また、動力の状態も買取金額に影響します。査定の依頼をする前に、エンジンやモーターなどが正常に動作するかを確認しておくことが大切です。

車種の人気

車種の人気
売却しようとしている車が人気の車種の場合は、高値で売れる可能性があります。

走行距離が10万kmを超えていても、需要が高ければ高い車種であるほど、買取価格は長期間高値の状態が維持される傾向があるためです。

走行距離が10万km以上でも人気のある車種

走行距離が10万kmを超えても高値で買い取ってもらえる可能性がある、人気の車をご紹介します。

まずは、ハイエースなどのボックスカーです。仕事に使える上に多くの荷物を乗せることができるハイエースは、用途が幅広く値段が落ちにくい傾向にあります。また、日本だけでなく海外にも人気があるため、海外に販路を持つ買取業者には高く買い取ってもらえる可能性があります。

次に、ステップワゴンなどのミニバンも人気です。乗車人数が多く、たくさんの荷物を乗せることが可能なミニバンは、ファミリー層に人気があります。アウトドアや買い物など日常での使用用途が幅広いミニバンは、走行距離が10万km以上超えていても、状態が良いと50万円超えで買い取ってもらえる可能性があります。

修理歴

車の修理歴が、下取り価格に影響することもあります。

例えば、車をぶつけたり傷がついたりしたときに修理を行った場合は、修理の履歴が残ります。査定のときは、その修理履歴も見るため、多少なりとも評価に影響してしまうでしょう。

重要なのは走行距離と年式のバランス

重要なのは走行距離と年式のバランス
走行距離と年式のバランスは、買取価格に大きく影響する要素です。

車の査定では、年式がどんなに新しい車でも走行距離が長いものだと減点の対象となってしまうため、高値での売却は難しくなります。他にも、走行距離が短く、年式が古い車の場合は査定額が低くなってしまう可能性が高いでしょう。

車は走行していなくても経年劣化するものですから、年式が古ければ古いほど劣化は進みます。つまり、その分エンジンなどが故障してしまうリスクが高まるということになります。

車の年式は、1〜2年目の車は年式が新しいとされており、3年経過すると大きく買取価格が下がるといわれています。また、5年経過すると買取価格はさらに下がる傾向があるため、車の乗り換えを考えている方は、早めに査定に出すのがおすすめです。

しかし、先述したように走行距離過多の場合でも、年式が新しかったり人気の車種だったりすると買取価格は上がる可能性があることを覚えておきましょう。

まとめ

かつては走行距離が10万kmを超えてしまった車は、買取価格が下がってしまう傾向にありました。しかし、最近は車の製造技術がかなり進歩しているため、走行距離が10万kmを超えている車でも、車両状態が良好で年式が極端に古くなければ、多くの場合は買い取ってもらうことが可能なのです。

また、売却を考えている車が10万kmを超えていても、ハイエースやステップワゴンなどの人気車種だった場合は中古でも需要が見込めるため、高く買い取ってもらえる可能性があります。

走行距離が10万kmを超えているからといって売却を諦めるのではなく、少しでも高く売るために、まずは買取業者に査定を依頼してみることをおすすめします。

※本記事は公開時点の情報のため最新と異なる場合があります。
カータル編集部
カータル編集部
この記事は中古車の売却、査定などについての知識が豊富な私たちが執筆しています。車を少しでも高く売るコツや必要な書類、手続きに関する疑問や質問にお答えしています。

関連記事

  1. 車を売却するのにリサイクル券は必要になる?紛失時の対処法も必見!
    車を売却するのにリサイクル券は必要になる?紛失時の対処方法
  2. 車を減価償却している前後で売却する時の注意点は?仕訳方法の違いについて解説
    車を減価償却している前後で売却する時の注意点は?仕訳方法の違いに…
  3. 車売却で起こりうるトラブルとは?回避術と対処法を知っておこう!
    車の売却で起こりうるトラブルとは?回避術と対処法を知っておこう
  4. 買取り査定で車を高く売る方法とは?準備&コツ編、交渉編、お手入れ編に分けて詳しく解説!
    車を一括査定で売却するメリットとデメリットとは?
  5. 持ち主が死亡した車を売却するには?手続きの流れと必要な書類について
    持ち主が死亡した車を売却するには?手続きの流れと必要な書類につい…
  6. 車を売却する際に車検証の住所変更をしなくても問題ない?
    車を売却する際に車検証の住所変更をしなくても問題ない?
  7. 旧姓のままでも車は売却できる?そのメリットと方法を詳しく解説!
    旧姓のままでも車は売却できる?そのメリットと方法を詳しく解説
  8. 車を売却する際に整備記録は必要?
    車を売却する際に整備記録は必要?
PAGE TOP

あなたの愛車はいくら?