車の査定についての疑問

リース車の買取り査定額はどうやって決まる?

カーリースは、車を購入しなくても毎月リース代を支払えば好きな車が長期間使えるという便利なサービスです。

契約終了後、基本的には車を返却することになっていますが、契約内容によっては買い取りも可能で、その際は買取額の支払いが必要です。

この買取り査定額はどのように決まるのか、解説していきます。

また、リース車を買い取るメリット、デメリットも知っておくと役立つので、目を通してみてください。

カーリースの仕組み

カーリースの仕組み
カーリースは、リース会社が車を購入し、契約者は毎月定額のリース代を支払って車を借りて乗るという仕組みです。

リース代は、車両本体価格から契約終了時の車の価値である残価を差し引いた金額に、税金や自賠責保険料などの一部維持費を加算し、契約月数で割った金額になります。

リース契約をした車は、マイカーのように通勤や通学、買い物などに自由に使うことが可能です。

ただし、借りている状態であるためリース契約者には車の所有権はなく、使用者という立場になります。車の名義はリース会社になっているので、契約期間中は勝手に車を売却することはできません。

リース契約終了時の選択肢

リース契約終了時の選択肢
リースの契約期間が終了すると、契約者はリース車をどうするのかは、いくつかの選択肢から選ぶことができます。

通常は、リース車を返却して契約完了という流れが多いです。

リース車が乗りやすかったので、そのまま継続して乗りたいという方もいます。そうなるとリース契約を延長することになります。延長という形で再契約を結ぶ形です。

また、カーリースは利用したいけれど、同じ車はもうやめて別の車をリースすることも可能です。そうなると、新しい車で新たにリース契約を結ぶということになります。

そして、リース車が気に入ったので、そのまま自分の車として使いたい場合は、買い取ることになります。

契約内容によっては選択肢が限られている場合もあるので、注意しましょう。

リース車は契約内容によっては買い取りも可能

リース契約終了後にリース車を買い取り、自分の所有車にすることもできます。ただし買い取る際は、まとまった資金が必要となるので準備しなければなりません。

リース代には、車両本体価格が全て含まれているわけではなく、残価分は差し引かれています。これはリース車を契約時に返却することを前提としているので、買い取りとなると残りの車両本体価格分を支払う必要が出てくるのです。

気に入ったリース車を、そのまま自分の愛車として引き続き運転できるのは魅力的でしょう。ただし、リース契約によっては「買取不可」となっている場合もあるので、注意が必要です。

もし買い取りの可能性を考えるなら、契約前に事前に買い取りができる契約かを確認しておく必要があります。

オープンエンド方式

契約時に決めた残価と契約終了時の車の価格に差額が生じた場合、差額分の支払いもしくは受け取りを前提としているのが、オープンエンド方式という契約プランです。

オープンエンド方式の場合、基本的に契約者が自分で残価を設定できます。残価分を高くすればリース代に含まれる車両本体価格分が少なくなるので、月々のリース代を抑えることが可能です。

ただし、契約終了時のリース車の下取価格が残価よりもかなり安くなってしまえば、差額分の支払い負担が大きくなるというマイナス要素も含んでいます。

クローズエンド方式

クローズドエンド方式は、リース契約終了時に残価精算を行わない契約プランのことです。

契約時に残価は設定しますが、契約終了時の車の査定額が契約当初の残価を下回っていても、差額を支払わなくてもよいという点がオープンエンド方式とは大きく異なります。また、逆に残価が下取額を上回っていた場合であっても、差額を受け取ることはできません。

クローズドエンド方式は契約終了後、車の返却を前提としている契約であるケースが多いです。契約終了時にリース車を所有したいと思っても、基本的に買い取りは不可という契約がほとんどでしょう。

中には買取額を支払えば車の買い取りが可能という業者もありますので、クローズドエンド方式を契約する際は事前に確認しておくことをおすすめします。

契約終了後に車がもらえるプラン

リースプランの中には、契約終了後にそのままリース車を引き取ることができるプランもあります。

このプランだと、契約終了後に買取金額を支払う必要がありません。ただし、定額料金にプラスして、数百円のオプション費用が加算された金額を毎月支払うといった条件があります。また、リース契約年数も7年や9年など長期で決められている場合が多いです。

車がもらえるプランを検討する場合は、契約の条件やトータルで支払う金額などをきちんと確認しておく必要があります。

カーリースを途中で解約して車を買い取ることは基本的に不可能

カーリースの契約期間中は、リース車はリース会社の名義になっています。名義人しか車の売買契約は行えないので、契約期間中にリース車を買い取ることはできません。

解約して名義人をリース契約者に変更すれば、買い取りは可能です。しかし、カーリースでは原則として契約途中の解約は不可となっています。

リース会社に相談すれば解約が可能となる場合もありますが、その場合でも高額は解約金が発生し、支払いを求められるでしょう。そうなるとどうしても損してしまうので、途中解約はおすすめできません。

自分の車として所有したいなら、やはり契約終了を待って買取手続きを行うのが賢明です。

リース車の買取査定額の決め方

リース車の買取査定額の決め方
リース契約終了時にリース車を買い取る際は、「買取査定額」を支払う必要があります。

金額に関しては、リース会社によって色々と取り決めが異なるので一概には言えませんが、基本的には契約前に決定した残価分を、そのまま買取価格として支払えばよい場合が多いです。

中古車市場の価格相場は刻々と変化しています。数年前までは安かった車が人気が出て需要が高まり、値段が上がっているということも珍しくありません。

そのため、買取時の中古車市場の価値などをトータルで判断し、契約時の残価よりも高くなっていた場合は買取時の査定額を支払うことになっている場合もあります。この場合は逆に残価よりも安くなる場合もあります。

リース契約の際に、契約終了時の車両価格の支払いがどの時点での価格になるのかを、きちんと事前に確認しておいたほうがいいでしょう。

リース車を買い取る際の必要経費

リース車を買い取る場合は、様々な費用がかかります。

まず主な出費となるのがリース車の残価の精算です。リース契約を結ぶ際に決めた残価を差し引いた金額を、これまでリース代として支払ってきています。これは契約終了時に車を返却することを前提としているので、返却しないとなると当然残価分も支払わなければなりません。

さらに、車にはリサイクル料が必要となっています。リサイクル料は車を廃車にする際にかかる処分費用のことです。リース会社が車を購入する際に既に支払っています。

リサイクル料は所有者が変わると引き継がれていくものなので、次の所有者が前の所有者に支払うのが一般的です。

他にも名義変更に必要な事務手数料などが請求されるでしょう。

買取費用が高いと損する場合もある

リース車を買い取る際に必要な費用の中で大きなウェイトを占めるのが、車両価格です。

オープンエンド方式の場合は、契約当初に決めた残価がそのまま車両価格になることが多いです。しかし、契約終了時の中古車市場での相場が残価よりも低い場合は、損したような気分になるでしょう。それは「中古車市場では、残価よりも安く同じ車が購入できる」ということを意味しているからです。

残価を支払って買い取った後に売却するとなっても、残価よりも高く売るのはかなり難しいでしょう。

クローズエンド方式の場合、買い取りは不可となっていることが多いです。ただし、中には買取可能としているリース会社もあります。

その場合、買取時の中古車市場における車の価値が買取金額となります。そのため、残価よりも買取額が安ければお得ですが、逆に高い場合は損することになります。

リース車の買い取りは契約内容や中古車市場の動向によっては高くつき、損する場合もあるので注意しましょう。

リース車を買い取る際は名義変更手続きが必要

元々リース車は、リース会社がディーラーから購入し、リース代を支払ってもらって契約者に期間を決めて貸し出しています。そのため、車の名義は購入者であるリース会社です。

リース契約者は使用者となっているはずなので、リース車を買い取るとなれば、名義変更の手続きが必要となります。

一般的には名義変更もリース会社でやってもらえますが、ほとんどの場合で代行依頼することになるので、その際に事務手数料がかかる可能性があります。

リース車を買い取るメリット

リース車を買い取るメリット
リース契約が終了するとリース車を返却するのが一般的ですが、契約次第では買い取ることも可能です。

リース車を買い取る場合のメリットというと、やはり乗り慣れた運転しやすい車を引き続き乗ることができるので安心という点でしょう。

また、リース契約では走行距離の制限が設けられている場合が多いですが、買い取れば走行距離を気にする必要もありません。他にも、自由にカスタマイズできるという気楽さも挙げられます。

さらに、マイカーとして所有すれば自分の名義になるので、自由にいつでも売却することができるようになります。

メリット①気に入ったリース車をマイカーとして乗り続けられる

リース車を買い取れば、リース契約期間中と同じように、長期間乗っていた車をマイカーとして乗り続けることが可能です。乗り慣れているので運転しやすく、使い勝手もよいでしょう。新しい車に乗り換えるワクワク感もいいですが、やはり愛着の湧いた車に乗り続けるというのは安心できます。

また、マイカーにするというのはリース契約の制限がないので色々なことが自由にできるようになります。リース契約で禁止されていることが多いカスタマイズやドレスアップなども、買い取れば自由に行うことが可能です。

メリット②売却できる

「リース車を買い取って乗っていたけれど、不要になった」という場合は、マイカーのように売却することも可能です。

リース車の場合、名義はリース会社になっているので契約者が勝手に売却することはできません。勝手に売却すると犯罪になってしまいます。

しかし、リース車を買い取って自分の名義にしてしまえば、後は自由に売却して新しい車に乗り換えることも可能です。

売却すれば、売却代金を得ることができます。買い取りにかかった費用などの一部を回収できるでしょう。

ただし、車の状態や走行距離、年式や車種などによって中古車市場での価格相場は変わってくるので、注意が必要です。

リース車を買い取るデメリット

リース車を買い取るデメリット
リース車を買い取れば、メリットばかりではなくデメリットもあることを覚えておきましょう。

まず、リース車を買い取ってマイカーにすることで、今まではリース代に含まれていた税金や自賠責保険料などを自分で支払わなければならなくなります。

さらに、買い取りには車の残価を支払う他、リサイクル料や名義変更にかかる事務手数料などのまとまった費用の支払いが必要です。

また、リース契約のときにメンテナンス込みのプランにしていた場合は、点検や車検などの際はリース会社から連絡がきて、指定工場に持っていくだけで済みましたが、マイカーになれば、こういった段取りは全て自分で行わなければならないので手間がかかります。

デメリット①買取後は税金などの維持費の支払いが必要

カーリースの契約では、リース代にリース契約期間中にかかる自動車税などの税金や自賠責保険料などが含まれていました。しかし、自分で車を所有するとなると、こういった維持費も全て自己負担となります。

また、リースプランの中には、オイル交換などの整備や法定点検、車検などの費用をリース代に含むメンテナンスプランがあります。メンテナンスプランで契約していれば、こういったメンテナンスにかかる費用は別途不要でした。

しかし、車を買い取ればメンテナンス費用も全て自分で支払うことになります。

カーリースの利用時は、リース代とガソリンなどの燃料費、任意保険料などを負担していただけという方も多いでしょう。そのため、カーリース利用時に比べると、車にかかる費用が高くなる可能性があります。

経済的な負担が大きくなることが予想できるので、支払いを維持できるか計算しておくことが必要です。

デメリット②買取費用を支払わなければならない

契約期間の終了後に車を買い取るとなると、車両本体価格の一部の支払いが必要です。

リース代には、リース会社が車を購入した際にかかった車両本体価格が含まれています。しかし、契約終了時に予想される車の価格、残価があらかじめ差し引かれているため、買い取るとなると残価分を支払わなければなりません。そのため、リース車の買取時にある程度まとまった資金が必要となり、契約満了までに準備しなければならなくなります。

それ以外にも、リサイクル料や名義変更の際に必要な事務手数料などの支払いも必要です。

リース車を買い取るとなると、思った以上にお金がかかるということも、あらかじめ知っておかなければなりません。

デメリット③メンテナンスや車検の段取りを自分で行わなければならない

カーリースの場合、メンテナンス付きの契約プランだとオイル交換や法定点検、車検を請け負う整備工場が指定されています。

メンテナンスや点検の日が近づくと、リース会社から連絡が来ます。時期が来たら、指定工場へ車を持っていくだけなので手間はかかりません。

しかし、自分で車を所有するとなると、オイル交換の時期も自分で気にしながらメンテナンス先を決めて、作業してもらうことになります。また、点検や車検などの依頼先も探して、予約を入れて当日車を持ち込むといった段取りを全て自分でやらなければなりません。

スケジュールを立てて、メンテナンス依頼先を探す暇がない、苦手という方にとっては面倒に感じてしまうでしょう。

リース車を買い取る時は慎重に

リース車を買い取る時は慎重に
リース契約した車に愛着が湧き、そのまま買い取りたいと考えている方も多いでしょう。

リース車を買い取るとメリットも大きい一方で、予想以上に費用がかかることが多いです。契約終了時までに買取資金を準備しなければならず、まとまった金額を出すのに金銭的な負担が大きい場合もあるでしょう。

後悔しないためにも、リース車の買い取りは慎重に検討することが大事です。

まとめ

①カーリースは契約内容によっては、契約終了後に買い取りを選択ことも可能
②カーリースの契約プランのうち、契約時に車の残価を決めて、終了時の差額分を支払うもしくは受け取る形をとる「オープンエンド方式」ならリース車の買取が可能になる場合がある
③契約終了時は車の買取額の他に、リサイクル料などの費用が発生する
④リース車を買い取ると、マイカーとして使用できる、売却も可能などのメリットがある
⑤デメリットとしては、税金などの維持費や車の買取額の支払いが必要になること、車検の段取りを自分で行わなければならなくなること
※本記事は公開時点の情報のため最新と異なる場合があります。
カータル編集部
カータル編集部
この記事は中古車の売却、査定などについての知識が豊富な私たちが執筆しています。車を少しでも高く売るコツや必要な書類、手続きに関する疑問や質問にお答えしています。

関連記事

  1. 車を見せるだけではダメ?買取り査定に必要な書類とは?
    車を見せるだけではダメ?買取り査定に必要な書類とは?
  2. 車の買取り査定ではどこを見る?チェックされるポイントを解説
    車の買取り査定ではどこを見る?チェックされるポイントを解説
  3. 車の買取り査定を受ける前に準備すべきこととは?
    車の買取り査定を受ける前に準備すべきこととは?
    車の買取り査定をしてもらう前に洗車はすべき?
  4. 車の買取り査定のポイントはどこ?高く売りたいときにはこうする!
    車の買取り査定のポイントはどこ?高く売りたいときにはこうしよう
  5. 車の買取り査定ではドラレコ搭載だと高価査定される?
    車の買取り査定ではドラレコ搭載だと高価査定される?
  6. 車の買取り査定額はステッカーが貼ってあると下がる?
    車の買取り査定額はステッカーが貼ってあると下がる?
  7. 車の買取り査定時に有利なオプションとは?
    車の買取り査定時に有利なオプションとは?
PAGE TOP

あなたの愛車はいくら?