車の査定についての疑問

車の買取り査定で気をつけることとは?査定前後の注意点について

車の買取り査定は、業者によって査定額が異なることが多々あります。また、思いがけずトラブルになり、結果的に損することにもなりかねません。

買取り査定を有利に進めて、納得できる金額で買い取ってもらいたいという方がほとんどでしょう。そのための査定前後の注意点について詳しく解説していきます。

役立つ情報がたくさん含まれているので、目を通して是非実践してみてください。

査定前の注意点

査定をスムーズに進められるよう、事前に注意しておきたいことがいくつかあります。

まず一番大事なのが、愛車の中古車市場における買取相場を調べておくことです。相場を知らなければ、査定額が高いのか安いのかを判断しにくいでしょう。

さらに、比較するためにも査定は複数の業者に依頼する、必要な書類は早めに準備しておくことも大事です。

また、ボディの傷やへこみは無理に直さない、洗車や車内清掃はきちんと行うといったこともしておくと良いでしょう。

買取額の相場を調べる

買取額の相場を調べる
車の買取業者は、中古市場における車の価値を判断し、査定額を決めます。ただし、査定額を安く設定すると利益を得ることができないため、価格交渉を見越してやや高めの査定額を提示してくることもあるでしょう。

最終的にいくらにするかは、買取業者と売り主との駆け引きになります。しかし、売り主がいくら位で売却すれば良いのか全く分からない場合、査定員の言いなりになってしまうことになるかもしれません。

少しでも高く売るため、また査定額が適正かどうか判断するためには中古車市場での買取相場を知っておく必要があります。

安く買い取られないためにも、価格交渉を有利に進めるためにも事前に買取額の相場を調べておきましょう。

ネットから車種や年式、走行距離などを入力すればある程度の相場が分かるので、事前に調べておくことをおすすめします。

複数の業者に査定を依頼する

査定を買取業者1社だけに依頼すると時間や手間がかからずラクですが、査定額がいくらであってもその価格で決めるしかありません。

また、査定を依頼した1社の査定額が相場よりもやや高かったとしても、他の業者はさらに高値をつけてくれる可能性もあります。

複数の買取業者に査定を依頼すれば、同じ車に対する査定額を数社分集め、比較することができます。価格交渉次第では業者間で価格競争が行われるので、より高額な査定額を算出してもらえるかもしれません。

一括査定の利用は慎重に

一括査定の利用は慎重に
車を買い取ってもらう際、一括査定を利用するという方もいるでしょう。

一括査定サイトとは、車種や年式、自分の連絡先などを入力して送信すれば複数の買取業者に査定依頼ができるというサービスです。

便利なサービスですが、複数の業者が営業電話をしてくるので、その度に対応しなければならず時間を取られます。また、強引に実車査定のアポイントを取ろうとしてくる業者もいるので、煩わしさを感じる方もいるでしょう。

自分から複数の業者に連絡しなくても相手から連絡があるので、効率的ではあります。ただし、業者の数が多かったり連絡がしつこかったりすると、利用しなければ良かったと後悔するかもしれません。

一括査定よりは自分で近場の買取業者を探して、査定を依頼するほうが無駄もなく良い場合もあります。

必要な書類が揃っているか確認する

必要な書類が揃っているか確認する
査定時にはまだ書類は不要ですが、すぐに買い取りが決まった場合を想定して、早めに書類を揃えておくことも大事です。

買い取りには、車検証、自賠責保険証、自動車税納税証明書などが必要になります。

車検証や自賠責保険証明書などは、紛失していると再発行しなければなりません。

再発行までに時間を要する書類もあります。売買契約時に間に合わない可能性もあるので、早めに準備しておくことをおすすめします。

ネットを使って納税した場合には、自動車税納税証明書の提出を省略できることもあるので、事前に業者に確認しておきましょう。

純正パーツや付属品などを揃えておく

車を購入してから、タイヤやホイール、ナビなどを社外品に付け替えてカスタマイズする方もいるでしょう。この時に取り外した純正品は、売却時に揃えておくと査定額が上がる可能性があります。

純正品がない場合、逆に査定額が下がる可能性もあるので注意が必要です。

できれば購入時の状態にしておくのがベストですが、元に戻すと内装が傷つくといった場合は、そのままにして純正品だけを査定員に提示しましょう。

また、車の取扱説明書やスペアキー、法定点検などの整備状況を記録したメンテナンスノートも揃えておくと査定額アップにつながります。

傷やへこみは直さないほうが良い

傷やへこみは直さないほうが良い
査定を受ける際、車に傷やへこみがあると査定額も下がってしまうだろうと思う方も多いでしょう。何とか傷やへこみを目立たなくしたいと思い、自分で修理しようと考えるかもしれません。

しかし、修理したことがない素人がやると、逆に傷やへこみが前よりも目立ってしまうリスクが高いです。無理に直そうとせずに、そのまま査定に出すのが賢明です。

買取業者は自社で整備を行ったり提携している整備工場があったりするので、安く修理することができます。傷やへこみの程度にもよりますが、売り主が整備工場やディーラーに頼んで修理してもらうよりも修理代が抑えられます。

傷やへこみはあえて自分で直さない、修理も外部の業者に依頼しないでそのまま査定を受けたほうが、多少の減額で済むため損は少ないと言えるでしょう。

洗車や車内清掃をやっておく

洗車や車内清掃をやっておく
車の傷やへこみは無理に直さないほうが良いと説明しました。そうは言っても見た目は大事なので、洗車してワックスをかけておきましょう。

車内のマットやシートのホコリや汚れも掃除しておくことをおすすめします。特に車内の臭いは簡単に取れません。シートを拭く、消臭剤を置くなどして数日前から対策しておくと良いでしょう。

車がキレイだと大切に乗っていたということが査定士にも伝わります。

よりベストなタイミングで査定に出す

よりベストなタイミングで査定に出す
車の査定額はいつも同じというわけではありません。査定額が下がりにくく、上がりやすい時期というのがあります。

少しでも高く車を売却したいと思うなら、査定に出すタイミングというのも重要になります。

例えば、中古車の需要が高まる時期や車のモデルチェンジ前、車検が切れる前などです。ベストタイミングについて、詳しく見ていきましょう。

中古車の需要が高まる時期

4月は就職や転勤、進学などで新生活を始めるにあたり、車を必要とする人が増えます。中古車のほうが新車より価格が安いため、需要も高まっていきます。

買取業者はこの時期に中古車を1台でも多く売りたいと考え、その前に在庫の確保に動きます。つまり、大体1月~3月にかけて買い取りを強化するため、買い取ってもらいやすい時期であると言えるでしょう。

また、9月と3月は業者の決算期にあたります。そのため、買取業者は1台でも多く販売して利益を上げたいと考えます。査定額が多少高くなったとしても1台でも多く在庫として持っておくために、査定額が上がる可能性が高くなるということです。

モデルチェンジ前

特に人気のある車種は、数年単位でモデルチェンジすることがあります。新モデル車が販売されると旧モデル車は型落ちとなり、中古車市場でも値段が下がってきます。

車種や走行距離など条件が同じでも、旧モデル化によって評価がかなり違ってきます。

モデルチェンジされるという情報が出たら新モデルが販売される前に査定に出して買い取ってもらえば、査定額の下落を抑えられるかもしれません。

年式や走行距離が一般的な基準を超える前

車の年式や走行距離も査定額に影響します。年式が古い、走行距離が多いと査定額が下がる傾向にあります。

また、年式や走行距離には一般的な基準があり、それを超えると大きく査定額が減額となるので注意が必要です。

年式で言うと新車登録から10年、走行距離で言うと10万㎞を超えると査定額が大きく下がるとされています。この基準を超える前に査定してもらうのがポイントです。

車検が切れる前

車検の有効期間も、査定のポイントとなります。

車検の残り期間が少ないと査定額が下がると思い、車検後に売却したほうが良いと考える方もいるでしょう。しかし、車検を受けてから売るよりも、車検前に査定を受けて売ってしまったほうがお得だとされています。

車検には数万円〜10万円以上の費用がかかるのが一般的です。車検を受けたからといって、車検費用分以上に査定額が上がるかというと必ずしもそうではありません。

車検費用分だけ損する可能性が高いので、車検が切れる前に売却することをおすすめします。

中古車の場合は修復歴の有無を調べておく

中古車の場合は修復歴の有無を調べておく
中古車を購入し、査定してもらう場合は修復歴に注意が必要です。

修復歴車とは、車のフレーム部分が交通事故などのダメージにより破損し、交換や修理を行った車のことです。

修復歴があると査定額に影響してきますが、フレーム部分以外のバンパーやドアなどを交換した場合は修復歴ありにはなりません。

中古車の場合、特に前の所有者の事故歴などを判別することは難しいです。中古車購入時に確認しているとは思いますが、念のため再度販売店に問い合わせておきましょう。

また、新車だが査定までに交通事故による破損で車を修理した経験があれば、修復歴にあたるかどうか修理を依頼した業者に確認しておくと安心です。

車の買い取りに関して家族の同意を得る

家族間で車についての話し合いがきちんとなされていない場合、自分が乗っている車であっても、査定してもらい売却の手続きに進んだところで家族に反対されるというケースもあります。

査定後に家族で車の売却や売却先に関して揉めないようにするため、査定額を含めて家族でよく話し合い、意思をまとめておくことが必要です。

査定時もしくは査定後の注意点

査定時もしくは査定後の注意点
自分で納得のいく買い取りができるように、査定時や査定後にも注意しなければならない点があります。

まず、査定時は必ず修復歴を始め、査定員からの質問に正直に答えることです。あえて本当のことを言わないと、後で修復歴などが判明した時にトラブルになるリスクがあります。

また、全ての業者の査定が終わるまでは、売却の返事をするのは待ちましょう。

その他にも、契約内容はしっかり確認しておく、キャンセルしないためにも売却先についてはきちんと調べておくといったことも大事です。

修理歴は正直に伝える

交通事故により車のフレーム部分が損傷し、交換や修理を行っている場合は、査定員に修復歴があることを正直に伝えてください。

査定員はプロなので修復歴の有無は車を見れば分かるはずですが、見落とすこともあり得ます。

修復歴がある車は、修理されていたとしても車の安全性や走行性能に関わる部位が一度は破損したことを意味します。どうしても強度が下がるので、故障のリスクなども高まるでしょう。

そのため、修復歴があれば残念ながら査定額は減額となります。しかし、あえて修復歴を伝えないと業者側とのトラブルにつながる場合もあるので、査定時にきちんと申告しておきましょう。

査定額が出ても即断しない

複数の買取業者に査定を依頼し、その中の1社の査定額がやや高めだったとしても、査定の場ですぐに即断しないほうが良いでしょう。

買取業者に「今決めないと査定額が変わる」などと言われると、焦ってしまうかもしれません。しかし、依頼した全ての業者の査定が終わっていないなら、今後査定してもらう業者がより高額な査定額を提示してくる可能性もあります。

車の査定において、焦りは禁物です。

買取業者側は、自社に決めて欲しいがために様々な営業トークで買い取りを迫ってきます。あくまでも冷静に対応し、他の業者の査定額と比較してから返事するようにしましょう。

キャンセルなどの契約内容はしっかり確認する

査定時に売買契約の内容に関してしっかり確認しておく必要があります。

例えば、売買契約後のキャンセルについてはキャンセル可能期間が設定されている契約もあります。キャンセル期間を過ぎると、キャンセル料を請求されるという規定を設けている業者もあるでしょう。

また、キャンセルを申し出た時点で即キャンセル料が発生する場合もあるなど、キャンセルに関する規定は業者によって対応が異なります。

できればキャンセルはしないのが一番良いのですが、やむを得ずキャンセルすることになった時に慌てないよう、事前に確認しておきましょう。

クーリングオフはできないので要注意

売買契約は、契約書を交わした後でもクーリングオフで解約できるので大丈夫だと言われますが、必ずしもそうではありません。

確かにクーリングオフは契約を締結後、一定期間内であれば消費者からの申し出で解約できるという取り決めです。しかし、中古車に関してはクーリングオフの対象外となっているので、間違えないようにしましょう。

安易に車を引き渡さない

車の査定後に、はっきりとした査定額を出すために車を持ち帰って再査定したいと買取業者から言われるケースもあります。

通常は、売却していないのに車を預かるということは考えられません。しかし、車さえ預かってしまえば後はこちらのペースに乗せて契約に持ち込んでしまおう、という悪徳業者もいます。

詳しく査定したいと言われても、売買契約を結んでいないのに安易に車を引き渡さないように気を付けましょう。

評判や実績なども考慮して業者を選定する

依頼した業者の査定が全て終わったら、後はどの業者に売却するか決めることになります。査定額が一番高い所が決め手となるでしょう。

ただし、他の業者の査定額よりかなり高額の業者は逆に注意しなければなりません。契約後、車を引き渡した後で車に不備が見つかったということで減額を請求してくる可能性もあります。

そういった業者は、やはり評判もあまり良くないのが一般的です。査定額も大事ですが、ネットなどで評判を調べて対応の良い業者かを確認しておくことをおすすめします。

また、買取実績が高い業者もそれだけお客さんに信頼され選ばれているということなので、業者を選ぶ際は参考にしましょう。

売却が決まったら車をなるべく使用しない

査定後に車の売却が決まり、契約を結んだら後は車の引き渡しになります。車を引き渡すまでの間、通勤や買い物などで車を使う機会があるかもしれませんが、できる限り使用は控えるのがおすすめです。

査定時の走行距離は、査定額決定に影響してきます。

例えば車の引き渡し日までに遠出して、走行距離が大台に乗ってしまうとします。そうなると、車引き渡し後に査定額の減額を請求されるかもしれません。

さらに、引き渡しまでに車に傷をつけてしまえば、同様に査定額に影響を及ぼすリスクも高まるでしょう。

後悔のない買い取りができるように気を付けよう

後悔のない買い取りができるように気を付けよう
買取業者探しから査定、売買契約に車の引き渡し、最後に入金確認と車の買い取りは時間と労力がかかると言われています。しかし、妥協して簡単に済ませてしまうと後悔することにもなりかねません。

今まで大事に乗ってきた愛車を手放すなら、自分の納得のいく形で売却したいものです。そのためには、やはり事前準備をきちんとしておくことが大事です。

また、査定前後の注意点も押さえておくとよりスムーズに買い取りを進めることができるでしょう。

まとめ

①査定前に車の買取額の相場を調べ、複数の業者に査定を依頼すると適正な査定額か比較、判断できる
②査定前に車の傷やへこみは無理に直さず、洗車や車内清掃はやっておこう
③査定のベストタイミングは、中古車の需要が増える時期、車のモデルチェンジ前など
④査定時に修復歴などは正直に伝え、キャンセルなどの契約内容に関してはしっかり確認しておこう
⑤実績や評判なども考慮して業者を選び、売却を決めた後は車の使用を控えることが大事
※本記事は公開時点の情報のため最新と異なる場合があります。
カータル編集部
カータル編集部
この記事は中古車の売却、査定などについての知識が豊富な私たちが執筆しています。車を少しでも高く売るコツや必要な書類、手続きに関する疑問や質問にお答えしています。

関連記事

  1. 走行距離10万キロの車の買取り査定額はどうなる?売却のコツとは?
    走行距離10万キロの車の買取り査定額はどうなる?売却のコツとは?…
  2. 車の買取り査定を受ける場所は店舗か自宅どちらがいい?それぞれの違いを知って賢く選ぼう!
    車の買取り査定を受ける場所は店舗か自宅どちらがいい?
  3. 車をぶつけた際の傷やへこみがあると買取り査定で減額になるの?
    車をぶつけた際の傷やへこみがあると買取り査定で減額になるの?
  4. 車のシートに汚れがあると買取り査定額は下がる?汚れの落とし方なども紹介!
    車のシートに汚れがあると買取り査定額は下がる?汚れの落とし方など…
  5. 車の買取り査定ではドラレコ搭載だと高価査定される?
    車の買取り査定ではドラレコ搭載だと高価査定される?
  6. 車の買取り査定額に有効期間はある?提示された査定額はいつまで有効なのか解説
    車の買取り査定額に有効期間はある?提示された査定額はいつまで有効…
  7. 車の買取り査定でカーナビは価格に影響する?
    車の買取り査定でカーナビは価格に影響する?
  8. 車の買取り査定のポイントはどこ?高く売りたいときにはこうする!
    車の買取り査定のポイントはどこ?高く売りたいときにはこうしよう
PAGE TOP