車の売却についての疑問

他県ナンバーの車を売却したい!この場合手続きはどうなるの?

引っ越し直後の場合、自分の車の住所変更の手続きがまだという方も多いでしょう。この場合、他県ナンバーを装着したままの状態で運転することになります。

このような他県ナンバーのままの車を売却することは、できるのでしょうか?

この記事では、他県ナンバーの車両を売却する際の注意点についてまとめました。

他県ナンバーの車両を売却する際、通常よりも手続きは少し煩雑になります。どのようなところが変わってくるのかについても紹介しますので、参考にしてください。

他県ナンバーの車は売却できる?

住所変更の手続きを済ませていない他県ナンバーが付いている車両を売却することは可能なのでしょうか?

結論から言うと、他県ナンバーの車でも売却は可能です。

他県ナンバーだという理由だけで買い取りを拒否されたり、買取価格を引き下げられたりすることはまずないので、あまり心配しないでください。

他県ナンバーの車の売却は可能

他県ナンバーの車の売却は可能
基本的に引っ越して住所が変わってから15日以内に車両の登録住所も変更しなければなりません。

しかし、中には住所変更の手続きがあること自体を知らず、他県ナンバーのままで運転している車両も少なくありません。

このような他県ナンバーであっても、そのままの状態で車は売却できます。

車を売るにあたって重要なのは、売却をする人と車の所有者が同一であるかどうかです。そのため、車検証の名義と車を売りたい人の名義が同一人物であれば、他県ナンバーでも問題なく売却できます。

住所変更をして今住んでいるところを管轄するナンバーを発行してもらうまでには、手間もかかります。もし今すぐ車を売却したいと思っているのであれば、他県ナンバーのままで査定に出しましょう。

他県ナンバーの車はマイナス査定になる?

他県ナンバーの車はマイナス査定になる?
他県ナンバーの車両だと、マイナス査定になってしまうのではないかと心配な方もいるでしょう。

しかし、他県ナンバーという理由だけで買取金額が引き下げられることはまずありません。それは、中古車として売り出されるにあたって支障が何もないからです。

車の買取価格は年式や走行距離、車両の状態を見て判断されるもので、ナンバーに関しては査定の対象外です。

もし他県ナンバーがマイナスに見られるのではと思ってナンバーを外したら、これはマイナス査定になりかねません。

ナンバーを外すためには「一時抹消登録」の手続きをします。一時抹消登録を行うと、車検切れ扱いになります。車検の残期間は査定の対象になるため、マイナス評価になってしまうのです。

ナンバープレートを外すのは得策ではない

他県ナンバーを嫌がって、ナンバーを外して売却しようと思っているのなら踏みとどまったほうが良いでしょう。

ナンバープレートは、外して売却することもできます。ただし、ナンバーなしの車両を公道で走らせることはできません。また、一時抹消登録が必要になるので、そのための手間や費用がかかります。

その上、ナンバーなしの車両は公道を走らせられないので、レッカーなどで移動させなければなりません。そのための運送費は売り手側の負担になります。結局、本来の買取価格よりも運送費などのコストを差し引かれてしまいます。

ナンバーをつけたままであればこのような費用はかからないので、他県のものであってもそのまま売りに出したほうが良いです。

買取業者に売却するのがおすすめ

買取業者に売却するのがおすすめ
他県ナンバーの車を売却するのであれば、買取業者にお願いするのがおすすめです。

買取業者にお願いすれば、住所変更手続きなどの必要な手続きをすべて代行してくれます。

例えば、オークションなどを使って個人売買した場合、住所変更の手続きは全て自分で行わないといけません。住所変更手続きには手数料などもかかりますが、買取業者に車を売却すればこれらのコストを負担する必要もなくなります。手続きにかかるコストは、業者で自己負担することが多いです。

買取業者は、他県ナンバーの車両の取り扱いについて熟知しています。一般的に車を引き取ると、一時抹消登録手続きを行います。この手続きをすると、自動車税の納税義務がなくなるからです。こちらの手続きも買取業者のほうで必要に応じて行います。

このように買取業者のほうで必要な手続きを全てしてくれるので、他県ナンバーの車両はそのまま査定に出すといいでしょう。

他県ナンバーの車を売却する際の必要書類

他県ナンバーの車両を売却するにあたって、いくつか必要書類を準備しなければなりません。ただし、通常の車の売却と比較して必要書類が追加で発生します。

ここからは、通常の必要書類に加え、他県ナンバーの場合に追加でどんな書類が必要なのか説明します。

車の売却で必要な書類

車の売却で必要な書類
車を売る際、いくつか必要書類を準備しなければなりません。以下で紹介するものはナンバーに関係なく、売却する際に必ず必要な書類です。

もしかすると以下で紹介するものの中に紛失して手元にないものもあるかもしれません。その場合は、再発行の手続きをしなければならないものもあります。

売却前に必要書類がきちんと保管されているか確認しておきましょう。

自動車検査証

自動車検査証は、車を売却するにあたって欠かせない書類です。一般的には「車検証」と呼ばれています。

自動車検査証は、保安基準を満たし車検に合格していることを証明する書類です。車検証には車の所有者や使用者、型式など車両に関する情報が記載されています。

車検証は、運転時には常に携帯するように義務付けられています。そのため、ダッシュボードなど、車のどこかに保管されていることが多いです。

万が一見当たらないというのであれば、再発行手続きをしなければなりません。車検証がない状態では車を売却することはできません。

車検証の再発行手続きは運輸局で行いますが、ナンバープレートに記載してある地名を管轄する運輸局で手続きしなければなりません。他県ナンバーの場合は運輸局に行くのが大変かもしれません。

もし自分で運輸局に行くのが厳しければ、代理人を立てるといいでしょう。ただし、この場合は委任状を作成するだけでなく、代理人に手数料を支払う必要が生じます。

自賠責保険証

車両の保有者は、自賠責保険に加入しているはずです。自賠責保険に加入していない車を公道で運転するのは法律違反となります。

車を売却する際には、自賠責に加入していることを証明する「自賠責保険証明書」も必要になります。

これも大抵の場合、車検証などと一緒に車のダッシュボードで保管していることが多いです。

もし自賠責保険証明書が見当たらない場合には、再発行手続きが必要です。自賠責保険に加入している保険会社に連絡して、手続きを進めてください。

再発行手続きには、印鑑や本人確認書類などが必要になります。再発行手続きは契約者本人しかできないため、買取業者やディーラーに代行をお願いできないので注意しましょう。

自動車税納税証明書

車を所有している方なら、毎年自動車税を納めています。

毎年自動車税の納税通知書が届くでしょう。それを持って銀行やコンビニで支払うと、収受の印鑑が押された半券が返還されます。

この半券が「自動車税納税証明書」になります。最新のものをなくさずに保管しておきましょう。

もし自動車税納税証明書を紛失してしまった場合は、再発行の手続きを都道府県税事務所で行います。

必要な持ち物は以下になります。

  • 車検証
  • 本人確認書類
  • 印鑑
  • 通帳など納税を証明するもの

都道府県税事務所に置いてある申請書に必要事項を記入して、納税を証明する書類と併せて提出しましょう。

ちなみに、自動車税を納税していないと車は売却できないので注意してください。

印鑑証明書

普通自動車の売買をするにあたり、押印する機会が出てきます。この時、実印を準備しなければなりません。

押印した印鑑が実印であることを証明するために「印鑑証明書」が必要になります。

印鑑証明書は市区町村役場で申請すれば、発行してもらえます。もし、まだ印鑑登録を済ませていなければ、登録手続きを済ませましょう。

本人が手続きをするなどの一定の条件を満たせば、印鑑登録をしたその日に印鑑証明書も交付してもらえます。

車の売却をする際には名義変更と自動車税の権利譲渡のため、2通の印鑑証明書が必要です。

軽自動車を売却する場合は、実印ではなく認印でも構わないとされているので、印鑑証明書を準備する必要はありません。

自動車リサイクル券

新車を購入した時にリサイクル料金を支払っているはずなので、その際にディーラーから「自動車リサイクル券」は発行されます。

自動車リサイクル券は再発行ができません。もし紛失した場合は、リサイクル券の代わりに「リサイクル料を支払っていることの証明できる書類」が必要になります。

その書類を準備するためには、自動車リサイクルシステムというサイトにアクセスしてください。

サイトの中に「自動車リサイクル料金の預託状況」というページがあります。そこに車両区分や車体番号、登録番号、リサイクル券番号、リサイクル券の利用目的を入力すると、リサイクル料を支払っているかどうかの結果が出ます。

これをプリントアウトして買取業者に提出すれば、リサイクル券の代用になります。

他県ナンバーの車を売却する際に必要な書類

他県ナンバーの車を売却する際に必要な書類
自動車を売却する際には、いくつか必要書類を用意しなければなりません。

さらに他県ナンバーの車両を売却する際には、追加で必要な書類があります。その書類は何か以下にまとめました。

早めに用意して、スムーズに売却できるようにしましょう。

住民票

他県ナンバーの車を売却するのであれば、車検証と現住所が一致しないのが問題となります。そこで、現住所と車検証に記載されている住所を紐づけるための書類を準備しなければなりません。

もし車検証に記載されている住所から1回だけ引っ越しをしたのであれば、「住民票」を用意しましょう。

住民票には以前の住所が記載されているので、車検証の住所と一致すれば両者をつなげることができます。

住民票はお住まいの市区町村役場で発行してもらえます。発行手数料として数百円ほどかかるので注意しましょう。

戸籍の附票

中には短いスパンで引っ越しを繰り返している方もいるでしょう。

車検証に記載されている住所から、2回以上引っ越ししてしまっていると、住民票だけでは車検証の住所と現住所を紐づけられません。そこで、「戸籍の附票」を用意する必要が出てきます。

戸籍の附票とは、戸籍が作られてから発行された時点における住所変更履歴をすべてカバーしている書類のことです。

戸籍の附票を発行するには、転籍前の市区町村役場で請求しなければなりません。

「住民票の除票」で代用する方法もありますが、転居前の複数の市区町村役場で請求しなければならず、面倒です。また、移転から5年以上経過すると請求できなくなりますので、戸籍の附票を請求するのが無難と言えます。

※令和元年6月20日~、住民票の除票は150年分を保管されることになりました。以前のものは請求できないこともありますので、注意してください。

戸籍謄本

結婚したのを機に引っ越したというパターンもあるでしょう。ただし、この場合は住所だけでなく「名字」も変わっている場合があります。

もし結婚を機に引っ越して他県ナンバーの車を売却するのであれば、「戸籍謄本」を用意しなければなりません。

戸籍謄本には氏名や生年月日、婚姻歴などの情報が網羅されています。結婚して名字が変わっていることも情報として記録されています。これで車検証に記載されている名義と現在の名前が一致しなくても、情報をつなげることができます。

住所は変わっていなくて名前が変わっている場合にも、戸籍謄本が必要になります。戸籍謄本も役所で手続きすれば交付してもらえるので、速やかに手続きを済ませましょう。

他県ナンバーの車の売却は引越しの前と後どちらがいい?

他県ナンバーの車の売却は引越しの前と後どちらがいい?
他県ナンバーの車を売却する際、引っ越す前と後2つのタイミングが考えられます。

ここからは、引っ越し前と後、どちらのタイミングで車を売却するといいのか見ていきましょう。

結論から言うと、ケースバイケースです。引っ越し先で車が必要なのかどうかで変わってきます。

引越し前に売ったほうがいい場合

都市部に引っ越す場合、車を所有する必要のない可能性が高いです。都市部は鉄道などの公共交通機関がとても発達しています。

もし日々の移動が電車やバスで十分事足りる、車を運転する必要がなければ引っ越し前に売却するのがおすすめです。そうすれば、引っ越す時に車を運搬する必要がなくなるので身軽になります。

都市部の場合、マンションやアパートなどの集合住宅に駐車場がないというケースも珍しくありません。そうなると、住居とは別に駐車場も借りる必要があります。

車を使用しないことが明確であれば、引っ越し前に車を売却しましょう。

引越し後に売ったほうがいい場合

引っ越し先で車を使用する可能性が少しでもあれば、引っ越し後に車を売却するのがおすすめです。

新居先でしばらく様子を見て、車がなくても大丈夫そうであれば売却を検討しましょう。

引っ越す前に車を売却してしまい、引っ越し後に車が必要なことに気づくといろいろと不便です。引越先で急遽、車を探して購入しなければなりません。

引っ越し後に車を売却するとなると、車も運搬する必要があります。確実に車に乗らなくても大丈夫という確証がないのであれば、念のため車も引っ越し先に運んだほうがいいでしょう。

他県ナンバーを少しでも高く売る方法

他県ナンバーを少しでも高く売る方法
他県ナンバーの車を売却するなら、少しでも高く売りたいものです。その場合、査定に出すまでに準備しておくべき項目があります。

引っ越しの前後は忙しく、なかなか車の買取対策まで手をかけるのは難しいかもしれません。その場合でも、以下で紹介する事柄だけは押さえておくといいでしょう。

査定前に車をきれいにしておく

車を査定に出す前に、洗車や掃除は済ませておきましょう。きれいな車のほうが査定士の心証も良くなり、高額査定が実現する可能性も高くなります。

洗車だけでなくワックスがけも行い、ピカピカにするのが理想ですが、引っ越しのため自分で洗車するのが厳しければ、ガソリンスタンドの洗車サービスを利用するのも一考です。

洗車だけでなく、車内清掃も済ませておくとより印象も良くなります。埃やゴミなどは取り除いておきましょう。

また、車内の臭いは査定に影響をもたらします。ドアを開けて換気するだけでも軽減されるので、対策を少しでもしておくことがおすすめです。

査定相場を把握しておく

愛車を安く買い叩かれないようにするためにも、車の査定相場を把握しておくことが大事です。

今ではネットを使えば、車の査定相場は比較的簡単に把握できます。愛車の車種、年式、走行距離など簡単な情報を入力すれば、おおよその買取価格も分かります。

作業そのものは数分程度で済むので、どんなに引っ越しの準備で忙しくてもできるでしょう。

相場が分かっていれば、それよりもかなり安い価格を提示してきた業者を売却先から外せます。また価格交渉をする際にも相場が分かっていれば話しやすいでしょう。

まとめ

①他県ナンバーの車はそのままの状態で売却できる
②他県ナンバーの車を売却する場合、追加で必要な書類がある
③引っ越しの回数によって必要書類は異なる
④引っ越しの前と後、どちらのタイミングで車を売ったほうがいいかは、ケースバイケース
※本記事は公開時点の情報のため最新と異なる場合があります。
カータル編集部
カータル編集部
この記事は中古車の売却、査定などについての知識が豊富な私たちが執筆しています。車を少しでも高く売るコツや必要な書類、手続きに関する疑問や質問にお答えしています。

関連記事

  1. 親や配偶者など他人名義の車は売却できる?手続きの流れを解説!
    親や配偶者など他人名義の車は売却できる?手続きの流れを解説!
  2. 車を売却する際に車検証の住所変更をしなくても問題ない?
    車を売却する際に車検証の住所変更をしなくても問題ない?
  3. 車を売却するのにおすすめの時期は? 最適な時期から売却前に注意するポイントまで紹介!
    車を売却するのにおすすめの時期は? 最適な時期から売却前に注意す…
  4. 車を売却する時に自動車税は還付されるの?還付される条件や金額も知っておこう!
    車を売却する時に自動車税は還付されるの?還付される条件や金額につ…
  5. 車の売却後に発生するクレームの対処法とは?クレームガード保証から困ったときの相談先までを紹介!
    車の売却後に発生するクレームの対処法とは?クレームガード保証から…
  6. 車の売却後に減額交渉されたらどうすればいい?対処法や回避術を大公開!
    車の売却後に減額交渉されたらどうすればいい?対処法や回避術につい…
  7. 旧姓のままでも車は売却できる?そのメリットと方法を詳しく解説!
    旧姓のままでも車は売却できる?そのメリットと方法を詳しく解説
  8. メンテナンスノートは車の売却で必要?紛失時の対処法を知ろう!
    メンテナンスノートは車の売却で必要?紛失時の対処方法
PAGE TOP

あなたの愛車はいくら?