車の売却についての疑問

車の傷やへこみは売却に影響する?査定基準を知ってお得に売却する方法

車を売却しようと考えた時、自分の所有する車に傷やへこみがある場合は査定する時にマイナスになってしまうと考えるかもしれません。

確かに傷やへこみが無く、きれいな状態であれば査定額にもプラスの要因になることは事実です。しかし、傷やへこみがあっても、程度によっては減点されないこともあります。

車の査定は、査定基準を全国の業者が利用しているため、それを目安にしておくと売却にも役立つでしょう。

今回は、車に傷やへこみがある場合に売却するときの影響と、査定基準について詳しく解説していきます。

傷やへこみがあると車の査定額に影響するのか

傷やへこみがあると車の査定額に影響するのか
車を売却する時に気になるのが、傷やへこみです。中古車を購入する際にも、その点についてはチェックするポイントになります。

車のボディに傷やへこみがあれば、きれいな状態と比較するとマイナス査定になる要素です。それは、傷やへこみの程度にもよるので、面積や深さによって異なります。

そのことを考えると、ほとんど目立たない傷や小さなへこみはそれほど査定に影響しないと言えます。

つまり、傷やへこみがあるからといって、一律にマイナス査定になることはないので、査定基準を知っておくと良いでしょう。

中古車の査定は減点方式になっている

中古車の査定基準はどのようになっているか、詳しくお伝えします。

中古車の買取査定の基準は「一般法人 日本自動車査定協会(JAAI)」がガイドラインを定めており、中古車買取業者はそのガイドラインを基にして査定を行っています。

基本的に査定基準は全国共通になっていますので、どこの地域で査定をしたとしても基準は変わりません。

ガイドラインは日本自動車査定協会のホームページに掲載されていますが、かなりの情報量なので、一般の方が読むには難度が高いでしょう。

これから、査定基準について説明していきます。

傷の深さと大きさによる減点と減額の目安は?

傷の深さと大きさによる減点と減額の目安は?
車の傷については、以下のような基準が設けられています。

傷の箇所に関わらず、傷の大きさがポイントになります。

  • 10点・・・1cm四方以上から、カードサイズ程度
  • 20点・・・カードサイズ以上から、A4サイズ程度
  • 30点・・・A4サイズ以上、各パネルの半分より狭い状態

傷が各パネルの半分以上の時には要交換になり、交換費用相当の減点です。

傷がごく浅いもので研磨剤で消すことができる状態であれば、減点対象にならないこともあります。

ちなみに1点あたり1,000円位で換算されます。減点10点だと、10,000円程減額されるということです。

爪が引っ掛からないうすい傷

1cm未満の薄い傷については減点にはなりません。なぜなら、簡単に修理ができるからです。

しかし、傷の数が複数あり手間がかかると判断されると、減点になることもあります。また、薄い傷以外の減点対象になる要素が含まれる時は、減点になります。

プロの査定士が実際に見た時に、薄い傷であっても簡単に修理ができないと判断されれば、減点対象になる箇所も出てくるかもしれません。

再塗装で解決できる傷

傷は1㎝以上になってくると査定の減点対象になりますが、傷の大きさによって減点基準は定められています。

減点基準については車種によっても異なりますが、ここでは一般的な乗用車の基準を紹介します。

以下、再塗装をする時、JAAI基準の減点です。

  • 10点・・・1cm以上~9㎝未満(カードサイズ以下)の場合は傷の箇所に関わらない
  • 10点~20点・・・9㎝以上~30cm未満(A4サイズ以下)の場合
  • 15点~40点・・・30cm以上(A4サイズ以上)の場合

点数に差があるのは、傷のある箇所によって再塗装する手間が変わってしまうからです。特にルーフ(車の屋根部分)に30cm以上の傷があると、減点40点の基準になっています。

実際は車を見ている査定士の判断になりますので、上記の点数は目安程度に見てください。

板金や修理が必要な傷

再塗装では解決することが難しい場合には、板金や修理が必要になります。その判断をされた時は、大きく減点されてしまいます。

詳細については以下の通りです。

  • 15点・・・1㎝以上~9㎝未満(カードサイズ以下)の場合は傷の箇所に関わらない
  • 15点~50点・・・9㎝以上~30cm未満(A4サイズ以下)の場合
  • 20点~80点・・・30cm以上(A4サイズ以上)の場合

ボンネットやドア、リヤフェンダ、サイドシルは30cm以上になると減点50点になり、ルーフは80点の大幅減点になります。

このように車の傷の箇所で減点基準も異なってきますので、目安として覚えておくと良いでしょう。

へこみの程度による減点と減額の目安は?

へこみの程度による減点と減額の目安は?
次はへこみについてです。へこみがある場合には、車の傷と同様に大きさによって減点基準があります。

へこみは塗装だけでは対応することが困難なため、減点基準についても板金や修理、交換として査定されます。そのため、傷と比較すると、へこみに関しては減点されることが大きくなるでしょう。

それでは、大きさに応じてどのような減点基準か、目安を解説していきます。

かなり小さなへこみ

かなり小さなへこみとは、四方1cm〜カードサイズ程度のことで、どこの箇所であっても減点10点になります。

この程度のものであっても、10,000円位は査定額が下げられてしまうということです。

へこみが傷と違う点は、傷はある程度簡単に修理を施すことも可能ですが、へこみを元通りにするのは簡単ではありません。そのため、修理する箇所が増えると査定にも大きく響いてしまうことになります。

小さなへこみ

小さなへこみは、カードサイズ〜A4サイズ程度で減点15点〜50点になり、箇所によって大きな差があります。

車のボディ箇所の減点については、以下を参考にしてください。

  • 15点・・・ラジエータコアサポート・リヤエンドパネル・ピラー
  • 30点・・・フロントドア・リヤドア・リヤフェンダ・トランクフード・バックドア・ボディサイドシル・ボンネット・フロントフェンダ
  • 50点・・・ルーフ

このように減点の値は、ボディ箇所に応じて細分化されているのが実情です。

大きなへこみ

大きなへこみはA4サイズ〜各バーツパネルが半分程度で、20点〜80点の減点です。先程と同様、箇所によって減点も変わってきます。

各箇所の減点については、以下を参考にしてください。

  • 20点・・・ラジエータコアサポート、リヤエンドパネル、ピラー
  • 50点・・・フロントドア・リヤドア・リヤフェンダ・トランクフード・バックドア・ボディサイドシル・ボンネット・フロントフェンダ
  • 80点・・・ルーフ

フロントドアに大きなへこみを作ってしまうと、50,000円程は査定で減額されてしまうことになります。

要交換の必要があるへこみ

各パーツパネルが半分以上へこんでいる場合は、交換の必要があると判断されます。その時は、65点〜180点の減点です。

これも箇所によって大きな開きがあります。各箇所の減点については、以下を参考にしてください。

  • 65点・・・フロントフェンダ・トランクフード・リヤエンドパネル
  • 70点・・・ボンネット
  • 75点・・・リヤドア
  • 80点・・・フロントドア(4ドア)・ボディサイドシル
  • 85点・・・フロントドア(2ドア)
  • 95点・・・バックドア
  • 130点・・・リヤフェンダ(4ドア)
  • 140点・・・ルーフ(乗用車)
  • 150点・・・リヤフェンダ(2ドア)
  • 180点・・・ルーフ(ワゴン、バン、オフロードタイプ)

傷やへこみは、大きさと車の箇所によって減点幅も変わってきます。売却する前に、自分の所有している車を調べておくと査定の時の目安になるでしょう。

なぜ修復歴のある車は大幅に減額されるのか

なぜ修復歴のある車は大幅に減額されるのか
傷やへこみがどの程度かは、その車の状況においても異なります。しかし、修復歴のある車を売却する時には、査定に大きく影響があることを知っておくことが必要です。

修復歴にはどの部分を修理したかによって、修復歴あり・なしの区分をします。

次からは、査定に影響のある修復歴のある車についての概要について、詳しく解説していきます。

修復歴とは?

修復歴は、自動車の骨格部分を修理した車のことをいいます。車の骨格部分を修理することは、車を走行する際の安全性にも関わってきます。

具体的に骨格部分とは、以下の箇所になります。

  • フレーム
  • インサイドパネル
  • ピラー
  • クロスメンバー
  • ダッシュパネル
  • ルーフパネル
  • フロア
  • トランクフロア

この8つの部分以外の修理または部品交換は、「修復歴なし」として判断されます。具体的には、バンパーやフロントドアを修理・部品交換しても問題ありません。

車本来の走行性能に影響が及ぶ可能性がある箇所については、修復歴を残すことで安全への考慮を踏まえていると言えます。

また、修復歴のある車を事故車として捉えていることもありますが、事故車だからといって査定額が下がるかというと、必ずしもそうでありません。

交通事故や自然災害に遭ったため、骨格部分の修理をしたという場合も多いでしょう。しかし、軽微な物損事故であれば、骨格部分まで影響を受けないこともあります。

こういった時は、事故車だが修復歴がある車ではない、ということになります。

復歴があると査定金額を下げられる理由

復歴があると査定金額を下げられる理由
修復歴があると、車の査定価格を下げられる可能性が高いです。理由としては、査定基準に明記されていることが挙げられます。

日本自動車査定協会(JAAI)の査定基準の中で、自動車の骨格等に修復歴がある時は、査定価格を引き下げることが明記されています。

現在の板金技術は進歩しています。骨格が仮に歪んでいても一見では修理をしていない状態の仕上がりまで作り出すことが可能です。

しかし、骨格そのものが歪んでいると、元通りに修理をした状態であっても通常通りの走行が難しい可能性があります。

まっすぐ走行している状態であっても、左右にずれて走ってしまうこともあるかもしれません。

車の基本的な性能に問題があるのであれば、買取業者としても車を引き取れない状況です。そのため、買い取りを断られたり、買い取ってもらえたとしても査定額を大幅に引き下げられる状態になったりすることは知っておきましょう。

修復歴は事前に伝えておくことが必要

修復歴があると査定の大幅な引き下げを受けることになります。そのため、修復歴について言わない方が良いのではと思う方もいるでしょう。

しかし、それは良い方法とは言えません。

先程もお伝えした通り、板金技術の進歩は素晴らしいところですが、修復歴の有無については専門の査定士に見てもらえれば、痕跡で分かります。

もし、依頼した方がそのことを伝えないでいると、依頼主の信用度が低下します。そのことで買い取ってもらえなかったり、査定をしてもらえたとしても査定に関わる詳細も厳しい目で見られたりする可能性もあります。

査定はプロが行いますので、もし事故などで修理をしていて修復歴がある場合は、事前にしっかり伝えておくことが重要です。

傷やへこみのある車を売却する際の注意点

傷やへこみのある車を売却する際の注意点
傷やへこみがある車を売却する時に、注意すべき点はどういったことなのか気になるかもしれません。

少しでも査定金額を上げるためにも、減点をなるべく抑えたいところです。そのため、手直しをしたくなるかもしれませんが、手直ししてもいいのでしょうか?

次からは、売却する時のポイントについて詳しく解説していきます。

ボディの傷やへこみは直さずに売却する

傷やへこみがない状態であれば、減点されることがないので高い査定価格にはなります。

しかし、修理を事前に業者に依頼した場合には、もちろん費用を負担することになるでしょう。

修理を行うことで査定の減点はなくなりますが、修繕費がかかるので、費用の比較をした時に修理をした方が費用面で高くなってしまいます。

結果として、そのまま直さずに売却するのが得になるかもしれません。

例えば、JAAIの査定基準でカードサイズの傷は減点10点です。1点で1,000円程ですので、10点は10,000円程減額されます。

再塗装をした場合には、技術料も加味すると、一般的に15,000円程はかかってしまうので、5,000円ぐらいは余計にかかってしまうことになります。

事前に直すことで査定の減点は回避できますが、それ以上に修理費用がかかるのであれば、そのまま売却するのがベストだと言えるでしょう。

修理の際、できるだけ交換はしない

傷やへこみを修理したとしても、車買取業者は査定で大きく評価することはありません。なぜならば、買取業者は安い修理コストで直せるようにしているからです。

買取業者の中でも、修理・整備工場を自社で所持していたり、提携していたりするところもあります。その場合、一般のユーザーよりも安いコストで修理が可能となります。

しかも、本来は板金塗装で直せるものであっても、パネルごと交換されるかもしれません。そうなると、交換していることになるため減点査定になることも有り得ます。

さらに、先程お伝えした通り、交換する部品によっては修復歴がついてしまうことも考えられます。

車の状況にもよりますが、売却を考えた時に無理に修理や交換をすることはリスクになることも、知っておくと良いでしょう。

自分で安易に直さないのが無難

自分で安易に直さないのが無難
傷やへこみを自分で直すこともできますが、売却前提で考えるとおすすめできません。

実際、修理のプロは最低限の修理範囲で直してくれます。しかし、自分で直してしまうと、塗装面もさらに広くなってしまい、余計に直す部分が増えてしまう可能性があります。

修理や塗装を行ったことが分かってしまう程度になると減点査定になってしまうので、自分自身で安易に直さないのが得策です。

目利きの良いスタッフに査定を依頼する

査定するにあたり、査定士の技術にも差があることは知っておく必要があります。

経験がある査定士は、傷やへこみの程度に応じてJAAI基準を把握しているので、正確に査定額を出すことが可能です。

しかし、経験が浅い査定士は瞬時に判断するのが難しく、大きな減額査定を行う場合もあるかもしれません。

したがって、キャリアのあるスタッフに依頼することで、高額査定を行ってもらえる可能性は高くなります。

しかし、問題点はどこで探すかです。なかなか見つけることは困難かも知れませんが、複数の買取業者に依頼をすることが重要になります。

特に買取業者同士で競合させることで、査定金額は引き上がる可能性が高くなります。最終的には、一番高い査定額を出してくれたところと売却契約することになるでしょう。

納得いく査定を引き出せるようにしてください。

まとめ

①傷やへこみはマイナス査定になることが多いが、程度にもよる。
②中古車の査定は、一般財団法人 日本自動車査定協会(JAAI)の基準で全国共通で行われている。程度によって減点方式で査定される。
③修復歴のある車は査定金額は大幅に下げられるが、後々のトラブルを避けるためにも事前に伝えておくことが重要。
④売却するポイントとして修理代より査定価格が引き上がることは難しいので、修理せずにそのまま売却したほうが良い◎
⑤査定に熟知したスタッフに依頼することで、適正価格を引き出すことが可能◎
※本記事は公開時点の情報のため最新と異なる場合があります。
カータル編集部
カータル編集部
この記事は中古車の売却、査定などについての知識が豊富な私たちが執筆しています。車を少しでも高く売るコツや必要な書類、手続きに関する疑問や質問にお答えしています。

関連記事

  1. 車の売却で軽自動車税は戻ってくる?おすすめの売却時期なども詳しく解説!
    車の売却で軽自動車税は戻ってくる?おすすめの売却時期と合わせて解…
  2. 車の売却時にリサイクル料金は返金されるの?詳しい仕組みを知ろう!
    車の売却時にリサイクル料金は返金されるの?詳しい仕組みを知ろう!…
  3. 車を売却するには何日前から準備をすればいい?売却手順と必要日数を大公開!
    車を売却するには何日前から準備をすればいい?売却手順と必要日数に…
  4. 車を売却したいけどローンが残っているときはどうするの?確認すべき内容と売却方法をご紹介
    車を売却したいけどローンが残っているときはどうするの?確認すべき…
  5. 車の売却時に合鍵がない時はどうする?合鍵をなくした時の対応の仕方などを詳しく解説!
    車の売却時に合鍵がない時はどうする?合鍵をなくした時の対応の仕方…
  6. 車の売却時にスタッドレスタイヤを装着したままでいい?査定への影響を検証
    車の売却時にスタッドレスタイヤを装着したままでいい?査定への影響…
  7. 車を売却する時にナンバープレートは外さないほうがいい?査定額に影響するの?
    車を売却する時にナンバープレートは外さないほうがいい?査定額に影…
  8. 車を売却するときに押さえておきたい中断証明書について解説
    車を売却するときに押さえておきたい中断証明書について
PAGE TOP

あなたの愛車はいくら?