車の売却についての疑問

車を一括査定で売却するメリットとデメリットとは?

車を売却する際には、ディーラーに下取りをしてもらう、中古車の買取業者に買い取ってもらう、あるいはオークションで売るといった方法があります。

効率よく、さらにできるだけ高値で売りたいと思う人がほとんどでしょう。このような場合に役に立つのが「一括査定サイト」です。

一括査定サイトであれば、必要事項を一回入力しただけで複数社の見積もりを受け取ることができます。

今回は、一括査定のメリットとデメリットについて紹介しますので、利用する際の参考にしてみてくださいね。

そもそも一括査定とは?

そもそも一括査定とは?
そもそも一括査定というのは、一度に複数社から買取価格の見積もりを受け取ることができるサービスのことです。

売りたいと思っている車のメーカーや車種、走行距離、年式などに加えて住所、氏名、電話番号、メールアドレスといった個人情報を入力すれば、数社の査定見積もりを受けることができます。

そのため、あちこちのサイトに個人情報を入力する必要がなく、各社の買取価格の概算をひと目で把握することが可能。会社ごとの比較検討がしやすいので、売却先を決めやすいのが特徴です。

一括査定の具体的な仕組み

一括査定では、ユーザーが一括査定サイトに個人情報と車両情報を入力すると、提携する買取業者に情報提供を行うことになります。一括査定サイトの運営会社は、これらの情報を提供することによって収益をあげているのです。

つまり、情報を受け取った側である買取業者は、申込者に関する個人情報と売却しようとしている車の車両情報を一括査定サイトから購入しているということになります。

買取業者は、申込者と連絡を取れたら、実際に対面をして営業活動を行わなければなりません。そこで車の買い取りにまで至らなければ、情報を購入するためにかかってしまったコストを回収することができないという仕組みになっているのです。

一括査定以外の車の売却方法

一括査定以外の車の売却方法
一括査定サイトを使わなくても、有利な条件で車を売却することは可能です。

売却方法としては、ディーラーに下取りに出す他に、中古車売買店に売却する方法もあります。また、知人や友人に直接中古車を売却したり、自分でオークションに出品して売ったりする方法もあります。

続いては、その売却方法のそれぞれのメリットとデメリットを詳しく紹介していきます。

ディーラーに下取りに出す

手持ちの車を売却して新車を購入しようと考えているのであれば、ディーラーに中古車を下取りしてもらうのが一番お得かもしれません。

下取り金額は新車購入代金と相殺されますので、交渉の仕方によっては新車を格安で入手することも可能となります。さらに売却に関わる煩雑な手続きもすべてディーラーが代行してくれますので、手間を省くことができるでしょう。

しかし、新車購入の割引幅との調整によって下取り額が決まることが多いので、査定価格が不透明になりやすいというデメリットがあることも忘れてはいけません。

同じメーカーの車に乗り換えたい人にはおすすめの手段といえるでしょう。

中古車買取店に売却する

一括査定に出さずに、中古車買取店に直接売却する方法もあります。

中古車買取店は買取専門の業者のことをいい、買い取りを行った中古車を販売するという流れで利益を生み出しているのが特徴です。また、他の中古車買取店との競争もあるため、できるだけ他社よりも高い査定価格で買い取ろうとする買取店が多くなっています。

ただし、なかには相場以下の査定価格で買い取ろうとする業者も存在します。中古車買取店で査定を受けるときには、1社だけで決めてしまわないように、いくつかの中古車買取店で見積もりを出してもらって比較検討することが大切です。

個人売買をする

個人売買を行う方法もあります。個人売買に該当するのは、友人や知人に直接車を譲ったり、オークションで売ったりするケースです。

中古車買取店やディーラーに買い取りを依頼すると手数料を取られてしまうため、その分買取価格が低くなってしまうことがあります。個人売買であれば第三者に手数料を払う必要がないので、高値で買ってもらえる可能性も高くなるでしょう。

ただしこの場合、中古車売買に必要となる書類や手続きはすべて自分で行わなければならず、非常に手間がかかるのがデメリットです。トラブルを防ぎたいのであれば、多少の手数料を払っても、中古車買取店やディーラーを利用したほうが安心でしょう。

一括査定の流れ

一括査定をする場合、どのような流れで手続きが進んでいくのでしょうか?

続いては、一括査定の流れを具体的に紹介します。あらかじめ流れを把握しておくことによって、スムーズに手続きを進めることができるでしょう。

①申し込み

一括査定の流れ ①申し込み
申し込みの際には、車種やモデル(グレード)、年式、走行距離など売却したい車に関する情報の他に、氏名や住所、電話番号やメールアドレスなどの個人情報を記入する必要があります。

車種と年式については、車検証で型式と登録年を確認することが可能です。これらの情報は、エンジンルーム内などに貼られているコーションプレートにも記載されています。

モデル(グレード)については、車検証の「車体番号」で、メーカーに問い合わせるのが一番です。

走行距離は、インストルメントパネル内のオドメーターに表示されている距離をメモしておきましょう。

②業者から連絡がくる

一括査定の流れ ②業者から連絡がくる
一括査定は、申し込みを済ませると、各買取業者の営業から連絡がきます。そして、査定価格を算出してもらうために実際に車を見に来てもらう日を予約する運びになります。

一括査定は出張買取が多いため、エリアによってはすぐに連絡が来ない場合もあります。これは、申し込んだサイトが全国規模の買取業者と提携していないことが原因です。

あまりに連絡が遅い場合は、確認の連絡をいれましょう。

業者から電話で聞かれる内容

買取業者からの電話で聞かれる内容は、車の状態の確認と簡単な買取価格の案内、出張査定など査定方法のアポイントメント、売却時期などです。

車種やモデル(グレード)などに関しては、すでに一括査定サイトで入力してありますが、間違いのないようにメモを手元に置いておくことをおすすめします。

傷や修復歴の有無についても尋ねられることがありますが、後日実際に買取業者が来て査定をするわけですから、必要以上に詳しく説明せずに、軽く触れておく程度で構いません。

電話での確認で大まかな買取価格を把握することができるので、査定価格があまりに低いようであればアポイントメントを断ることもできます。

複数の買取業者に一括査定を依頼している場合には、電話を受けた時点で即座に返答せずに、「あとから連絡をする」と答えても問題ありません。他の業者と比較検討してじっくりと考えて決めたいという態度を見せれば、急かされる心配はないでしょう。

③査定&見積もり

一括査定の流れ ③査定&見積もり
実際に車を見て査定をしてもらいたいと決めたら、買取業者が自宅に訪問するスケジュールを決定します。

出張査定は基本的にどこの業者でも無料で対応してもらえますが、念のため、電話を受けた際に出張費について確認しておけば間違いはないでしょう。

また、少しでも高い査定価格をつけてもらうためには、以下の点に気をつけることをおすすめします。

車をきれいな状態にしておく

査定前には、洗車や掃除を済ませて車をきれいな状態にしておきましょう。

同じ車でも、汚れたままにしておいたのでは査定価格が大幅に下がってしまう可能性があります。ボディをきれいに洗車すると同時に、車の中に関しても掃除機をかけて、ホコリや砂などを取り除いておきましょう。車内に置いてある小物なども、もちろん片付けておきます。

また、ボディや車内のきれいさだけではなく、匂いにも気を配りましょう。タバコやペットなどの匂いがついていると査定価格が下がってしまうことが多いので、消臭をしっかりと行って、査定に影響が出ないように準備しておくことをおすすめします。

純正オプションを用意する

純正のオプションパーツも、査定を出す際には重要なポイントとなります。

特にカーナビやETC、ドライブレコーダー、自動ブレーキなどといったパーツに関しては後から取り付けることができません。査定の際に純正オプションであることを積極的にアピールすれば、査定価格アップにつながるでしょう。

社外品のパーツをつけている人は、査定前に純正パーツに戻しておくのがおすすめです。社外品のパーツで個性的なカスタムパーツやファッション性の高いカスタムに関しては、好みが分かれるので、査定の段階ではあまり評価されません。

何年か乗ったら車を売却しようと考えている人は、個性の強いカスタムは避けておいたほうが無難です。

メンテナンスノートを用意する

メンテナンスノートを用意しておくのも、査定価格を上げるためのポイントのひとつです。

メンテナンスノートとは?
新車を購入した際に渡される車の点検整備記録簿、整備手帳のことです。メーカー保障の内容や日常の点検整備などに関しても記載されています。

修理や点検時にメンテナンスノートに詳細を細かく書き込んでおくことによって、車の状態を正確に把握できます。そのため、メンテナンスノートは車の取扱説明書および保証書と合わせて持っていれば、車を売却する時の査定価格が上がりやすいので、一箇所にまとめて保管しておくといいでしょう。

傷やへこみを無理に修理しない

中古車を売る際にネックになるのは傷やへこみなどですが、査定の前に慌てて自分で補修や塗装をすると、逆効果になってしまうことがあります。無理に手を加えることはやめたほうがいいでしょう。

車はどんなに大切に扱っていても、走行中の小石によるわずかなへこみや洗車時の小さな傷などがあるものです。自分で傷を修理しても、結果的にプロが手直ししなければならないことが多く、査定ではマイナスになってしまいます。

たとえプロに塗装を依頼したとしても、査定価格が思ったように上がらないことも多いので、無理に修理をしないのが一番でしょう。

④売却契約

④売却契約
複数の買取業者の見積もり金額を比較検討し、どこに売却するかを決定したら、売買契約を結ぶことになります。

ただ単に「見積もり金額が他社よりも高い!」という点だけでなく、営業担当者の対応なども総合的に見ながら業者を決定すれば、後悔のない契約ができるでしょう。

続いては、売買契約を結ぶ際にどんな点に注意したらいいのかを紹介します。

売却契約を結ぶ際の注意点

買取業者と売買契約を結ぶ段階になっても、契約書に簡単にサインをしてはいけません。必ず内容をよく確認しましょう。

小さく書かれている文章なども見逃さずによく読んで、完全に理解した上でサインや捺印をしないと、トラブルが発生した時に後悔することにもなりかねません。

一旦サインをしたあとに契約をキャンセルした場合は、違約金を取られることもあります。買取業者によっては、売買成立後に車のキズやエンジンのトラブルを指摘して査定価格の減額請求をしてくるケースもありますので、不本意なまま契約書にサインすることは絶対にやめましょう。

契約書の内容に関して疑問があるときも、買取業者に必ず質問をし、納得のいく回答を得ることが重要です。

車を一括査定で売却するメリット

車を一括査定で売却するメリット
車の一括査定は、最低限の手続きで複数社に見積もりを依頼することができます。そして、車を高く売却できる業者を見つけやすいので非常に便利です。

続いては、車を一括査定で売却するメリットを詳しく紹介していきます。一括査定を利用しようと考えている人はぜひ参考にしてください。

手間が省ける

車を一括査定で売却する最大のメリットは、時間や労力を大幅に削減できることです。

一括査定を使わない場合、中古車の買取業者を探すところから始めなければなりません。電話で問い合わせたり、車種や型式などの情報を毎回説明したりするのに、膨大な時間が必要になります。

一括査定を活用すれば、いくつかの店舗にわざわざ足を運んだり、複数の買取業者に電話をしたりする必要がなくなります。

インターネットで必要情報を入力する際にも、1回入力するだけで複数の買取業者に見積もりを依頼できるので、時短はもちろん、売却にかかる手間を大幅に省くことが可能です。

買取相場がわかる

中古車には定価がありません。そのため、買取業者によって査定価格はかなり異なることがあります。

ときには数万~数十万円の差が出ることもありますので、車を少しでも高く売りたいのならば、1社だけに査定の依頼をせずに複数の買取業者に見積もりを出してもらうのがよいでしょう。

一括査定サイトを通して複数の買取業者に査定依頼を出すことにより、それぞれの買取業者で提示された査定価格で、車のある程度の買取相場を把握することができます。

「車を売却したいと思っているけれど、いくらぐらいになるのか見当がつかない…」という人には、おすすめの方法といえるでしょう。

車を高く売却できる可能性が上がる

一括査定サイトを通して見積もりを依頼した場合、一括査定サイトと提携している買取業者は、競合他社と比較検討されるということをわかっています。そのため、単独で見積もりを依頼した場合よりも、高値の査定価格をつけてくれる可能性があるのです。

このように複数の買取業者に査定価格の競合をしてもらうことで、ユーザーは最も高い査定価格を提示してきた買取業者を把握することができます。あとは車の売却を決めるだけでよいということになるので、結果として得することができるのです。

車を一括査定で売却するデメリット

車を一括査定で売却するデメリット
一括査定は買取相場を把握できるうえ、最も高い価格を提示した買取業者に売却できるなどメリットが多いように思えます。

しかし、一括査定であまりにもたくさんの買取業者に査定を依頼すると、電話連絡の対応が大変になるなどのデメリットがあります。

続いては、車を一括査定で売却するデメリットについて紹介します。

業者からの電話処理が大変

一括査定サイトに申し込みを行うと、電話があちこちからかかってくることになるため、内容をよく比較検討しないままに買取業者を決めてしまうことにもなりかねません。

事実、一括査定サイトを利用した人のうちの約70%は「最初にアポが取れた買取業者に依頼してしまう」という結果が出ています。

買取業者は各社とも、1秒を争って申込者に電話をかけ、査定のアポイントを取ろうと奮闘します。他の買取業者に先駆けて査定を行い、買取の契約を結ぼうとしますので注意しましょう。

いくら複数の買取業者に相談できるからといって、何十件も依頼しないことが大切です。自分が対応できる数だけを厳選して、依頼することをおすすめします。

業者同士が談合している可能性がある

一括査定サイトで注意しておきたいのは、業者同士が談合している可能性があるということです。

地域によっては車の買取業者同士が知り合いで、正しい査定価格を出さずに、できるだけ安い値段で車を買い取るように話し合いをしている場合もあります。特に買取業者が少ない地域では談合が起こりやすいので、注意が必要です。

また、違う業者名を出していても、実際にはお互いに関連業者である買取業者も多く、買取価格を安く設定される恐れもあるのです。こうなると、せっかく一括査定サイトを選んでも、見積もりを依頼するというメリットがなくなってしまいます。

まとめ

複数社にまとめて見積もりを依頼することができる一括査定は、あちこちの買取業者に個人情報や車両情報を個別で伝える必要がありません。各社の買取価格の概算をひと目で把握できることはもちろん、その車のある程度の買取相場も事前に知ることができるでしょう。

そして、その中から最も高い査定価格を提示してきた買取業者に売却を決めることができるので、少しでも高く売りたい人におすすめです。

メリットの多い一括査定ですが、あまりにもたくさんの買取業者に査定を依頼すると、電話連絡がきた際の対応に手間がかかるというデメリットがあることも忘れないようにしましょう。自分が対応できると思う数だけの買取業者に依頼することが大切です。

※本記事は公開時点の情報のため最新と異なる場合があります。
カータル編集部
カータル編集部
この記事は中古車の売却、査定などについての知識が豊富な私たちが執筆しています。車を少しでも高く売るコツや必要な書類、手続きに関する疑問や質問にお答えしています。

関連記事

  1. 車の売却時には税金の手続きが必要!何をしたらいいの?
    車の売却時には税金の手続きが必要!何をしたらいいの?
  2. 車を売却したいけどローンが残っているときはどうするの?確認すべき内容と売却方法をご紹介
    車を売却したいけどローンが残っているときはどうするの?確認すべき…
    車の売却で住民票が必要なケースはどんな時?手続き方法と注意点につ…
  3. 走行距離が10万km以上の車の売却は難しい?
    走行距離が10万km以上の車の売却は難しい?
  4. 車を売却するのにベストな時期とは?
    車を売却するのにベストな時期とは?
  5. 車を売却する時の任意保険の取り扱いは?必要な手続きについて解説
    車を売却する時の任意保険の取り扱いと必要な手続きについて
  6. タバコを吸っていると査定に不利?喫煙車の売却が安くなる理由
    タバコを吸っていると査定に不利?喫煙車の売却が安くなる理由
  7. 車を売却するのにリサイクル券は必要になる?紛失時の対処法も必見!
    車を売却するのにリサイクル券は必要になる?紛失時の対処方法
PAGE TOP

あなたの愛車はいくら?