車の売却についての疑問

車を売却したいけどローンが残っているときはどうするの?確認すべき内容と売却方法

まだ車のローンが残っているけど、売却したいと考えている人もいるでしょう。

しかし、ローンが残っていても車を売却することってできるのでしょうか?

そんな疑問を解決するために、今回は車の売却時にローンが残っていたら、どういった対応をするべきかについて説明します。

ローンが残っている車は売却できる?

ローンが残っている車は売却できる?
現在所有している車のローンが残っているような場合でも、車を売却することは可能です。

ただし、車は法律で所有権の保持者が定められています。

所有権とは、特定の物を自由に使用したり売却したりできる権利のこと。車を売却するためには車の所有権が自分自身でなければいけません。

もし、所有している車の名義がローン会社やディーラーになっている場合は、名義を自分に移してから売却の手続きを行う必要があります。

売却の手続きを始める前に、まずは車の名義が誰になっているかを確認するようにしましょう。

売却してもローンが無くなるわけではない

ローンが残っている車でも名義が自分自身にあるのであれば、自由に売却できるということがわかりました。しかし、車を売却したからといって、残っているローンそのものが消滅するというわけではないので注意が必要です。

そもそもローンとは、車の購入代金を指定した回数に分割して支払っているだけです。車を現金で一括購入する場合と同様に、全額支払わなければならないという義務があります。

そのため、車を売却したその費用でローンの残債をまかないきれない場合は、車が手元になくても、ローンを支払い続けなければなりません。

ローンが残っている車を売却する方法

売却しようとしている車が自分や家族名義のものであれば、手続きはそこまで難しいものではありません。

一方で、ローン会社やディーラーに車の所有権がある場合には、事前に用意する書類や手続きなどが多くなってしまうため、少し複雑です。

続いては、ローンが残っている車を売却する方法を確認しておきましょう。具体的にどんなところに注意して売却を進めればいいのか、詳しく紹介していきます。

売却時の参考にしてみてくださいね。

まずは車検証で車の所有者を確認する

まずは車検証で車の所有者を確認する
車を売却する前に、まずは自動車検査証(以下:車検証)を確認してください。

車検証には「所有者」以外にも「使用者」が記載されています。どちらも同じような意味を持つと捉えられてしまいがちですが、この2つには明確な違いがあります。

所有者

車を所有している人のこと。
自動車税を支払う義務があり、車の売却や廃車手続きができる。

使用者

車を管理する責任がある人のこと。
万が一事故を起こした場合には、その車の管理責任者である使用者に連絡や請求がいくことになっている。

「所有者」と「使用者」の違いがわかったところで、車検証の「所有者」の欄を確認してみましょう。この欄には、売却しようとしている本人かそのご家族、もしくはローン会社やディーラーのどちらかの名義が記載されているはずです。

所有者が自分や家族の場合

車検証の所有者欄に自分の名前や住所などの情報が記載されている場合、車の所有権は自分にあるということなので、自由に売却することができます。

とはいえ、売却時にはいくつか必要となる書類があります。事前に準備しておくことが大切です。

普通自動車を売却する場合の必要書類
  • 車検証
  • 自賠責保険証
  • 自動車税納税書
  • リサイクル券
  • 実印
  • 印鑑登録証明書
軽自動車を売却する場合の必要書類
  • 車検証
  • 自賠責保険証
  • 自動車納税証明書
  • リサイクル券
  • 認印

また、所有者が家族になっている場合は、その家族の同意を得ていれば特に名義変更などの手続きをしなくても問題なく売却することが可能です。

ただし、この場合は所有者となる家族の「委任状」と「印鑑証明書」などを提出する必要があります。

紹介した書類を準備しておかないと車を売却できないので、忘れずに準備しておきましょう。

銀行系のマイカーローンで購入している場合は?

車を購入するときに、銀行系のマイカーローンを使ったという人もいるのではないでしょうか。この場合は、銀行からお金を借りた上で車を一括で購入していることになっています。

つまり、車の所有権は銀行ではなく、自分本人にあるということ。そのため、車を売却することが可能です。

ただし銀行によっては、マイカーローンの規約にローン返済中の車の売却を制限する内容の条項を入れているところもあります。この場合、車を勝手に売却することができません。

万が一、マイカーローンの返済中に車を売却する予定があるのであれば、事前に銀行と相談しておく必要があるでしょう。話し合いの結果次第で、売却の合意が取れた場合には売却できる可能性があります。

所有者がローン会社やディーラーの場合

車検証の所有者の欄を確認したとき、自分や家族ではなくローン会社やディーラーの名前が記載されている場合は、車の所有権はローン会社やディーラーにあるということになります。

つまり、今持っている車を担保にして、ローン会社などからお金を借りている状態なので、勝手に売却することはできません。

他人名義の車を売却することはできませんから、自分の名義に変えるための変更手続きを行う必要があります。ここで重要なのは、車を自分の名義にするためには、今現在残っている車のローンをすべて完済しなければならないということです。

ローンを完済することができれば、名義を自分に移したのち車を売却できるようになります。

売却金額と残りのローンのどちらが高いか確認する

売却金額と残りのローンのどちらが高いか確認する
ローンの残債が残っている車の売却は、ローンの残っていない車の売却と比較して手続きが多くなります。

そのため、車の売却を行う前に、まずはローンの残債を確認しておきましょう。

ローンの残債は、ローン会社から送られてくる明細を見る、もしくはローン会社に直接問い合わせることで確認できます。

残債の確認が済んだら、売却したい車がいくらで売れるのかの見積もりを中古車買取業者に依頼しましょう。

あわせて、ローンの残債と売却可能額を比較し、売却額で一括返済することができるのかローンの残債が残ってしまうのかどうかも確かめておきます。

続いては、残りのローンよりも売却額が高い場合と低い場合で何が違うのかを確認しておきましょう。

残りのローンよりも売却額が高い場合

中古車買取業者に依頼した車の売却見積もりの金額がローンの残債よりも高い場合、売却をする際の手続きは簡単です。それは、売却金額でローンの一括返済ができるからです。

前述したとおり、ローンが残っている車でもローンの返済が完了すれば車の所有者の名義変更ができようになります。

まず、中古車買取業者から売却金額を受け取ります。そのお金でローンを一括精算した上で、車の所有者の名義を自分に変更。そして車を引き渡すといった流れになります。

この際、名義変更などに必要な手続きや書類の作成は、中古車買取業者が代行してくれるところがほとんどなので、あまり心配する必要はないでしょう。

残りのローンよりも売却額が低い場合

中古車買取業者に依頼した売却見積もりの金額がローンの残債よりも低い場合は、よく考えてから車の売却を行う必要があります。

まず中古車買取業者の見積もりで出してもらった車の売却金額すべてを、ローンの返済に充てましょう。

それでもまだローンの残債が残っている状態なので、この時点ではまだ所有権を自分に移すことはできません。もちろん車を売却することも不可能です。

そのため、残りは現金で支払ってしまうか、もしくは新たに別のキャッシングやカードローンなどを組んで完済させる必要があります。

ただしキャッシングやカードローンなど、はカーローンと比較して金利が高く設定されています。トータルの返済額が増えてしまうので、あまりおすすめはできません。

また、売却と同時に新しい車に買い替える予定なのであれば、売却した車のローンを新しいローンに組み込んで返済するといった方法での対応も可能です。

いずれにしても出費は増えてしまうことになるので、金額によっては売却自体を考え直した方がいい場合もあります。

返済方法が決まったら車の名義を変更する

返済方法が決まったら車の名義を変更する
売却した車の残りのローンを無事に完済できたら、一般的に「所有権解除」と呼ばれている名義変更の手続きを行いましょう。

「所有権解除」は、中古車買取業者やディーラーなどの代行業者に依頼をする場合と、自分自身で名義変更を行う場合があります。

両者で必要となる書類が異なるため注意しましょう。

代行業者に依頼して名義変更する場合は、以下の書類が必要です。

  • 旧所有者の実印の押印がある譲渡証明書
  • 旧所有者と新所有者それぞれの印鑑証明書
  • 旧所有者と新所有者それぞれの委任状
  • 車検証
  • 新使用者の車庫証明書

これらの書類を提出する際は、同一の実印が押印されているかどうか、車検が切れていないかなど記入漏れや不備がないかをしっかりと確認してから提出しましょう。

また、印鑑証明書は発行から3か月以内、車庫証明書は発行から1か月以内のものでなければならないと決められています。発行日の日付についても事前に確認しておきましょう。

基本的にこれらの手続きは業者が行ってくれるものなので、その業者の指示に従って書類の準備をすれば、問題なく進めることができます。

名義変更は自分で手続きできる?

あまり多いケースではありませんが、万が一車の名義変更の手続きを自分自身で行うということもあるでしょう。

その場合には、先ほど紹介した譲渡証明書や印鑑証明書、車検証などの必要書類以外にも以下の書類が必要です。

  • 手数料納付書
  • 自動車税申告書
  • 申請書(第1号様式)

この手続きを新所有者と旧所有者本人が行うという場合は、委任状の提出は省略ができます。ただし、代わりに実印を持参する必要があることを覚えておきましょう。

名義変更に費用はかかるの?

車の名義変更を行うには、「移転登録手数料」や「車庫証明書の取得費用」「ナンバープレート代」がかかります。

また、取得した車の年式、新車当時の価格によって金額が異なる自動車取得税の支払いが別途必要となります。

まず、移転登録手数料として陸運支局で名義変更を行う際に500円が必要です。

さらに車庫証明書の申請時および発行時に2,500円~3,000円程度が必要となります。ただし、こちらの費用は都道府県によって手数料が若干変動するので、事前に確認しておくのがおすすめです。

ナンバープレート代は現在付いているナンバーが変わる場合に、1,500円程度がかかります。自分の希望する番号を選ぶ希望ナンバーであれば、3,900円~5,600円程度必要です。

上記で紹介した名義変更時にかかる費用は、あくまでも目安となりますので、事前に確認しておいたほうがよいでしょう。

事務費用以外にもかかる費用がある

名義変更の手続きには、先ほど挙げた書類の提出や手数料以外にも、自動車税環境性能割を収める必要があります。

自動車税環境性能割とは?
車を売買した人に対して課税される税金のことです。

新車で購入した場合と中古車で購入した場合も自動車税環境性能割の税率は同じですが、取得価額を算出する方法は新車と中古車で異なります。

また中古車でも、高年式の場合と新車登録から年数が経過している場合で車の価値を算出する掛け率が異なるということを覚えておきましょう。

ローンが残っている車を高く売却するには?

ローンが残っている車を高く売却するには?
ローンの残債が残っている車を売却する際は、少しでも高い金額で売却できたほうがよいでしょう。

次の車を購入する資金にするためにも、残りのローンをなるべく低くして、売却を予定している車をできるだけ高く査定してもらう必要があります。

では、車を少しでも高く売却する方法はあるのでしょうか?

続いては、車を高く売るためのコツをいくつか紹介します。車を少しでも高く買い取ってもらいたいと考えている人は、参考にしてみてくださいね。

装備・カラー・グレードによっては高額になる可能性も!

売却しようとしている車にオプション装備がついているのであれば、買取査定をしてもらう際に一緒に査定してもらいましょう。

オプションには、カーナビやバックモニター、レザーシート、自動ブレーキシステム(安全装備)、アルミホイールなど、さまざまなものがあります。

その中でも特に、その車専用に作られているメーカー純正のオプションはかなり高い査定に繋がる可能性があります。なぜなら、メーカー純正のオプションは後付けできないことが多いためです。

ディーラーオプションやメーカーオプションは新車時にしか取り付けできないものが多く、最初から取り付けられている車は希少価値が上がる可能性があります。

他にも、ボディカラーであれば、ホワイトやブラック、パールホワイトなどのカラーは、年齢や性別を問わず幅広いユーザーに人気です。

このような飽きがこないカラーリングは中古車市場でも人気のため、高く買い取ってもらえる可能性があります。

また、販売台数の少ない限定車などのグレードは希少価値が高いので、高額査定が付くかもしれません。

売却する時期

売却する時期も考えることが大切です。実は車には、「売れやすい時期」と「売れにくい時期」があります。

中古車市場が最も活発になる時期といわれているのは、新生活準備期間である「1月~3月」、もしくは中古車販売会社の中間決算である「9月~10月頃」。この時期はボーナスや会社の決算期と重なりやすいので、車の需要も上がりやすい傾向にあります。

1年の中でも、特にこれらの時期は車がよく売れる傾向にあるので、中古車買取業者は十分な在庫量を確保する必要があるのです。そのため、買取の際に多少高い価格をつけてでも積極的に車を買い取ろうとしています。

つまり、この売れやすい時期を狙って車の売却を行うと、上記以外の時期に売却するよりも高い金額での売却が見込めるでしょう。

同じ車種、同じモデル、同じ走行距離の車を売った場合でも、売却時期によっては数万円以上も価格差が出てくることもあるようです。

少しでも高く売りたいのならば1月~3月、9月~10月あたりに売却するのがおすすめです。

複数の業者に見積りを依頼する

複数の業者に見積りを依頼する
車の売却は、売却する車種や中古車買取業者によって査定額が異なります。そのため、少しでも高い査定額を引き出すためには、1社だけにお願いするのではなく、複数の中古車買取業者に見積もりを出してもらった方がよいでしょう。

最低でも2~3社から見積もりを取った上で、査定額や査定内容を比較して条件に合う中古車買取業者を選ぶことをおすすめします。

実際に複数の見積もり査定額を比較すると、10万円以上の価格差が出ることもあるのだとか。このことからも、やはり複数の中古車買取業者にお願いした方がよいでしょう。

ただし、見積もりを依頼するには、それぞれの中古車買取業者に個別に連絡しなければなりません。

そんなときに手間を省く方法として、一度に複数の中古車買取業者へ査定を依頼できる「一括査定サービス」があります。

このサービスを利用すれば、複数社に一括で査定してもらうことが可能です。そうすることで、どこの中古車買取業者が一番高く買い取ってくれるという情報が簡単にわかり、一番高く買い取ってもらえるところに依頼することができます。

まとめ

ローンの残債が残っている車でも、売却することは可能です。

ただし、ローンの残債が残っている状態では名義変更を行うことができません。そのため、売却する前に車の所有者が誰なのか、ローンの残債よりも売却金が高いのか低いのかを確認しておきましょう。

売却金額次第では、ローンの残債を一括精算することが可能となり、その後すぐ名義変更手続きに移ることができます。

ただ、ローンが残っている車を売却しても、ローンの金額の方が多くなってしまうケースが多いため、車を少しでも高く買い取ってくれる中古車買取業者を探すことが大切です。

査定額を比較するためにも、最低2~3社から見積もりを取ることをおすすめします。

中古車買取業者によっては在庫車の確保に力を入れているところもあるので、相場以上の買取金額が提示される可能性があります。

売却を検討している方は一括査定サービスを利用して、ご自身の車がどれくらいの価値があるものなのかを確認してみてくださいね。

※本記事は公開時点の情報のため最新と異なる場合があります。
カータル編集部
カータル編集部
この記事は中古車の売却、査定などについての知識が豊富な私たちが執筆しています。車を少しでも高く売るコツや必要な書類、手続きに関する疑問や質問にお答えしています。

関連記事

  1. 車売却の前にディーラー車検を受けるべきかどうかについて解説!
    車売却の前にディーラー車検を受けるべきかどうかについて
  2. 車の売却で委任状が必要なのはどんなとき?売却以外でも必要なケースはある?
    車の売却で委任状が必要なのはどんなとき?売却以外でも必要なケース…
  3. 持ち主が死亡した車を売却するには?手続きの流れと必要な書類について
    持ち主が死亡した車を売却するには?手続きの流れと必要な書類につい…
  4. 車を売却する時にナンバープレートは外さないほうがいい?査定額に影響するの?
    車を売却する時にナンバープレートは外さないほうがいい?査定額に影…
  5. 故障した車でも売却できるって本当?故障車の売却のコツ教えます!
    故障した車でも売却できるって本当?故障車の売却のコツ教えます
  6. 車を売却するにあたってディーラーへの連絡は必要?その理由について解説
    車を売却するにあたってディーラーへの連絡は必要?その理由について…
  7. 法人の所有車も売却できる!売却時に必要な書類を知っておこう!
    法人の所有車も売却できる!売却時に必要な書類を知っておこう
  8. 車を売却するのにベストな時期とは?
    車を売却するのにベストな時期とは?
PAGE TOP