車の売却についての疑問

車を売却したいけれど名義がディーラーだった場合は売ることってできるの?

3分でわかる!記事のまとめ動画

「マイカーが欲しいけれども手持ちがない…」という時に重宝するのが、自動車ローンです。

ただし、ローンを組んでいる間は車検証を見ると、名義が自分ではなく、ディーラーになっていることが多いはず。

そういった場合、自分名義ではない車を売却することは果たして可能なのか、疑問に思うかもしれません。

ここでは、ローンを組んでいてディーラー名義になっている車を売却する方法について見ていきます。

また、ディーラー名義の車を少しでも高く売るコツについても紹介しますので、参考にしてみてください。

車の名義がディーラーのままで売却できる?

車の名義がディーラ―のままで売却できる?
ローンをまだ完済していない段階だと、車検証に記載されている所有者はディーラー名義になっているでしょう。

所有者がディーラー名義のままで売却することができるかどうかについて、まずは見ていきます。

結論から言うと、自分名義ではない車を勝手に売却することはできません。いったん自分に名義を移してから売却するという流れになります。

そのままでは売却は不可

冒頭に紹介した通り、ディーラー名義になっている車を売却することはできません。第三者が持ち主の承諾を得ずに勝手に売却できないのは当然のことです。

車の売買にあたって、所有者名義になっている方が手続きを進めるのが原則となっています。家族でも持ち主の意思に関係なく勝手に売却することはできません。

ローンの場合、車の代金の支払いがまだ終わっていない状況です。支払いが完了していない段階では購入者に所有権はなく、ディーラーもしくはローン会社の所有車扱いになります。

それは、ディーラーやローン会社が、購入者の代金をいったん立て替えている状態です。そのため、代金の支払いが全て終わった段階で、初めて自分名義にできるわけです。

ローンが残っている可能性

ローンが残っている可能性
もし車を売却しようと思っているのであれば、その前に一度車検証を確認しましょう。

車検証の所有者欄がディーラーやローン会社の場合、まだローンが残っている可能性があります。車の名義が自分になっていない場合は、ローンの残債がいくらあるか確認してください。

もしローン完済しているのに名義が変更されていないのであれば、何らかの手続きに不備がある可能性があります。いずれにせよ、愛車が自分名義になっていない段階では車を売却できません。

もし自分名義ではない車を売却したければ、いったんディーラーに問い合わせてみましょう。

自分に所有権を移してから売却する

車の所有者がディーラー名義になっている場合、原則そのまま売却することはできません。また、ローンが完済していないということになります。

名義を自分にするためには、ローンを完済しなければなりません。そのため、まずはローンを完済する方法について検討しましょう。

車売却に欠かせない所有権解除とは?

車売却に欠かせない所有権解除とは?
ディーラー名義になっている車を売却するためには、いったん自分名義に変更しなければなりません。ディーラーから自分名義に変更することを「所有権解除」といいます。

ここでは、所有権解除について詳しく見ていきましょう。

所有権解除するためにはローン完済が前提条件ですが、どう返済すればいいかについてもまとめました。

所有権解除とは?

ローンを組んで車を購入した場合、所有者欄はディーラーもしくはローン会社になっているでしょう。

これは、車を購入者が使用しても構わないけれども、ローンを完済するまで所有権はディーラーもしくはローン会社にあるという意味です。

所有権解除は、自動車ローンを完済してディーラーもしくはローン会社の所有権を外す手続きを指します。所有権解除して、初めて名義上も「自分の車」となるわけです。

完済したら、自動的に所有権解除できるわけではありません。手続きをしないと、いつまでもディーラーやローン会社の持ち物となってしまいます。

所有権解除はローンを組んでマイカー購入した方が、いつか絶対にやらなければならない手続きです。

ローン完済する方法

ローン完済する方法
自分の車を売却するためには、所有権解除の手続きは必須です。

所有権解除のための前提条件として、ローン完済があります。ローンを一括返済する形になるのですが、どのような方法が考えられるでしょう?

ここでは主要な方法について紹介しますので、どれが自分に合っているか検討してみてください。

自己資金で完済する

ローンを完済する方法として、自己資金で賄う手法が挙げられます。貯蓄などを切り崩して、完済に必要な現金を確保します。

ローンを組んでから時間がかなり経過していて、残債がかなり少なくなっているのであればこの方法をとることも可能でしょう。自分のお金で完済できれば、その段階で所有権解除の手続きに移れます。

ただし、自己資金で完済する場合、どの程度預貯金が残るか慎重にシミュレーションしてください。完済すると貯金がほぼ底をつくようであれば、おすすめはできません。

想定外の出費を強いられた場合、必要な現金が手元にないといった事態も想定できるからです。2~3カ月程度の生活ができるくらいの資金は手元に残しておいた方がいいでしょう。

売却代金で完済する

自己資金で完済できればいいですが、それだけの手持ちがないという方もいるでしょう。その場合、車の売却代金で完済する方法が考えられます。

もし、今の車の買取価格がローンの残債を上回っているようであれば、売却益で完済が可能です。

この場合、いったん買取業者に査定に出して、どのくらいの値がつくか確認してください。この時、査定士にローンがまだ残っている旨を伝えておきます。その上で、もし残債を超える買取価格がついたのであれば、売却するのも一つの選択肢です。

ちなみに、ローンの完済や名義変更をするには手続きをしなければなりません。これらの事務手続きについては、業者が代行してくれる場合が多いので任せましょう。

もし、車の買取価格がローンの残債よりも多ければ、ローンを差し引いた分の代金を受け取ることができます。

売却代金が残債を下回った場合

ディーラー名義の車を売却しようと思って買取業者に査定に出したが、残債以上の査定額がつかないというケースも考えられます。この場合、残債と買取価格の差額を支払わないといけません。

もし自己資金で不足分を賄えるのであれば、問題ないでしょう。しかし、もし差額が大きいと、自己資金だけでは賄えない事態も想定できます。

その場合には違う会社でローンを組み直すことで、所有権解除を経てからの売却が可能です。

また、車を買い替える場合、本来のローンに残債を上乗せする形になります。ただし、この場合はローンの返済負担が大きくなってしまいます。

月々の返済額をシミュレーションして、借り換えが妥当かどうか慎重に検討しましょう。

ローン中でディーラー名義の車を売却する基準

ローン中でディーラー名義の車を売却する基準
ディーラー名義になっている車を売却すべきかどうか、迷っている方もいるかもしれません。この場合、判断基準がいくつかあります。

それは、買取価格と残債金額の関係とコスト面の比較です。

それぞれどのようなことなのか、以下で詳しく見ていきましょう。

買取価格が残債を上回れば問題ない

ディーラー名義の、ローンがまだ残っている車を売却すべきかの判断基準として欠かせないのが、残債を上回る買取価格がつくかどうかです。

前述した通り、もし買取価格で現在のローンを完済できるのであれば、その段階で売却しても問題ないでしょう。

買取金額が残債より低くても、ローンの組み直しで売却はできます。しかし、次の車購入の際のローンに残債が上乗せされる形になってしまいます。ローンの支払額が大きくなるのは、やはりリスクが大きいです。

現状ではギリギリ返済できる金額でも、これからずっと返済できる保証はありません。想定外の出費を強いられるタイミングがあるかもしれませんし、給料が下がる恐れもあります。

組み直ししなければならない場合には、車の売却を慎重に検討すべきです。

コスト面で比較する

車は購入してからも、メンテナンスコストが発生します。発生する費用は自動車税や車検費用などが挙げられ、ガソリン代や駐車場を別途に借りている場合にはそのコストも含まれます。

車を売却するかどうかは、このメンテナンス費用も考慮してください。

地域によっては、車がなくても移動できる場合もあります。都市部の場合、公共交通機関が充実しているでしょう。電車やバスを利用すれば目的地まで移動できるのであれば、車を維持する必要はありません。

カーシェアリングなど必要な時だけ、車を利用できるサービスも出てきています。このようなサービスを利用した方が、ローン返済やメンテナンスコストを負担するよりお得になることもあります。

そういった場合は、車を売却するのも選択肢になるでしょう。

所有権解除手続きの方法について

所有権解除手続きの方法について
ディーラー名義の車を売却するためには、所有権解除の手続きが必須です。

所有権解除の手続きはどのように行うのか、よく分からないという方もいるでしょう。

ここでは、所有権解除の事務的手続きについて見ていきます。

ディーラーが代行してくれる

所有権解除の手続きは、基本的にディーラーがやってくれる場合が多いです。自分自身で手続きをすることは少ないですから、あまり不安に感じなくても大丈夫です。

ちなみに自分で名義変更手続きを行うのであれば、「所有者(ディーラー等)が記入・捺印した譲渡証明書と委任状」が必要になります。

譲渡証明書や委任状は、国土交通省のホームページからダウンロードできます。

手続きを受け付けているのは、日本全国にある「陸運支局」です。陸運支局は平日しか窓口が開いていないので、仕事をしている方はスケジュールを調整して出向いてください。

書類に何かしらの不備があれば、手続きをやり直さなければなりません。必要書類が用意できているか、あらかじめ確認した上で手続きを進めましょう。

ディーラーにお願いする際の必要書類

所有権解除の手続きを自分で行うことはあまり多くありません。大抵は所有者名義になっているディーラーのほうで代行してくれるでしょう。

実際の手続きに関しては、ディーラーが行ってくれるので問題ありません。ただし、必要書類については自分で用意しなければなりません。

準備する必要書類は、以下になります。

  • 車検証
  • 印鑑証明
  • 車庫証明
  • 委任状

委任状についてはディーラーが用意してくれるはずなので、それに必要事項を記入して提出しましょう。

印鑑証明書は3カ月以内のものを準備してください。

また、車庫証明書は車検証と現住所が同じ場合には提出する必要はありません。

ディーラー名義の車を高く売却するコツ

ディーラー名義の車を高く売却するコツ
ディーラー名義の車を売却する場合、残債を査定額が上回れば話は簡単です。ローンの組み直しをする必要がありません。そのためには、少しでも高値で売る必要があります。

ここでは、自分でできる少しでも愛車を高く売る方法について紹介します。

①売るタイミングを考える

同じ車でも、売る時期によって買取価格が変わってくることがあります。それは、他の商品と同様で、需給バランスによって価格が決まります。

車の需要の高まるタイミングに売りに出せば、高値がつく可能性が高いです。車の需要の高まるのは、「1~3月」と「9月」と言われています。

1~3月は新年度を控えて、車の買い替えや新しく車の購入を希望する方が多いからです。また、9月は買取業者にとって決算期というケースも少なくありません。

決算期には少しでも多くの車を買い取って、売上を伸ばしたいものです。そのため、買取点ではいつもより高値でも車を多く確保したいと考えます。

別にいつ買い取りに出しても構わないというのであれば、時期を待って売りましょう。

②メンテナンスノートは保管すること

車を購入した時に、メンテナンスノートも渡されます。新車はもちろんのこと、中古車でも低年式車でない限り渡されることが多いです。

メンテナンスノートとは?
メーカーの保証書と点検整備記録簿のセットのことです。

メンテナンスノートには、車のどこをいつ整備したかが記載されているので、車の状態を把握する貴重な材料になります。

メンテナンスノートがあるかどうかで、同じ状態の車でも買取額が大きく違ってきます。そのため、メンテナンスノートは紛失しないようにしっかり保管することをおすすめします。

また、査定を受ける際には、メンテナンスノートがあることを査定士にアピールしましょう。査定士が気づいていない可能性もあります。

③車は綺麗にしておく

査定を受ける前に、車の清掃をするのもおすすめの方法です。

車を清掃したことで、直接的にプラス査定にはなりません。しかし、査定士の心象を良くできるのはメリットです。その結果、減額を防げる可能性は高いです。

車の清掃ですが、外装だけでなく室内も行いましょう。特に室内で注意しなければならないのは、臭いです。

ペットとドライブしたり、車内で喫煙したりしている車は臭いが残っている場合が多いです。臭いのきつさでマイナス査定にされる恐れもありますので、換気したり消臭対策したりしてください。

④純正オプションがあればアピールすること

査定金額を大きく左右するものの一つに、装備があります。

純正オプションがついているのであれば、プラス査定になるかもしれません。衝突回避ブレーキシステムなどの安全装備や、純正のカーナビなどが該当します。

また、本革シートなど高級感の出るオプションをつけていても、査定では高く評価されることが多いです。

純正オプション(メーカーオプション)は、後付けができないので高く評価されます。

査定士が気づかない恐れもありますので、純正オプションをつけているのであれば査定時に積極的にアピールしましょう。

購入時についてきたものがフルセットで残っているのであれば、査定時に提出してください。スペアキーや取扱説明書などが残っていると、プラス査定になる可能性があります。

⑤小さな傷なら自分で消す

マイナス査定になってしまうものとして大きいのが、傷やへこみです。どこかにぶつかった記憶がなくても、走行中に小石を跳ね上げてボディを傷つけることもあります。

もし小さな傷であれば、市販のコンパウンドを使って消しておくといいでしょう。マイナス査定を帳消しにできますし、市販のものであればそれほど高くありません。

ただし、大きな傷で市販のものではカバーしきれない場合は、そのまま査定に出してください。工場に行って直す方法もありますが、修理費がかかってしまいます。

傷やへこみを直せばプラス査定にはなりますが、修理費用が査定金額よりも高くなるので、結局損をしてしまうかもしれません。

まとめ

①ディーラー名義の車はそのまま売ることはできない
②所有権解除の手続きが必要
③所有権解除してもらうにはローン完済が前提
④車を売ってもローン完済できない場合には組み直しも考えよう
⑤手続きはディーラーが代行してくれる場合が多い
⑥少しでも高く売れるように査定前に準備をしておこう
※本記事は公開時点の情報のため最新と異なる場合があります。
カータル編集部
カータル編集部
この記事は中古車の売却、査定などについての知識が豊富な私たちが執筆しています。車を少しでも高く売るコツや必要な書類、手続きに関する疑問や質問にお答えしています。

関連記事

  1. 車を売却したあとにクーリングオフはできるの? 契約をキャンセルするためのポイントや注意点を紹介
    車を売却したあとにクーリングオフはできるの? 契約をキャンセルす…
  2. 車を売却する際に整備記録は必要?
    車を売却する際に整備記録は必要?
  3. 県外ナンバーの車でも売却できるの?売却方法や必要書類について
    県外ナンバーの車でも売却できるの?売却方法や必要書類について
    車の売却で住民票が必要なケースはどんな時?手続き方法と注意点につ…
  4. 車の売却で軽自動車税は戻ってくる?おすすめの売却時期なども詳しく解説!
    車の売却で軽自動車税は戻ってくる?おすすめの売却時期と合わせて解…
  5. 車を売却する時はドライブレコーダーは外したほうがいい?個別で売却する手順など得する方法を教えます!
    車を売却する時はドライブレコーダーは外したほうがいい?個別で売却…
  6. 持ち主が死亡した車を売却するには?手続きの流れと必要な書類について
    持ち主が死亡した車を売却するには?手続きの流れと必要な書類につい…
  7. 車売却の前におさえておきたいカーナビの初期化方法を解説!
    車売却の前におさえておきたいカーナビの初期化方法
PAGE TOP