車の売却についての疑問

車を売却するのにおすすめの時期は? 最適な時期から売却前に注意するポイント

3分でわかる!記事のまとめ動画

購入した車は、最後まで乗り潰したり、事故で全損しない限り、いつかは売却して別の車に買い替えるのが一般的です。

車の買取価格は車種やグレード、装備などさまざまな要素によって決まりますが、金額の違いには一定の傾向が見られます。

ここでは、売却時期による買取価格の変動を中心に、おすすめの時期や売却時の注意点などをご紹介します。より好条件で買い取ってもらえるように、あらかじめ知識を身につけておきましょう!

車を売却するおすすめの時期は?

車を売却するおすすめの時期は?
資金や駐車場に余裕があって買い増しでもしない限り、車を買い替える際はそれまで乗っていた車を売却することになります。

売却された車は多くの場合、中古車販売網に流れ、中古車として新たなオーナーのもとに渡ります。ということは、中古車価格が高くなる時期は、買取価格のアップが期待できるということになります。

続いては、車を売却するおすすめの時期やその理由について確認していきましょう。より高額で売却するための注意点もあわせてご説明します。

車を売却するおすすめの時期は1年間で2回

車を売却するおすすめの時期は1年間で2回
同じ車を売却するなら、より高値で買い取ってもらえる時期を狙いたいところです。

1年のうちで特に高値での買い取りが期待できるのが「3月と9月」です。

この月は多くのディーラーや中古車買取店の決算月や半期決算月にあたります。しかし、理由はそれだけではありません。

続いては、なぜこの時期がおすすめなのかを詳しく解説していきます。

1月から3月

車の買取価格アップが特に期待できるのは3月ですが、その前の1月から2月にかけても、車の売却にはおすすめの期間です。

この時期は年度末にあたりますが、特に3月は新しい年度の準備期間であり、進学や就職などで新生活を迎える人が多くなっています。それにともなって、このタイミングで新たに車を購入する人が増える時期でもあるのです。

新車はもちろんですが、中古車も需要が高くなれば、中古車価格は上昇します。中古車価格が上がれば、買取価格のアップも大いに期待できるでしょう。

年度末であるこの時期に売却すれば、同じ車種だとしても、より好条件で買い取ってもらえる可能性が高くなります。

7月から9月

年度の途中ではありますが、7月から9月ごろも、車の売却に適している時期のひとつです。

その理由は、この時期に多くの企業において夏のボーナス支給があるため。このタイミングに合わせて車を買い替える人も多いため、7月から9月にかけては中古車の流通量が増える傾向があるのです。

また、この時期は転職や転勤による引っ越しをする人が増加します。その影響で、車の購入を検討する人が増えるといわれているのです。

業者は、7月から9月に備えて在庫を確保する動きが活発になります。この際、台数を確保するために、若干ながら買取条件がよくなることがあるのです。

年度末ほどの動きは見られないものの、通常より好条件での買取が期待できるでしょう。

車の売却に適さない時期

車の売却に適さない時期
車の売却におすすめの時期がある一方で、車の売却に適さない時期もあります。それは「4月と年末」です。

やむを得ない事情がない限りは、この時期に車を売却することはおすすめできません。場合によっては、損をする可能性すらあります。

続いては、なぜこの時期が車の売却に適さないといわれているのか、その理由を確認しておきましょう。

4月

4月は1年のうちでも、車の売却に最も適していない時期です。実はこの時期に車を売却してしまうと、丸1年分の「自動車税」を損してしまうことになります。

そもそも自動車税というのは、毎年4月1日時点の所有者に対して課税される税金です。この自動車税が未納の状態では車を売却することができないため、1年分を一括で納税してから売却することになります。

自動車税には還付の制度もありますが、廃車時にしか適用されないので、売却などの名義変更では還付されません。

業者によっては年度の残りに応じて相当額を返還してくれるところもありますが、業者が返還する義務はないので、基本的に納めた自動車税は戻ってこないと考えておいたほうがよいでしょう。

そのため、自動車税の負担が最小限で済む3月までに、車を売却するのが望ましいといえます。

年末

年末は中古車の需要が少なく、業者もそれほど買取に力を入れません。そのため、この時期に車を売却しても、高値での買取は期待できないでしょう。

基本的に年末から年始にかけては、クリスマスやお正月などのイベントでの出費がかさむ傾向にあります。この時期に「積極的に車を買おう!」という人はあまりいません。そのため、中古車に対するニーズも低いといわれています。

また、年末に車を売却したとしても、中古車として市場に流通するときには年明けになっていることも少なくありません。年を跨いだ場合、年式が1年古くなってしまうため、中古車としての価値も下がり買取条件も悪くなってしまいます。

年末に車の売却を検討している人は、できれば11月までに買い取りに出すのが望ましいでしょう。

その他おすすめの売却時期は?

ここまでは、1年のうちで車の売却におすすめの時期について紹介しました。しかし、季節に関係なく売却する際に有利になるタイミングもあります。

売却のタイミングをカレンダーに合わせるのは難しいですが、続いてご紹介するタイミングはあらかじめ自分でも把握することができます。入念な下調べをすることで、好条件の買い取りが期待できるでしょう。

車検の前

その他おすすめの売却時期は? 車検の前
カレンダーとは関係のない、車の売却に適した時期としては、車検が切れる前が挙げられます。

「車検を通してから売却すれば車の安全性が保証されることになるため、買取価格がアップするのでは?」と考える人がいるかもしれません。しかし実のところ、車検の有無は買取価格にほとんど影響しないのです。

むしろ、車検費用以上に買取価格がアップするケースは、ほとんどないといっていいでしょう。そのため、車検間近の車の売却を検討している場合には、車検を通さずに買い取ってもらうことをおすすめします。

年式・走行距離が一定基準に達する前

中古車の走行距離は、買取価格を左右する要素のひとつです。一定の走行距離に達すると、その額が大きく下がります。

今でこそ15万kmや20万km以上走った車も珍しくありませんが、かつては車の寿命の目安は「10年10万km」といわれていました。実際には、しっかりと整備をしている車であれば、10万km走行したものでもほとんど性能が落ちることはありません。

しかし、需要に左右される中古車においては、価値が大きく下がります。そのため、10年10万kmを超過した車を売却しても高値が見込めないのが現実です。

また、「3万km」「5万km」「7万km」といった走行距離も、買取価格が下がる走行距離の基準となります。

車の売却を考えている人は、年式や走行距離を日頃から意識しておきましょう。

フルモデルチェンジの前

車がフルモデルチェンジをする前も、売却を検討するタイミングのひとつです。

フルモデルチェンジにより新型が登場してデザインや機能が大きく変わると、大抵の場合、旧型の中古車は価値が下がり、買取価格にもマイナスの影響を及ぼします。

フルモデルチェンジの正確なタイミングは直前までわかりませんが、事前情報はネットなどである程度知ることができるようになりました。

また、意外かもしれませんが、同じ車種でなくても、他メーカー製の同ジャンルがフルモデルチェンジをしたことが価格に影響することもあります。

そこまでの状況を判断するのは難しいかもしれませんが、少なくとも自分の車がフルモデルチェンジする時期を知っておけば、最適なタイミングで売却することができるでしょう。

自動車税の課税前

その他おすすめの売却時期は? 自動車税の課税前
毎年4月1日時点の所有者には自動車税の納付義務があり、原則として年度末までの12か月分を一括で納付します。そのため、売却を検討する際は、3月までに売却しないと損をすることにもなりかねません。

課税される前の年度末には売却しておきましょう。

また、自動車税を納めたあとに車を売却すると、税金は還付されます。しかし手続きが必要となるため、注意しなければなりません。

さらに、登録手続きには数日から一週間程度かかってしまうので、実際に売却するときは日程に余裕をもたせておきましょう。

自動車税の「還付制度」とは

通常、自動車税は年額を一括で納付しますが、車の抹消登録をしたときには、納付済みの自動車税について一部が還付されます。

抹消登録には一時的に使用を中止するときの「一時抹消登録」と、廃車にする場合の「永久抹消登録」の2種類がありますが、どちらの場合でも自動車税は還付されるのが特徴です。

自動車税の還付額は、以下のように計算されます。

「1年の自動車税額÷12か月×登録抹消した翌月から3月までの残存月数(※100円未満切り捨て)」

例として、7月1日から7月31日までに1年の自動車税で34,500円がかかる1,500ccの車を廃車(抹消登録)した場合、4月分から7月分までが課税対象です。

8月分以降が還付されることになりますが、還付額は「34,500円÷12×8=23,000円」となります。

この還付制度は抹消登録時のみ適用されるため、売約時に納付済みの自動車税は還付されません。

業者によっては還付相当額を買取価格に反映させてくれるところもありますが、あくまでも任意である点には注意しましょう。

ライフスタイルが変化する前

ライフスタイルが変化する時期に合わせて車の売却を行うのもおすすめです。

車を移動手段として考えている人にとっては、ライフスタイルや用途の変化に伴い、車を売却するちょうどいいタイミングといえるでしょう。

買取価格に直接影響しませんが、特に結婚や出産など家族が増えるタイミングに合わせると、結果として無駄な出費をおさえることができます。

また、就職する大学生や転勤族の人など、生活環境が一変する人にとっても、車を買い替えるおすすめの時期といえるでしょう。

車を売却する前に注意しておくポイント

車をより高値で売却するためには、売却時期以外にもいくつか注意しておきたいポイントがあります。

車種や年式などは変えることはできませんが、査定前にちょっとしたポイントをおさえておくことで、多少の買取価格アップにつながることもあるのです。

続いては、具体的にどのような点に気を付ければいいのかを詳しく紹介していきます。

注意点①メンテナンスをする

メンテナンスをする
車を売却する前に簡単なメンテナンスをしておくと、若干ですが買取価格アップの可能性が見込めます。

メンテナンスといっても、大がかりな整備を改めて行う必要はありません。ボディの簡単なチェックや補修、掃除程度で十分です。

ボディ周りを一通りチェックし、DIYで補修できるような小傷を取り除いておけば、見た目がよくなります。

しかし、大がかりな修理を要する傷は、修理しないほうが無難でしょう。ほとんどの場合、買取価格アップの幅が修理費用を上回ることがないからです。

あわせて簡単に内外装を掃除し、汚れを落としたり消臭したりすることで、査定員の印象が変わる可能性があります。

さほど買取価格のアップは見込めませんが、少しでも高値で買い取ってもらうためには、最低限の努力はしておきましょう。

注意点②純正パーツ・付属品を用意する

カスタムしている車を売却する際は、可能な限り純正パーツに戻しておくというのも、一定の査定額を得るためには必要なポイントです。

車種によっては、メーカー純正ではない社外パーツのマーケットが充実しているため、多くの社外パーツに交換している車もあります。しかし、ほとんどの社外パーツは買取価格アップには直結しません。

むしろ、統一感のある純正品のほうが、中古車市場では好まれます。そのため、純正パーツが残っているのであれば、可能な限り純正に戻しておくことが大切です。

パーツを純正に戻すだけでなく、それらの取扱説明書や保証書といった付属品がそろっているのも、査定時にはプラス評価につながる要素となります。紛失していないかどうか、あらかじめ確認しておきましょう。

注意点③必要な書類を集める

必要な書類を集める
車を売却するときは、車検証(自動車検査証)や自動車税納税証明書をはじめとした、さまざまな書類が必要です。

最適な時期に車を売却するためにも、あらかじめ書類のありかをしっかりと確認しておきましょう。

具体的に必要となる書類には、以下のものが挙げられます。

自動車検査証(車検証)

自動車検査証は一般的に車検証とよばれており、車両情報や車の所有者、保管場所など多くの情報が記載されているものです。

車検を通した際に陸運局から発行され、道路運送車両法で車の中に保管しておくことが義務付けられています。

自動車納税証明書

自動車税納税証明書は、自動車税や軽自動車税を納付した証明となり、売却の際は直近のものを用意しなければいけません。未納の場合はもちろん売却できませんが、この証明書が手元にない場合も同様です。

クレジットカードで納めた場合などは証明書が届くまで日数を要するので、自動車税を納めた直後の売却を検討する人は注意しましょう。

自賠責保険証

自賠責保険は、自動車損害賠償保障法に基づき、すべての車に対して加入が義務付けられている保険です。通常は車検期間に応じた期間の契約で、この保険証は自賠責保険に加入している証明になります。

車検証と一緒に保管しておくことがほとんどなので、あらかじめ確認しておくようにしましょう。

実印

普通自動車の登録車は車両登録の手続きが必要となるため、譲渡証明書や委任状を作成する際に実印を用意しなければなりません。

一方、軽自動車の場合は登録でなく届出制となっているため、実印でなく認印を準備すれば問題ありません。

印鑑登録証明書

車は法律上動産扱いとなるため、譲渡証明書や委任状に実印が捺印されていることを証明するため印鑑証明書も用意する必要があります。

ただし、軽自動車の場合は実印が不要なので、印鑑登録証明書も用意する必要はありません。

リサイクル券

自動車リサイクル法では、廃車にかかる費用をあらかじめ支払うように義務付けられています。車を売却する際には、このリサイクル費用を納めた証拠としてリサイクル券も必要になるのです。

原則としてリサイクル券は再発行ができないので、紛失した場合は自動車リサイクルシステムのホームページで手続きを行いましょう。

注意点④下取りではなく買取業者に売却する

下取りではなく買取業者に売却する
車をより高い値段で買い取ってもらうためには、ディーラーへの下取りでなく買取業者に売却することをおすすめします。

これまでと同じメーカーの車に買い替える場合は、値引き交渉の材料にもできる下取りが有効なこともあるでしょう。ですが、多くの場合は買取業者に買取ってもらうほうが高い買取価格がつきやすい傾向にあります。

また、違うメーカーの車に乗り換える場合は特に、下取り条件は不利になってしまいます。そのため、特別な事情のない限りは、車の売却先としては買取業者を選んだ方がよいでしょう。

複数の業者に一括で査定に出す

買取業者に車を売却する際は、1社だけではなく、複数業者から査定を受けるようにしましょう。複数の業者で価格競争をすることで、より高値で買取ってもらうことができます。

複数業者に査定を申し込む場合は、一括査定サービスを利用するのがおすすめです。一度の手続きで複数業者に査定を申し込めるので、いちいち査定を申し込む手間が省けます。

また、買取店の在庫状況から、他の買取店よりもわずかながら値段を高くして買い取ろうとするケースがあるので、試してみて損はないでしょう。

注意点⑤季節によって人気の車が変わることを覚えておく

季節によって人気の車が変わることを覚えておく
中古車価格や買取価格は、市場の動向に対して敏感に反応します。よりよい条件で車を売却するためには、季節による人気車の違いを把握するためにも、新車や中古車市場の動向も知っておきたいところです。

例えば、春やボーナス前には軽自動車やコンパクトカーの売れ行きが高まるため、買取業者はこれらの買い取りに力を入れます。

また、夏休みなどの長期休暇や、冬期などアウトドアレジャーに向いた車種に人気が集中する時期には、SUVの高値買取が期待できる可能性もあります。

必ずしも、季節で売却時期を縛る必要はありませんが、頭に入れておくとよいでしょう。

まとめ

1年のうちで車を売却するのに最適な時期は、新生活の準備が始まる3月と、多くのディーラーや中古車買取店の決算月や半期決算月となる9月といわれています。この時期に売却すると、普段よりは高値での買い取りが期待できるでしょう。

反対におすすめできない時期は、自動車税が課税される4月と、イベントなどで出費がかさむ12月です。そのため、これらの時期の売却は避けたほうがよいかもしれません。

しかし、車には季節に関係なく、車検の前やフルモデルチェンジが行われる前など、売却する際に有利になるタイミングもあります。

また、査定前には必要書類や純正パーツなどを確認しておくことも大切です。

新車や中古車市場の動きを見極めて、より好条件が見込める時期を狙って車を売却しましょう。

※本記事は公開時点の情報のため最新と異なる場合があります。
カータル編集部
カータル編集部
この記事は中古車の売却、査定などについての知識が豊富な私たちが執筆しています。車を少しでも高く売るコツや必要な書類、手続きに関する疑問や質問にお答えしています。

関連記事

  1. 車を売却する時にETCは取り外すべき?ETCマイレージについて知っておくべきこと
    車を売却する時にETCは取り外すべき?ETCマイレージについて知…
  2. 車の売却後に発生するクレームの対処法とは?クレームガード保証から困ったときの相談先までを紹介!
    車の売却後に発生するクレームの対処法とは?クレームガード保証から…
  3. 車の売却時に自賠責保険は還付される?自賠責保険の内容や手続き方法を解説
    車の売却時に自賠責保険は還付される?自賠責保険の内容や手続き方法…
  4. 車を売却するにあたってディーラーへの連絡は必要?その理由について解説
    車を売却するにあたってディーラーへの連絡は必要?その理由について…
  5. 車を売却する時に受け取れる還付金とは?
    車を売却する時に受け取れる還付金とは?
  6. 車を売却する際にスペアキーは必要?紛失した場合でも売れる?
    車を売却する際にスペアキーは必要?紛失した場合でも売れる?
  7. 車の売却後に業者からクレームを受けないための対策を知っておこう!
    車の売却後に業者からクレームを受けないための対策を知っておこう
  8. 県外ナンバーの車でも売却できるの?売却方法や必要書類について
    県外ナンバーの車でも売却できるの?売却方法や必要書類について
PAGE TOP