車の査定についての疑問

ツートンカラーの車は買取り査定で高値がつく?

3分でわかる!記事のまとめ動画

2色のカラーをボディに塗装したツートンカラーの車は、おしゃれで高級なイメージを持っている方も多いでしょう。

このツートンカラーの車を中古車として買い取ってもらう際は、1色を塗装した一般的な車と比べて査定額がどう変わるのか気になるところです。

そこで、ツートンカラーの車の特徴や中古車としての価値などを詳しく解説していきます。

また、ボディカラーが原因で査定額が下がってしまった場合、少しでも高く売るための対策なども紹介します。

車のボディカラーによって買取り査定額が変わる

中古車の買取価格は、様々な要素により決まります。例えば、車種・年式・走行距離などですが、その中でもボディカラーは重要な要素の一つです。

車のカラーバリエーションは豊富ですが、自分が気に入っているカラーと中古車市場での需要が高いカラーは異なるかもしれません。

車種や年式などの条件が同じ車であっても、ボディカラーが違うだけで買取り査定額に大きな差が生じる場合もあります。

できれば査定額の減額は避けたいと思っている方は、どんなボディカラーが高く売れるのか知っておきましょう。

ツートンカラー車とは?

ツートンカラー車とは?
車のボディは、通常1色を全体に塗装しています。しかし、ボディに2色を使用する車がツートンカラー車です。

元からツートンカラーを売りとしている車種もあります。しかし、本来は1色ですが、オプションとしてツートンカラーを選べるという車種もあります。

通常は1色のところ2色を使うことで、車の見た目もかなり違ってくる場合が多いでしょう。さらに、どの色を組み合わせるか、2色を車のどの部分に配色するかによっても車の印象はがらりと変わります。

特に車の見た目にこだわる方にとって、ツートンカラーの人気が高まりつつあります。

ツートンカラー車のメリット

車の配色をツートンカラーにすると、車種ごとのボディカラーから好みの色を組み合わせることができます。色を選べる楽しさが、メリットの一つです。

配色のバリエーションが豊富な車種の場合、いくつもの組み合わせがあります。配色によってはスタイリッシュ、もしくは可愛らしい印象に仕上がるため、車を運転するのが楽しくなる、気分が弾むという方も多いです。

販売台数が限られている限定色をゲットできれば、特別感が増します。車への愛着も湧いて、より大事に扱えます。

また、ツートンカラーにした上で、アクセサリやエアロパーツなどを加えてカスタマイズすることで、自分だけのオリジナルの車を作ることも可能です。

ツートンカラー車のデメリット

ツートンカラーにすると、2色のボディカラーを塗装することになるので1色よりも時間を要します。そのため、オプション設定になっていると費用が余計にかかるという難点があります。

配色部位にこだわるなど別にオーダーを出せば、別途料金が発生する可能性もあるでしょう。

また、配色カラーの組み合わせも意外と難しいものです。メリハリのある原色に近い色の組み合わせは、目立つ個性的なデザインなのでおしゃれに見えます。ただし、長期間使っていると飽きてしまうかもしれません。

ツートンカラーでも査定額が高い車と低い車がある

ツートンカラーでも査定額が高い車と低い車がある
ツートンカラーの車は、塗装に費用がかかるので単色よりも高くなります。そのため、中古車として売り出す場合、査定額が単色の車よりも高くなると思われがちです。

しかし、必ずしもそうとは限りません。ツートンカラーの車の査定額は、単色よりも高い場合もあれば低い場合もあるのが実情です。

車種によってはツートンカラーが人気の車もあります。また、ツートンに使われる色にもより、定番色やちょっと抑えめの色なら受け入れやすいので査定額がアップする可能性があります。

逆にビビッドカラーなどの派手な色は遠目にも目立つので敬遠される傾向です。

どういったツートンカラーの車であれば査定額が上がるか、見ていきましょう。

ツートンカラーで査定額が上がる「軽自動車」

最近は軽自動車のツートンカラーは幅広く販売展開されています。軽自動車の個性を最大限に表現するために、ツートンカラーを用いているのです。

販売する際、ターゲットである顧客の好みの合わせた配色を用いています。例えばツートンにビビッドカラーを用いてアクティブな印象を出すことで、若者がレジャーに使いやすい雰囲気を出す軽自動車を販売しているメーカーもあります。

さらに、キュートな外観にマッチしたパステルカラーを用いたツートンカラーの軽自動車を、女性向けに販売している所もあります。

軽自動車は大きさや排気量が決まっているため、ボディのデザインも各メーカーで似たような形になりがちです。しかし、ツートンカラーでオリジナリティを出すことで、各メーカーが差別化を図ることが可能となります。

また、ツートンカラーというと、ボディを上下で完全に2色にするのがメジャーでした。しかし、サイドミラーとボディを2色にするなど、ワンポイントでツートンカラーを配色するというデザインも人気が高まっています。

ツートンカラーの軽自動車は人気が高く、中古車市場でも需要が高まっているので査定額が上がる可能性もあります。

ツートンカラーで査定額が上がる「万人受けしやすいカラー」

ツートンカラーの配色の中でも、万人受けされやすいカラーの組み合わせは人気が高く、査定額アップが狙いやすいでしょう。

例えば柔らかくて優しいイメージがあるパステルカラーでは、ミントグリーン、ピンク、ブルーとホワイトの組み合わせは特に女性人気が高いです。

落ち着いた色調のメタリックブルー、レッド、ブラウン、ブラックとシックなグレーとの組み合わせは、スタイリッシュな印象があるので男性に人気が高い配色になります。

定番色や落ち着いた色合いを上手に組み合わせたツートンカラー車は、おしゃれ度が高く査定額が上がる場合もあります。

ツートンカラーで査定額が上がる「新車での販売が終了している車」

ツートンカラーで人気を博していた新車でも、生産販売が終了することがあります。予め限定色として限定数のみ生産している場合もあるので、そうなると中古車の需要が高まるかもしれません。

「新車でもう購入できない」「乗れない」となると、どうしても欲しい方は、中古車で在庫があるか探します。そして乗りたいという方が多いと競争力も高くなるので、自然に買取額が上がるという傾向になります。

ツートンカラーで査定額が下がる「派手なカラー」

ビビッドなツートンカラー車は、見栄えも良くておしゃれな印象がありますが、派手で遠目からでもよく目立つという特徴もあります。おしゃれだけど派手すぎて好みが分かれてしまうのです。

中古車販売店はできる限り購入者の門戸を広げて販売したい、売れる確率を上げたいと考えています。そのため、好みによって売れるか売れないかを左右する、個性の強い車の買い取りは控える場合もあります。

派手目なツートンカラーの車は、査定額が下がる傾向にあると覚えておきましょう。

査定額が上がりやすい車のボディーカラー・定番色とは?

査定額が上がりやすい車のボディーカラー・定番色とは?
車のボディカラーの中でも、査定額が上がりやすいカラーがあります。それは、定番色と呼ばれる個々の好みに左右されにくい色です。

どんな方にも抵抗なく受け入れられやすく、車に合いやすい、馴染みやすい、という特徴もあります。

定番色の中で特に人気が高いのが、「ホワイト」「ブラック」「シルバー」の3色です。

ホワイトは明るくてさわやかなイメージがあり、年齢や性別を問わず人気があります。

ブラックはシックでスタイリッシュな印象があり、特に男性人気の高い色です。

シルバーは車に馴染みやすく、汚れが目立ちにくいという意味でも人気が高いです。

それぞれのカラーで、光沢感のあるパールやメタリックなどを施したカラーも人気が高まっています。

査定額が下がりやすい車のボディーカラー・好みが分かれる色とは?

査定額が下がりやすい車のボディーカラー・好みが分かれる色とは?
定番色とは逆で、個性が光るような派手めなボディカラーの車は好みが分かれます。

「無難で目立ちにくい車がいい」という方にとっては、遠くからでも自分の車だと分かってしまうようなカラーは敬遠されるでしょう。

例えば、「レッド」「オレンジ」「イエロー」「グリーン」などのビビッドカラーと呼ばれる明るめなカラーです。ただし、ブルーは人気が分かれるので一概には言えないとされています。

派手な色は中古車市場でも需要が少ない場合が多く、査定額が下がる可能性があります。

メーカーや車種によって人気のカラーがある

定番色ではなく、いわゆる派手めな色であっても、自動車メーカーによっては人気が高いボディカラーもあります。また、車種によってはビビッドカラーが人気色になっている場合もあります。

例えば、スバルやホンダといえばブルー、スズキといえばイエロー、マツダはレッドというように、メーカーごとに人気の色があります。

また、軽自動車で車のフォルムが丸みを帯びて可愛らしい雰囲気の車だと、パステルカラーが特に女性に人気があります。

スポーツカーは、レッドやイエローなどの派手めの色がスタイリッシュなボディフォルムにマッチしてかっこよく見えるため、人気が高いです。

人気のないカラーの車を少しでも高く売るには?

人気のないカラーの車を少しでも高く売るには?
ツートンカラーも含め、人気のないボディカラーの車は同じ車種であっても、定番色の車に比べて査定額がダウンする可能性があります。

そこで、ボディカラーというマイナス要素をカバーし、少しでも査定額を上げる工夫をしてみましょう。

例えば、ディーラーによる下取りではなく中古車買取店で買い取ってもらうほうが、査定価格が高くなる可能性があります。

走行距離が少ないほど高く売れるので、5万キロや10万キロなどの大台に乗る前に売ってしまうこともおすすめです。

また、中古車の需要が高まるタイミングに売る、海外に販路を持つ業者を探すといった手も有効的です。

ここからは、人気のないカラーの車を少しでも高く売る方法を7つ紹介していきます。

①下取りよりも買い取りを選ぶ

下取りは、主に車のディーラーが乗り換えのために新車を購入するお客さんを対象にして行います。そのため、新車の購入額から下取り額が差し引かれます。ディーラーは新車を販売することを目的としているため、下取り価格はあまり期待できないのが一般的です。

一方買い取りは、中古車販売店が中古車として売り出すために買い受けることなります。業者同士の価格競争が繰り広げられるでしょう。特に人気車種の在庫は確保したいため、査定額が上がる可能性があります。

②走行距離が短いほうが高く売れる

一般的に中古車は、走行距離が短いほど査定額は上がりやすいと言われています。

走行距離が長い車はその分エンジンを酷使していることになります。エンジンやブレーキなどの車の主要部分が劣化、消耗していることになるため中古車市場では敬遠されることが多いです。

車種や年式などが同じ条件の車でも、走行距離が「3万キロ」「5万キロ」「10万キロ」をそれぞれ超えると査定額に差が生じると言われています。この目安となる走行距離を超える前に買い取りに出すほうがお得です。

③需要が高まるタイミングを狙う

1年のうち需要が高まるタイミングを狙って売却すると、査定額が上がりやすいと言われています。

4月からの就職や進学などで新しい生活を始めるのに、車が必要となる方が増えます。つまり、その前の1~3月の時点で車の需要が高まるということです。

新社会人や学生は、新車よりも安い中古車をまずは購入しようと考える方も多いので、中古車がよく売れる時期だとされています。

つまり、1月~3月にかけては中古車販売店は買取査定額がやや割高になっても需要に合わせてより多くの在庫を確保したいと考えるので、査定額がややアップする可能性が見込めます。

④車検期間が残っているうちに売却する

車検の有効期限が残っているか否かでも、買取査定額に差が生じると言われています。

車検の有効期限が切れた状態で買い取ると、業者は車検を通さないと再販できないことになります。車検には費用がかかり、その分が査定額から差し引かれることになるので減額となる可能性が高いでしょう。

さらに、車検切れの車は公道を走行できないため、業者に車を引き渡す際の運搬費用が別途必要となってしまいます。

また、車検切れ間際の売却はどうしても焦ってしまうので、安い査定額でも妥協して後から後悔するということにもなりかねません。

車検の有効期限半年前位から買い取りに向けて準備をしていくと、余裕を持って売却ができるでしょう。

⑤純正オプションはアピールポイントになる

車のグレードも査定額に大きく影響を及ぼします。

グレードというのは、同じ車種でも装備や性能などの違いを表す等級のことです。例えば、純正のナビ、ETC車載器、サンルーフや本革シートなどの便利で高級感のある装備がプラスされていると、査定額が上がる可能性があります。

また、衝突回避ブレーキ、車線逸脱警報、後側方車両接近警報などのいわゆる安全装備は注目されています。需要も高いので、装備されていると査定額がプラスに働く可能性が高いでしょう。

また、購入後に装備品を社外品に付け替えたとしても、純正品を残しておいて査定時に提示すれば査定額が上がる場合もあります。

取扱説明書、スペアキー、点検整備記録簿などの付属品が揃っているか否かでも査定額に影響してきます。

⑥車を丁寧に扱い、綺麗な状態にしておく

少しでも高く車を買い取ってもらうには、外装や内装の状態の良さもポイントとなります。内装が綺麗で清潔であれば、中古車としての価値も上がるかもしれません。

洗車してボディの傷やへこみの有無を確認してみてください。擦り傷などの軽微な傷は市販の研磨剤で綺麗にしておくと良いでしょう。

大きな傷やへこみは修理に出すと高くついてしまうので、そのままにしておくことをおすすめします。

内装ではシートの汚れを掃除機や雑巾などで掃除し、足マットも洗っておいてください。

タバコやペットの臭いがすると、マイナス査定となる場合が多いです。しかし、クリーニングを依頼すると高くつくので、シートや天井の掃除をし消臭剤を使うなどして、できる限り対策をしておきましょう。

⑦海外に販路を持つ買取業者を探す

国内では派手めなボディカラーは不人気色とされ、中古車市場での需要が低く、査定額が下がる可能性があります。

しかし、海外ではボディカラーはあまり重要視されません。逆に明るめなビビッドカラーが好まれるという国があるくらいです。

海外では、丈夫で壊れにくいという品質の高さが重要視されています。日本車は信頼度が高いので、海外市場では人気です。車種によっては、国内相場よりも高い値段で売買されている場合もあります。

もしボディカラーが不人気色で国内の中古車市場価格が安い場合、海外市場で売買してもらえば高く売れる可能性があります。そのため、海外に販売ルートを確立している買取業者を探し、査定してもらうというのも高く売る手段の一つだと言えるでしょう。

まとめ

①ツートンカラーは査定額が高い車もあれば低い車もある
②ツートンカラーは好みの配色が選べて車に愛着が湧くなどのメリットがある
③ツートンカラーは塗装に費用がかかる、個性が強い配色だと飽きやすいなどのデメリットもある
④定番色を使ったツートンカラー車は査定額が上がりやすい
⑤ビビッドカラーなどの派手な色を使ったツートンカラー車は、査定額が下がる可能性がある
⑥不人気色のツートンカラー車を少しでも高く売るには、走行距離が短い内に、車検の有効期限内に売ること。また、中古車需要が高まる時期に売るなどの対策が効果的!
※本記事は公開時点の情報のため最新と異なる場合があります。
カータル編集部
カータル編集部
この記事は中古車の売却、査定などについての知識が豊富な私たちが執筆しています。車を少しでも高く売るコツや必要な書類、手続きに関する疑問や質問にお答えしています。

関連記事

  1. 車の買取り査定で条件が合わないときの断り方はどうすればいい?
    車の買取り査定で条件が合わないときの断り方はどうすればいい?
  2. 車を買取り査定に出す最適な時期を知ろう!
    車を買取り査定に出す最適な時期を知ろう!
  3. 買取り査定で車を高く売る方法とは?準備&コツ編、交渉編、お手入れ編に分けて詳しく解説!
    買取り査定で車を高く売る方法とは?
  4. 車内でタバコを吸っていた場合、買取り査定ではどのような影響があるの?
    車内でタバコを吸っていた場合、買取り査定ではどのような影響がある…
  5. 車の査定はどのように進めればいい?買取り査定の流れを解説!
    車の査定はどのように進めればいい?買取り査定の流れを解説!
  6. 車の買取り査定の時にかかる手数料とは?その種類や注意点などを詳しく解説!
    車の買取り査定の時にかかる手数料とは?その種類や注意点について
  7. 車の買取り査定額はステッカーが貼ってあると下がる?
    車の買取り査定額はステッカーが貼ってあると下がる?
  8. 車の買取り査定時に有利なオプションとは?
    車の買取り査定時に有利なオプションとは?
PAGE TOP

あなたの愛車はいくら?