車の売却についての疑問

車を売却する際のマイナス査定の原因とは?

今乗っている車を売却しようと考えている方もいるでしょう。

買った時の金額からすると「このくらいになるかな?」と見当をつけているかもしれません。しかし、マイナス査定がついてしまうと売却価格は下がってしまいます。

何がマイナス査定の原因となるのでしょうか?
どうすれば少しでもマイナス査定を減らして車の売却価格を高めることができるのでしょうか?

この記事ではそんな疑問を解決するための方法を解説していきます。

車を売却する際の査定とは?

車を売却する際の査定とは?
車の査定には、一般財団法人日本自動車査定協会(JAAI)が定めている査定基準が一般的に使用されています。

査定は標準状態を基準とした加減点方式です。国内での査定の基準が統一されているメリットは、個人の好みや意見に左右されず、極端に差が出ないことが挙げられます。

査定時は自分が購入する時に気になる場所だけでなく、自分では普段見ない箇所も確認されるでしょう。さらに、買い取りを行うお店や地域によりニーズも多少異なりますので、それも考慮された上で査定額がつくことになります。

マイナス査定につながるポイント

マイナス査定につながるポイント
車の査定が加減点方式であることから、マイナス査定となるポイントを知っておくと普段からどのように車を使用するべきかが分かるでしょう。そうすれば、いざ車を売却するとなった時のマイナス査定を減らすことができます。

以下ではマイナス査定につながるポイントをいくつか紹介します。

走行距離の長さ

走行距離が基準より長ければマイナス査定となります。

走行距離の基準は、普通車であれば1年間で約10,000km、軽自動車なら1年間で約8,000kmです。

総走行距離÷年式(新車からの経過年数)=年間走行距離であり、基準を上回ればマイナス査定、下回ればプラス査定となります。

総走行距離が10万km以上になってくると、さらに査定額が大幅に下がるでしょう。

走行距離が10万kmを超えてくると、いろいろなパーツが劣化してきますので、整備費用を査定額から差し引くためです。車の状態によっては買い取りを拒否されるケースもあります。

ただし、走行距離が短いからといって安心はできません。ほとんど乗らないことでも車の状態は悪化します。その場合も整備費用が必要となるため、あまりにも走行距離が少ないとマイナス査定につながります。

外装①ボディ、外板

外装は、ボディや外板に「傷」「へこみ」「腐食」がないかどうかを確認します。塗装部分も見られるでしょう。

ボディにととまらず、天井、ボンネット、鍵穴やナンバープレートのような細かい部分についても傷やへこみがないかチェックされます。

ボディや外板は、無傷であり、変色や退色、塗り替えがないのが標準であるとはいえ、傷やへこみが1cm未満のものであれば、減点対象にはなりません。

尚、車全体の塗装を元の色から変えてしまっている場合は大幅な減点となりますので注意してください。

さらに、パーツが交換されている場合も減点対象です。サイド、リア、ルーフは、簡単に交換ができる部位ではないためフロントと比べると減点が大きくなります。

傷やへこみがあると整備費用分が買取価格から引かれてしまいます。だからといって自分で修理した場合にその費用が買取価格で回収できるとは限りません。手間などを考えると、そのままにしておいたほうが良い場合もあります。

外装②ガラス、ミラー

ガラスについては、特にフロントガラスに注意が必要です。「ワイパーや飛び石による傷」「修理した跡」は減点対象となります。

他のガラスはフロントガラスほどではないとはいえ、交換が必要となる傷は減点です。法に触れるような無駄なフィルムを貼ってある場合もマイナスとなります。

また、標準ではないガラス(例えば色がついていたり熱線が入っていたりするガラス)は大きな減点になるでしょう。

熱線入りガラスとは、水滴・霜を原因とする曇りへの対策として、室内側に熱線が入っているガラスのことです。

ミラー類は破損していたり曲がっていたりするなど、交換が必要な場合にマイナスとなります。

また、もともとドアミラーしかなかった車にフェンダーミラーを付けていると、大幅な減点になりますので注意が必要です。

フェンダーミラーとは、車のボンネットのタイヤの上あたりに付けるバックミラーのことです。最近の車はドアミラーとなっていますので、通常あまり見かけることはないかもしれません。

内装

内装で確認されるのは傷、汚れ、臭いです。

汚れがひどかったり、臭いがきつかったりすると減点の対象になります。特に以下の箇所には注意が必要です。

  • シートのシミ、へたり
  • シール、テープの跡
  • ペットの毛
  • たばこの焦げ跡
  • たばこ、ペット、芳香剤の臭い
  • マット類の劣化

汚れや臭いがひどいからとルームクリーニングをした場合、修理とみなされるため、これも減点対象です。

その他、パーツやマットが欠品している場合にも交換が必要となるため、マイナスになります。

車内で喫煙したり車にペットを乗せたりする方は、特に普段から換気をしたりなど、内装の状態を良くしておくことが必要です。

エンジン、マフラー

エンジンも不具合により交換や修理の必要があればマイナス査定となります。「アイドリングの不良」「排気ガスの色が黒くなっている」「エンジンルーム内が大きく汚れている」などです。

エンジンは車の心臓部とも言えますので、エンジンがかからなかったり、焼き付きが見つかったりした場合には、実費がかかってしまう可能性もあります。また、ターボチャージャやラジエータの交換が必要な場合、かなりの減点となります。

マフラーについてもエンジンと同様に不具合や交換が必要とされる場合には減点の対象です。定期点検を受けていれば、通常は車が走れないほどの不具合は見つからないでしょう。

売却価格を高くしようとあえて点検や修理で交換を行っても元が取れるとは限らないため、そのままにしておくほうが良い場合もあります。

ブレーキなど足回り

ブレーキ、クラッチ、ミッションまたサスペンションなど足回りも忘れてはいけません。異常があり修理や交換が必要な場合は、もちろんマイナス査定となります。

異常としては「ブレーキ、ミッションのパッキン、オイルシールからオイルが漏れている」「ベアリングからの異音」「トランスミッションのシンクロ不良」などが挙げられます。

電装関係(ランプなど)

電装関係も修理や交換をすれば減点となります。「パワーウィンドウやドアロックがきちんと作動するか」「各ランプ類が点灯するか」チェックされます。

ランプ類はレンズの軽い傷くらいであればそれほどの減点ではありませんが、ひび割れなどが原因でユニット本体の交換になると大幅な減点です。

近年はこれまでのハロゲンからディスチャージやLEDに置き換わりつつありますが、このような新しいランプの場合、修理費用が高額になっているのでマイナスが大きいと言えます。

その他にバッテリー、クラクション、ワイパー、リモコンキーについても、入念な動作確認が行われます。ただ、これまで見てきたボディや内装、エンジンに比べるとそれほど大きなマイナスにはならないでしょう。

タイヤ・ホイール

タイヤは溝が1.6mm未満の場合、減点対象です。タイヤの種類によって減点される点数が変わってきます。

その他、タイヤやホイールで減点される場合は以下の理由があります。

  • 応急処置タイヤがない
  • パンクの修理キットがない
  • ホイールの傷、色褪せ、亀裂、腐食

タイヤとホイールは純正品を使用されているのが一般的ですが、車体からはみでるほどの太いタイヤだったり、社外製ホイールでインチアップしすぎたりしているなど、過度な改造は大衆受けしないためマイナス査定になる可能性があります。

保証書、整備手帳、取り扱い説明書

保証書、整備手帳、取扱説明書を紛失している場合はマイナス査定となります。

これは車の情報を知り、操作する上で大切な書類ですので、当然のことと言えるでしょう。

紛失以外にも汚れていたり破損したりしていると減点となります。ただし、個人情報を黒塗りなどで消していることは減点の対象外です。

事故車

事故を起こしてしまった車は注意が必要です。事故車には「修復歴」と「修理歴」がある車に分けられます。

修復歴のある車とは、車体の骨格(フレームなど)の損傷を修復した車のことです。
修理歴のある車とは、ボディが一部へこんだり傷ついたりして修理をした車のことです。

この2つのうち、特に修復歴がある車の減額は大きいです。損傷した箇所によっては5万円以上低くなる可能性もあります。走行に支障が出ていると10万円を超えた減額となるかもしれません。

修復歴については告知義務があります。しかし、言わなかったとしても大半の場合は査定時に見抜かれてしまうことでしょう。

仮に契約後に判明した場合は、減額や契約のキャンセルになってしまう場合もあります。さらには損害賠償請求されてしまう可能性もあるため、修復歴のある車を売却する場合に告知が必要であることを忘れないようにしてください。

マイナス査定を避けて高額で車を売却するためにできること

マイナス査定を避けて高額で車を売却するためにできること
査定時には多くのチェック項目がありますが、車を使用している限りは細かな傷など、マイナス査定が避けられないものもあります。

とはいえ、できる限り減点を少なくし、高く買い取ってもらうためには何ができるのでしょうか?

以下では、減点を少なくするためにできることや高額で売却するためにできることを6つ紹介します。

①ボディの大きな改造

ボディの加工で穴を開けた場合、サビなどの原因となりうるため減点対象となります。場合によっては、修復歴車と認識されてしまう可能性もあるので注意が必要です。

エンジンやモーターなどの機関系に手を加えてしまった場合にはメーカー保証外となり、売却しにくくなるでしょう。

さらに、車内ではナビゲーションのモニターを固定しようとしてダッシュボードに穴を開けてビス止めをすると、大幅なマイナスとなります。

売却を考えているのであれば、大きな改造は避けることが賢明です。

②マイナスとなりうる傷をあえて修復しない

ホームセンターなど、車用品を取り扱うお店では、ボディの傷やへこみの修理グッズが売っています。

少しの傷ならば傷消し用の研磨剤で直せるかもしれません。ちょっとしたへこみである場合には、熱湯やドライヤーの熱風で元に戻る場合もあるでしょう。

しかし、素人が自分で修理すると、さらに傷が深くなったり塗装が割れてしまったりするなど失敗したときのリスクも大きいと言えます。売却を考えている場合には安易に自分で修理をしないほうが良いかもしれません。

また、業者に依頼して修理したとしても工賃がかかりますので、その費用の元が取れるほどの査定額にならない可能性があります。また、修理の仕方が悪いと、さらにマイナス査定になることも考えられます。

大半の買取業者は、自社または提携の工場があるため安く修理をすることができます。自分で修理をするか、業者に修理を依頼するかはよく検討することが必要です。

あえてそのまま修理しないでおくのも一つの手と言えるでしょう。

③車内の臭いを消す

査定の前には車外車内をある程度自分で清掃すると思いますが、車外よりも車内の臭いには、特に注意が必要です。

先に述べた通り、たばこ、ペット、強い芳香剤の臭いは減点となります。

ただ、車内の臭いは自分では慣れてしまっているため、分からないことがあるかもしれません。その場合には、車に乗らない人に臭いを確認してもらうといいでしょう。

また、査定の前には窓を開けて車を走らせたり、消臭剤を使ったりすることで軽減できる可能性があります。

清掃した後は可能であれば車の中でたばこを吸ったり、ペットを乗せたりするなどの行動は控えるのがおすすめです。

④社外パーツをつけない

車好きの方なら、自分の趣味に合ったパーツを付けたいと思うかもしれません。しかし、売却するとなった場合、一般的に好まれるのは純正パーツです。

社外パーツにより見た目の統一感が失われている場合もあります。さらに、エンジンや足回りに社外パーツを付けているなら安全性にも大きく関わってきます。

そのため、売却額を高くしたいのであれば、個人の好みや癖が強い社外パーツを付けるのは避けることが無難と言えるでしょう。

とはいえ、すでに付けてしまったものを無理に外したほうがいいという訳ではありません。取り外した際に跡が残ったり、万が一車体に傷がついたりするとマイナス要因となってしまうためです。

尚、社外パーツでも人気の高いパーツだったり、車の見た目や用途に合っていたりするなど業者にとって売却しやすいものであるなら、査定価格がむしろプラスとなる可能性もあります。

⑤メーター交換は正規ディーラーで行い記録簿を発行してもらう

実際の走行距離が不明な車は、走行不明車となってしまい値段がつきません。

また、故障によりメーターを交換した車は「交換の記録簿」が付いていないとメーター改ざん車となってしまいマイナス査定となってしまいます。

交換の記録簿が必要なのは、メーター交換によって現在の走行距離がリセットされ0になってしまうからです。

メーター交換が正規なものとして扱われるためには、正規ディーラーで交換した証明とディーラー印が必要です。

そのため、メーターが故障した場合には必ず正規ディーラーで交換を行い、記録簿を発行してもらうことが大変重要です。

⑥査定は複数の業者に依頼する

マイナス査定になる基準は決まっているものの、買取業者の販売ルート、在庫や地域事情はさまざまですので、価格はそれによって変わってきます。そのため、査定してもらうのが1社のみだとそれが本当に適正な価格なのかが分かりません。

多少手間がかかってもよければ、複数の業者(できれば3社~5社)に買い取りの査定を依頼するといいでしょう。

インターネットでは無料で査定してくれるサイトもありますので、それを利用することもできます。

また、自社で販売している大手の買取業者であれば、中間マージンがかからないため多少高い価格をつけてくれるかもしれません。もし近くにお店があり、時間に余裕があれば、実際にお店に行って査定してもらうのも一つの手です。

プラス査定になるポイント

プラス査定になるポイント
上記で挙げたマイナス査定となる原因に普段から注意しておけば、逆にプラス査定になることもあるでしょう。

その他にもプラス査定になるポイントがあるので、いくつか紹介します。

車検、法定点検を受けてから日が浅い

車種を問わず、車検までの残りの月数が4ヶ月以上あるとプラス査定になります。また、自賠責保険についても残りの月数によって加点があります。

車検の時期と車を売却する時期が重なっている場合には、車検を受けてから売却するのと車検を受けずに売却するのとで、どちらがよりお得なのかを比較検討するのがおすすめです。

また、査定前の1年以内に法定点検を受けている場合にも、加点される可能性があります。ただし、法定点検は義務ではあるものの受けなくても罰則ではないため、受けていない方もいるかもしれません。

法定点検を受けていないために査定額が下がることはなく、あえて受けたとしても元が取れないことも考えられます。そのため、法定点検については査定のためだけにわざわざ受ける必要はないでしょう。

人気のある装備やオプションが搭載されている

人気の高い装備やオプションを搭載している場合、プラス査定になることがあります。

その装備やオプションは以下になります。

  • 本革のシート
  • サンルーフ
  • 電動スライドドア
  • ナビゲーションシステム
  • 衝突軽減ブレーキ
  • レーザークルーズ(レーザーレーダーによって前方の障害物を認識し、エンジンやブレーキを制御するシステム)
  • フルスポイラー

ナビゲーションシステムがもし付いていたとしても、外付けであったり配線が露出していたりすると加点の対象外になりますので注意が必要です。

また、車体の色がブラック系、パール系であれば需要が大きいため加点されやすいです。

まとめ

①査定では走行距離、外装、内装、エンジン、電装関係の状態、保証書、整備手帳、取扱説明書の有無がチェックされ、標準状態でない場合にはマイナスとなる
②ボディに穴を開けたり、無理な修復や社外パーツの取り付けはしないほうが良い
③メーター交換は正規ディーラーで行い記録簿を発行してもらう
④次の車検まで残り月数があったり、人気のある装備が搭載されているならプラス査定となる
※本記事は公開時点の情報のため最新と異なる場合があります。
カータル編集部
カータル編集部
この記事は中古車の売却、査定などについての知識が豊富な私たちが執筆しています。車を少しでも高く売るコツや必要な書類、手続きに関する疑問や質問にお答えしています。

関連記事

  1. 車を売却する時の費用や手数料は何がある?売却前に知っておくべきことを解説
    車を売却する時の費用や手数料は何がある?売却前に知っておくべきこ…
  2. 車を売却するときはホイールによって買取価格が変わるものなの?高価買取につながるポイントを解説!
    車を売却するときはホイールによって買取価格が変わるものなの?高価…
  3. 法人名義の車は個人と売却方法が違う?必要な書類も紹介!
    法人名義の車は個人と売却方法が違う?必要な書類も紹介
  4. 県外ナンバーの車でも売却できるの?売却方法や必要書類について
    県外ナンバーの車でも売却できるの?売却方法や必要書類について
  5. 車を売却する時に自動車税は還付されるの?還付される条件や金額も知っておこう!
    車を売却する時に自動車税は還付されるの?還付される条件や金額につ…
  6. 愛車の売却や廃車で税金が還付される?還付金を受け取る方法を解説
    愛車の売却や廃車で税金が還付される?還付金を受け取る方法を解説
  7. 車の売却時にスタッドレスタイヤを装着したままでいい?査定への影響を検証
    車の売却時にスタッドレスタイヤを装着したままでいい?査定への影響…
  8. 車の買取り査定額はステッカーが貼ってあると下がる?
    車の売却時にステッカーは剥がしたほうがいい?
PAGE TOP

あなたの愛車はいくら?