車の売却についての疑問

車を売却するにあたってディーラーへの連絡は必要?その理由について

3分でわかる!記事のまとめ動画

マイカーの売却を検討している方もいるでしょう。もしディーラーで購入した場合、車を売却することになったら、あらかじめ連絡しておかないといけないのでは?と思うかもしれません。

結論から言うと、事前にディーラーに連絡しなくても車を売却することはできます。

なぜ連絡する必要はないのかについて、以下で詳しく見ていきます。

また、車を売却する方法は「下取り」と「買い取り」の2種類です。どちらがいいのかについても見ていくので、参考にしてください。

車の売却時にディーラーに連絡する必要性

車の売却時にディーラーに連絡する必要性
車を売却するにあたり、ディーラーに事前連絡すべきかどうかについて見ていきます。

基本的には必要なしと思ってください。ただし、一部連絡したほうがいい場合もありますので、どのようなケースが想定できるか併せて見ていきます。

また、連絡の必要がない場合でも連絡すると後々メリットになることもありますので、こちらについても紹介しましょう。

基本的には連絡する必要なし

車を売却するにあたって、その車を購入したディーラーに連絡する義務はありません。車の売買の手続きをするにあたって、ディーラーが入ってくることはないからです。

車を購入した以上、車の持ち主は皆さんです。自分の持ち物をどこで売ろうと、別に周囲に気を遣う必要はありません。

例えば、本を古本屋に売る時に、販売元の書店に断りを入れるかという話です。そのような断りをいちいち入れる方はいないでしょう。

勝手に売却しても、その車を売ったディーラーの心象も悪くなりません。「この車に乗り換えたい!」と思ったのであれば、メーカーやディーラーの顔色を気にせずに自由に買い替えてもいいのです。

ディーラーから連絡がきたらどのように対処する?

ディーラーから連絡がきたらどのように対処する?
車を売って手放した場合、ディーラーから連絡が来るかもしれません。

ディーラーのほうでは、あなたが車を売った記録が残っていないため、定期点検や車検の案内といったハガキが届く可能性はあります。ハガキが届いたとしても、基本無視でもかまいません。

ディーラーによっては、車検やメンテナンスの電話がかかってくることもあるでしょう。その場合には正直に「車は売却しました」と伝えるだけです。

そうすれば、それ以上ディーラーから電話がかかってくることもなくなります。

またディーラーからクレームが入ることもないので、心配ありません。このようにディーラーから何かアクションがあった時に、車売却のことを話せば問題ないとされています。

連絡したほうがいいという意見も

連絡したほうがいいという意見も
ここまで見てきたように、車売却にあたってディーラーに連絡する必要はありません。しかし、「ディーラーに連絡した方がいい!」という意見もあります。

なぜ連絡した方がいいのか、その理由はちゃんとあります。ここでは連絡した方が理由についていくつかピックアップしてみました。

ディーラーの負担が軽減される

車売却することをディーラーに連絡した方がいい理由には、ディーラーサイドの事情が関係しています。

前に紹介したように、ディーラーはお客様が車を保有し続けているかどうかのデータがありません。もしディーラーに連絡せずに車を売ってしまうと、ディーラーはその事実を把握できていない状態です。

本人に確認できなければ、持っている前提で営業することになります。そのため、車検の案内なども通知する必要があります。

案内を出すにあたって、手間やコストがかかるでしょう。もし事前にディーラーに連絡をすれば、その手間を省けるわけです。ディーラーにとってはありがたいことです。

信頼関係が構築できる

ディーラーにとっては車の売却を知らされれば、それ以上車検などの連絡をする必要がありません。もしこれからもそのディーラーとお付き合いしたいと思っているなら、相手の心象を良くすることは重要です。

事前に連絡をして、手間が省けたことをディーラーはきっと感謝してくれるでしょう。その結果、ディーラーと良好な関係を構築できる可能性が高まります。

実際に事前連絡を心がけている方の体験談を見てみると、ディーラーからいろいろな優遇を受けていた方も少なくないようです。

例えば、車検後の納車は自宅まで持ってきてくれるようになったという意見がありました。その他には新車の値引きをしてくれるといった話も聞かれます。

ディーラーも人間なので誠意ある対応をこちらがすれば、何かしら返してくれるかもしれません。

ハガキや電話がこなくなる

ディーラーに連絡することなく車を売却すると、ディーラーから車検や法定点検の連絡が来てしまいます。ディーラーは車の売却を知る由もないからです。

ハガキがたびたび来るのは面倒に感じる方もいるでしょう。もしハガキがこれ以上届かないようにしたいと思うのであれば、あらかじめ売却の連絡をしておくことです。連絡をした後にハガキが届くこともなくなります。

これによりディーラーからの電話もなくなるはずなので、電話応対するのがいちいち面倒というのであれば、こちらからあらかじめ連絡してもいいかもしれません。

通知が来ないようにしたければ、前もって伝えるのも一考です。

連絡しなければならない場合もある

連絡しなければならない場合もある
車を売却するにあたって、ディーラーに連絡するかどうかは任意です。ただし、一部例外があります。

それは、マイカーローンを組んで購入した場合です。まだローンが完済していない段階で車を売却する際は、ディーラーに連絡しなければなりません。

ローンを組んでいる段階では、愛車の所有者は皆さんではないからです。

車検証の所有者欄を見ると、ディーラーもしくはローン会社になっているでしょう。所有者ではないのに、勝手に車を売却することはできません。

「所有権解除」といって、ディーラーもしくはローン会社から自分名義に変える必要があります。

所有権解除の手続きを進めるためにも、ディーラーに車売却の連絡をすることとなります。

ディーラーで自動車保険に加入している場合も

いざというときのために、自動車保険に入っている方も多いかもしれません。中にはディーラーで自動車保険に加入している方もいるでしょう。その場合、車を売却する際は、ディーラーに連絡が必要です。

別のディーラーで自動車を購入する場合、現在加入している保険を解約する必要があります。そうなると、前のディーラーへ相談する必要が生じます。

今の契約のままで手続きをする場合には、保険会社で手続きすればいいのでディーラーへの連絡は必要はありません。ただし、代理店のディーラーで加入した場合には、やはり連絡は必要です。

「ディーラーの下取り」と「車買取業者」の利用比較

「ディーラーの下取り」と「車買取業者」の利用比較
愛車の売却方法は、大きく分けて2つあります。「ディーラーへの下取り」と「車買取業者への売却」の2つです。

それぞれにメリットとデメリットがあります。下取りと買い取りの特徴についてみていくので、判断材料にしてみてください。

下取りとは?

下取りは主にディーラーで次の車に乗り換える時に使われる車の処分方法です。

今乗っている車を査定してもらい、下取価格を出してもらいます。そして、次に購入する車の購入価格から、下取価格を差し引きます。

下取りの分だけ次の新車の価格が値引きされるわけです。

下取価格は次の購入金額から差し引かれますので、皆さんの手にはわたりません。現金は手にできないので、この部分は注意しましょう。

低年式の古い車は買取価格のつかないこともあります。しかし下取りの場合、買取不可のような車両でも一定の査定額がつく可能性があります。

古くて買い取ってもらえない車を買い替えるのであれば、下取りに出すのも一考です。

買取とは?

買い取りは文字通り、持っている車を売りに出す方法です。

専門業者もあれば、中古車販売店で自店で売り出す車を買い取っている場合もあります。

下取りは新車との買い替えが前提条件ですが、買い取りは別に車を買い替える必要はなく、車売却だけの手続きにも対応しています。

買い取りの場合、買取金額を現金にて渡してくれます。手にした現金はどこでどのように使おうとその人の自由です。

買取価格はそれぞれの業者の独自基準に照らし合わせて算出します。そのため、同じ車を査定に出しても、業者によって査定価格が異なるでしょう。

少しでも高く売りたければ、複数の業者に査定に出すことです。そして、その内容を比較して、より良い条件を提示した業者に買い取りに出してください。

下取りのメリット

下取りのメリット
ディーラーに下取りに出すことで、いろいろなメリットが期待できます。

車の買い替えをする場合、売るのと買うのをワンストップで済ませられます。また、買い取りできないような低年式の車でも、下取りなら引き取ってくれるかもしれません。

どんなメリットがあるのか、以下で詳しく見ていきます。

手続きが簡略化できる

下取りの最大のメリットは、売買に関する手続きを簡略化できる点です。

通常、車を売るのは買取業者、買うのはディーラーといったように2つのお店を回らないといけません。しかし、下取りにすれば、売るのも買うのも同じディーラーにお願いできます。

「手続きをワンストップで簡単に済ませたい」「できるだけ時間をかけずに乗り換えたい」という方におすすめです。

また、ローンが完済できていない車を売るのも簡単に済みます。ローン返済中の車の所有者はディーラーになっていることが多いです。そのディーラーに下取りに出せば、残債のある車の手続きも簡単に済ませられます。

他のところで売るとなると、所有権解除をディーラーにお願いしないといけなくなり、二度手間になりかねません。

新車の購入がスムーズに

ディーラーに下取りに出せば、次の新車の購入がスムーズになるのもメリットの一つです。

下取りの場合、新車購入する際の値引きに割り当てられます。そのため、下取りの段階で新車購入を前提にした交渉もできるわけです。

例えば、下取金額を上げることで、より大きな次の車の購入費用の値引きも狙えるでしょう。

新車を売るにあたって、ディーラーには値引きの自由裁量があります。ただし値引きといっても制約があります。そこで、下取りの交渉を持ち出すわけです。

下取価格を上げられれば、車の価値は下がらない、なおかつ支払い負担が軽減されます。

価値のない車でも引き取ってもらえる

買い取りの場合、中古車オークションの相場をベースに買取価格を決めます。つまり、中古車市場でニーズのない車は値がつかない恐れがあります。

買取不可になった車でも、下取りなら多少の値のつく可能性があるのもメリットの一つです。

低年式車と呼ばれる古い車は、買取額が0円になってしまうでしょう。もし買取業者に出しても値がつかなかった車なら、一回ディーラーに下取りに出してみることをおすすめします。

そうすれば、多少は下取価格がつくかもしれません。そして、次の車の価格から多少値引きしてもらえます。

走行距離の多い車も不具合の現れるリスクが出やすいので、下取りに出した方が条件はいいでしょう。

買取のメリット

買取のメリット
買い取りに出すメリットについて、以下にまとめました。

一般的な傾向として下取りよりも車を高く評価してくれる傾向があります。下取りと比較すると高値がついて、満足いく売却ができるでしょう。

また、下取りでは新車の値引きに使われますが、買い取りの場合は現金化できるのも強みです。

下取りよりも高値で売却できる

一般的な傾向として、買い取りと下取りでは買い取りの方が高値になりやすいです。

買取業者は車を買い取ると、中古車としてリセールします。現在、買取業者間の競争は激化しているといわれています。競争に勝ち残るため、できるだけ多くの車を買い取ってストックを確保しようとする買取店が多いです。

車を買い取るためには、できるだけ高値をつける必要があります。競争のない下取りよりも高値になるのは、このためです。

また、買取業者は多様な販売ルートを持っているのも高値をつられる理由の一つです。国内では売れないような車でも海外にチャンネルを持っている業者もるため、高値で買い取ってくれるかもしれません。

少しでも高く売りたいと思っているのなら、買取業者に査定に出した方がいいでしょう。

社外品パーツでも高値になる可能性がある

下取りの場合、車両の査定に注視する場合が多いようです。買い取りの場合、下取りではあまり重視されない装備品なども細かく査定しています。

下取りでは社外品のパーツについては、評価しない傾向が見られますが、買取業者の場合は社外パーツでも人気のものであれば、プラス査定してくれる可能性が高いです。

カーナビなどの装備品を多く取り付けている、カスタマイズで人気の社外パーツを使っているのであれば、買取業者に査定に出した方がいいでしょう。その方が高値のつく可能性も高まります。

ただし、査定士が見落とす可能性がありますので注意が必要です。アピールポイントがあれば、査定の時に査定士にきちんと伝えるようにしてください。

現金化できる

下取りの場合、次に購入する新車価格の値引きに査定金額は使われます。よって、下取金額を手にすることができません。

買い取りの場合、売却代金は現金にて支払われます。その現金の使い道については、当人の自由です。

車の買い替えを検討しているのであれば、そのための費用に使ってもいいですし、車以外の購入資金として充てても問題ありません。

車を売却して次の車両を購入する予定がなければ、買い取りに出した方がいいでしょう。また、車以外でどうしても現金を確保する必要がある場合も、買い取りに出すのがおすすめです。

無料で廃車してくれる場合も

状態の悪い車の場合、下取りでも買い取りでも値のつかない可能性があります。この場合、その車は廃車にせざるを得ません。

廃車するにあたって、ディーラーで廃車をお願いした場合、手数料などの費用を請求される可能性がありますが、買取業者の場合は無料で廃車してくれることが多いです。

廃車の費用は決して安くないので、無料で引き取ってくれるのは結構大きなメリットと言えます。

車種によっても変わってきますが、廃車にかかる費用は10,000~20,000円程度が相場です。この費用がゼロになるので、下取りでも買い取りでも値のつかなかった場合には買取業者に処分を任せましょう。

手間の簡略化なら下取り・高額査定なら買取

手間の簡略化なら下取り・高額査定なら買取
買い取りでも下取りでも一長一短があります。そこで、どちらで愛車を処分するかで迷ったのであれば、何を優先するかで決めましょう。

とにかく少しでも高値で売却したいと思っているのなら、買い取りを選択するのがおすすめです。一般的に買い取りと下取りとでは、買い取りの方が高値のつきやすい傾向が見られます。

しかし、買い取りの場合は買取業者に今の愛車を売却して、ディーラーなどで次の車を購入すると2段階の手続きを踏むことになります。

仕事などで忙しいと、そんなに複数のお店を回っていられないという方もいるでしょう。その場合には、下取りがおすすめです。下取りの場合、車の売却も次の新車の購入もワンストップで済ませられます。

まとめ

①車売却時にディーラーに連絡する必要はない
②ディーラーと長いお付き合いをしたければ連絡するのも一考
③ローンが残っている場合にはディーラーへの連絡は必須
④下取りに出す場合にはディーラーで手続きをする
⑤高く売却したければ買い取りがおすすめ
※本記事は公開時点の情報のため最新と異なる場合があります。
カータル編集部
カータル編集部
この記事は中古車の売却、査定などについての知識が豊富な私たちが執筆しています。車を少しでも高く売るコツや必要な書類、手続きに関する疑問や質問にお答えしています。

関連記事

  1. 車の売却時にスタッドレスタイヤを装着したままでいい?査定への影響を検証
    車の売却時にスタッドレスタイヤを装着したままでいい?査定への影響…
  2. 車を売却する際にスペアキーは必要?紛失した場合でも売れる?
    車を売却する際にスペアキーは必要?紛失した場合でも売れる?
  3. 車の売却で委任状が必要なのはどんなとき?売却以外でも必要なケースはある?
    車の売却で委任状が必要なのはどんなとき?売却以外でも必要なケース…
  4. 車の売却時にリサイクル料金は返金されるの?詳しい仕組みを知ろう!
    車の売却時にリサイクル料金は返金されるの?詳しい仕組みを知ろう!…
  5. 車を売却する時の費用や手数料は何がある?売却前に知っておくべきことを解説
    車を売却する時の費用や手数料は何がある?売却前に知っておくべきこ…
  6. 車の傷やへこみは売却に影響する?査定基準を知ってお得に売却する方法
    車の傷やへこみは売却に影響する?査定基準を知ってお得に売却する方…
  7. 車を売却すると所得税は課税されるの?課税対象や課税額も大公開!
    車を売却すると所得税は課税されるの?課税対象や課税額も大公開!
  8. 車の売却で車庫証明の抹消は必要なの?乗り換える時の車庫証明の申請方法も教えます!
    車の売却で車庫証明の抹消は必要なの?乗り換える時の車庫証明の申請…
PAGE TOP

あなたの愛車はいくら?