車の査定についての疑問

車買取り査定で業者からの電話がしつこい場合はどうすればいい?

買取り査定を依頼しようと業者にコンタクトを取ると、しつこく営業の電話がかかってくる場合があります。これは、他社よりも早く査定依頼を獲得しようと買取業者が必死になるからです。

電話が時間や場所を問わずにかかってくると困ってしまうので、できれば上手に対処したいものです。しつこい営業電話の対処法、逆にNGとなる対処の仕方などを紹介するので参考にしてみてください。

車の買取り査定を依頼すると営業電話がしつこい場合がある

ネットには、車の買取査定を手軽に申し込めるサイトも多数存在します。直接お店に連絡を入れなくても、自分で探さなくても複数の業者に査定が依頼できるとなればとても便利です。

しかし、そのサイトから車買取業者に査定を依頼すると、複数の買取業者から頻繁に営業電話がかかってくるケースが多いと言われています。

仕事中やプライベートの時間でも構わずかかってくるので、対応するのに苦労するという方も少なくありません。

買取業者は他社よりも先に車を買い取りたいから営業電話をかけてくる

買取業者は他社よりも先に車を買い取りたいから営業電話をかけてくる
車買取業者が「自社で査定をさせて欲しい!」と、しつこく電話をしてくるのは、どうしても車を買い取りたいからです。

特に中古車市場で人気があって、需要の高い車種に関しては再販してもすぐに売れます。高値で取引きされることもあるでしょう。

そういった車をできる限り多く安値で買い取り、少しでも高く売ることで買取業者は利益を得ることができます。

中古車市場で人気のある車は、同業他社も欲しいと思っているので、獲得競争になります。まずは査定させてもらわないことには買取交渉もできないので、他社に負けたくないという気持ちから営業電話もしつこくなるのです。

別の電話番号でかけてくることもある

しつこく電話をかけてくる車買取業者は、着信履歴を見れば電話番号が分かるので着信拒否すれば良いと思うでしょう。しかし、車買取業者の中には複数の電話番号を持っている所もあるので注意しなければなりません。

同じ電話番号で何度も電話をかけると、警戒されて電話に出てもらえなくなります。別の電話番号を使えばせめて電話に出てもらえる確率は高くなり、交渉の糸口をつかめると考えているためです。

初めて連絡してきた業者に決めるという人は多い

車の買取業界内では、一番早くコンタクトを取ってきた買取業者が他社よりも優位に立てると言われています。早いもの勝ちという言葉があるように、1番始めに連絡がくると、ひとまず査定を受けてどの位の査定額になるか知っておこうという方もいるでしょう。

査定額にある程度納得ができて査定員の対応も良ければ、他の業者に連絡をすると時間もかかることだし、それで売却を決めるという方も少なくありません。

他社よりも優先的にかつ、利用者にとってファーストコンタクトになれるように、車の買取業者は躍起になって営業電話をかけ続けるというわけです。

しつこい電話の対処法

しつこい電話の対処法
買取業者のしつこい電話に対しては、まず相手のペースに乗せられないことが大事です。そのためには、事前に買取業者からの質問を想定し、すぐに簡潔に返答できるよう話す内容を整理しておきましょう。

また、あまりに電話が頻繁な場合は、煩わしいのでマナーモードにするか消音にしておきましょう。

車の一括査定を利用すると営業電話が多いので、一括査定は利用しないで買取業者を探すというのも効果的だと言えるでしょう。

相手のペースに乗せられない

車の買取業者は、電話で相手に売却をすすめることに慣れている、いわば営業のプロです。車を売却するとはっきり決めていなくても、上手く懐に入ってきて言葉巧みに売却してもいいと思えるように誘導します。

売却の意思が曖昧だと、買取業者はチャンスと思って強気で営業をかけてきます。意志が弱いと相手のペースに乗せられてしまい、査定を受けるつもりがなかった買取業者と査定の日時を決め、気づいたら買い取りを承諾していたということにもなりかねません。

そのため、自分がどうしたいのかをはっきりと決めてから、査定依頼することが大事です。

また、「査定すれば高く売れる」「他社よりも査定額を高くする」などの営業トークで押してくることもあります。査定額は実際に車を見ないと分からないので、査定依頼前の営業トークに惑わされないように気を付けましょう。

話す内容をまとめておく

営業電話に対しては、落ち着いて対処することが大事です。何も準備しないでいきなり電話に出てしまうと、相手の話術に引き込まれてしまうリスクが高くなります。

冷静に対応するには、相手からの質問をある程度想定し、回答や話す内容をあらかじめ決めておくと良いでしょう。

査定前の電話であれば、以下の質問が予想されます。

  • 売却の意思の有無
  • 売却の時期
  • 査定の希望日時
  • 大体の査定希望額
  • 売りたい車の基本情報(車種・年式・走行距離・事故による修復歴の有無)

売却の意思や時期についてもきちんと決めておくことが大事です。

査定額に関しては、インターネットを使い、事前に相場を調べておくと答えやすいでしょう。また、査定希望額を相場よりもやや高めに設定しておくと、逆に安く買い叩かれる可能性も低くなります。

査定を希望するなら、事前にスケジュールを確認し、空いている日時をピックアップしておきましょう。

車の基本情報に関しては、車検証が手元にあればスムーズに返答できます。

査定後には、やはり買い取ってほしいという内容の電話がかかってくるでしょう。その他にも以下の質問が予想されます。

  • いくらなら売っても良いか
  • 他社にも査定を依頼しているか
  • 他社の査定額はいくらか など

車を買い取ってもらうか、まだはっきり決めていない場合は、即答をさけて返事の期限を設けましょう。また、他社に買い取りを決めているなら、はっきり断る必要があります。

マナーモードもしくは電源を切る

時間や場所を問わずに、買取業者からしつこく電話がかかる場合もあります。仕事中は業務の妨げになることはもちろん、プライベートであっても頻繁な着信は煩わしく感じる方が多いでしょう。

電源をオフにすると、必要な電話にも出れないので不便になります。ひとまずはマナーモードにしておく、もしくは消音にしておけば着信の音もさほど気にならないでしょう。

問題がなければ電源をオフにしておくと、より煩わしさが軽減されます。

一括査定はしつこく電話がかかってくる可能性が高い

車を買い取ってもらう際、インターネットから車の一括査定に申し込む方もいるでしょう。

一括査定とは、車の情報や個人情報などを1回入力すれば、複数の買取業者に査定してもらえるというメリットがあります。効率よく買取業者を探したいという方には便利なサービスです。

しかし、一括査定に申し込むと、時間を置かずに多くの業者から電話がかかってくると言われています。それこそファーストコンタクトを取って実車査定に持ち込みたい、他社に負けたくないという業者から営業を受けることになります。

相手が出るまでかけ続けるという業者も中にはいるので、電話に出るまで着信が途絶えないというケースもあります。

一括査定は、一見効率的に思えますが、申し込み後の電話がしつこいという一面もあることを知っておきましょう。

利用するなら業者が選べるサイトにする

ネットから査定を依頼する場合、業者が選べるスタイルの査定サイトを利用するというのも、しつこい営業電話を回避する方法の一つです。

一括査定は、サイトに登録している業者が個々に利用者にコンタクトを取ってくるスタイルなので、どうしても営業の電話が頻繁になりがちです。

一方で、査定を依頼する業者をあらかじめ絞ることができるオークション形式のサイトもあります。査定依頼を絞ることで、複数の業者からのしつこい営業電話に悩まされる可能性が低くなります。

オークション形式なら自分の住所から査定可能な店舗が検索され、そこからさらに業者の数を減らすことも可能です。査定後はオークションサイトに出品されて、買い取りを希望する業者に入札されるという流れになります。

実車査定を行う業者が、オークションを取りまとめるという形を取っているということです。

連絡方法がメールのみの業者に依頼する

営業電話が頻繁にかかってくると、迷惑に感じる方も多いでしょう。電話がストレスになるなら、連絡方法をメールのみにしてもらうというのも一つの手です。

オークション形式の買取サービスの場合は、連絡方法をメールのみに選択することも可能です。また、査定を依頼した業者に対しても、希望すれば電話ではなくメールでのやり取りをしてもらえる場合もあります。

メールなら連絡が来ても自分が見れるタイミングで確認すれば良いので、電話の着信に比べると煩わしさも軽減されるでしょう。

実車査定を依頼する業者を3社ほどに絞る

実車査定を依頼する業者を3社ほどに絞る
車の一括査定サービスのように、やみくもに買取業者を探す方法をとると逆に時間を無駄にすることもあります。

例えば、営業をかけてきた買取業者は遠方で実車査定できなかった、普通車に乗っているのに軽自動車専門の買取業者だったというケースです。

また、多くの業者からの実車査定を受けると、その分スケジュールが詰まり、仕事やプライベートの時間が削られることにもなってしまいます。

結局車を買い取ってもらうのは1社なので、始めから利用できそうな業者に的を絞って査定を依頼するのがより効率的だと言えます。

自分で周辺の車買取業者を数社ピックアップし、まずはネットなどから見積もりを依頼しましょう。見積額を比較し、実際に査定してもらう業者を3社ほど選びます。そうすれば、3社から1社を決めるためのやり取りで済むので、スムーズに買い取りが進められるでしょう。

事前に車の相場を調べておく

見積もりを出してもらい実車査定を依頼する業者を絞りこむには、まず自分の愛車が中古車市場でどの位の価格になるかを事前に知っておくことが大事です。

車の買取相場を把握しておけば、査定額が適正かどうか判断しやすくなるでしょう。

相場よりかなり安い査定額しかつかない業者は選択肢から外すか、買取交渉の際に査定額アップを求める材料として提示するのに役立ちます。

逆に相場よりもかなり高額な査定額をつける買取業者は注意が必要です。査定後に契約し、車を引き渡した後の点検で不具合が見つかり、減額されるリスクがあります。

口コミなどで調べて評判を参考にする

査定を依頼する買取業者を選ぶ際は、見積額の比較も大事ですが、買取実績や評判などを調べておくことも大事です。

査定士や営業マンの対応は良いか、しつこい電話はないか、強引な営業で買い取りを迫ることはないかをネットの口コミで調べておきましょう。

口コミでは実際に査定依頼した方の感想が聞けるので、とても参考になります。多くの方が「電話がしつこい」「強引だった」など対応が良くないという声を寄せていれば、始めからその業者を除外することができます。

買取実績が高い業者は、顧客満足度も高いはずなので安心して任せられるでしょう。

しつこい電話の業者を特定して依頼しない

頻繁に電話をかけてくれば着信履歴が残り、電話番号が残されています。車の買取業者は複数の電話番号を持っているので、1つの電話番号を登録しておいても、別の番号で電話されたら分かりません。

買取業者の電話かどうかを確認するためには、ネットで電話番号を入力して検索すれば、ある程度分かるでしょう。

また、「0120」や「0800」から始まる電話番号はフリーダイヤルで、買取業者全社共有のコールセンターの可能性があります。つまり、フリーダイヤルでの電話は全国展開している大手の買取業者である可能性があるので、特定しやすいと言えます。

しつこく電話をしてくる業者は、相手のことを考えずに強引な営業をかけてくる所も多いです。しつこい電話をしてくるような業者はあらかじめ選択肢から外し、査定依頼をしないで断るのも一つの手です。

しつこい電話に対してNGな対処法

しつこい電話に対してNGな対処法
車の買取業者のしつこい電話に対して、やらないほうが良いNGな対処法も知っておくと役立ちます。

電話を無視し続ける、着信拒否するというのは効果的ではありません。業者は無視されることに慣れており、あきらめずに出るまで電話をかけ続ける可能性が高いです。

また、相場よりもかなり高い希望査定額を伝えてしまうと、売却の意思があると思われて逆効果となります。

はっきりと断らずに曖昧な態度を取ると押せば買い取りに持ち込めると思われてしまい、営業電話が加熱する場合もあるので注意しましょう。

着信拒否や無視し続ける

車買取業者の営業電話は、いつおさまるか分からず数日続く場合もあります。長期的に電話が続けば出るのも面倒になり、着信を無視する方もいるでしょう。

また、着信拒否をしておけば良いと安易に考えがちですが、無視してもこちらの意図は相手には伝わらず、電話に出るまでかけ続けられるかもしれません。

車買取業者は相手が電話に出なくても、ひるむことなくむしろ強気で営業電話をかけてきます。無視しても何の解決にもなりません。

業者に査定や買取依頼をしないなら、きちんと電話に出てはっきり断ることが大事です。

相場よりもかなり高い希望額を伝える

査定を依頼する前に、愛車が中古車市場でいくらの価値になるか相場を調べると買取希望額も決めやすくなります。

しつこい営業電話があれば、「相場よりもかなり高い希望額を伝えたら買取業者もあきらめるのでは…」と考える方もいるでしょう。

確かに、買取業者は相場より極端に高い金額では車を買い取ることはできません。しかし、希望額を伝えてしまうと、「売却の意思がある」と捉えられてしまいます。そうなると、上手く交渉していけば査定に持ち込める、買い取れると思うでしょう。

結果的に買取業者の営業が加熱し、電話がさらに頻繁にかかってくるようになるかもしれません。具体的な査定希望額を伝えずに、はっきり断ることが大事です。

はっきりと断らず曖昧な態度を続ける

買取業者のしつこい営業電話に出た場合、強気で「査定をさせてほしい」「車を買い取らせてほしい」と言われるでしょう。ここで何となく断りづらいからと、曖昧な態度を取り続けるのはNGです。

例えば、「車の売却を考えている」「まだ買取業者が決まっていないから検討中」などと言えば、押せば何とか査定や買い取りができると思われます。

電話を切ろうにもどんどん話が長くなり、なかなか終われずに会話が続くことになるかもしれません。また、電話の回数も増えていく可能性があります。

そのため、査定依頼するつもりがない買取業者に対しては、はっきりと断るようにしましょう。断る際は、「もう売却先は決まっていて、契約も済んだ」と言うのが効果的です。

ただし、今後電話をかけてきた業者を利用する可能性があるなら、きっぱり断ってしまうと頼みづらくなるかもしれません。その場合は、返事の期日を業者に伝えておくのがおすすめです。「期日までにこちらから連絡するので、もう電話はしないでほしい」と伝えれば、しつこい営業電話もなくなるでしょう。

ただし、期日までに連絡しないと、また営業電話が増えるので、きちんと返事をすることが大事です。

しつこい電話を回避するための予防策が大事

しつこい電話を回避するための予防策が大事
車の買取業者からのしつこい電話を回避するには、複数の買取業者に住所や電話番号などの個人情報を教えないことが大事です。

電話番号が分かれば、向こうもどんどん営業電話をかけてきます。しつこい電話が始まると対処するのは大変なので、予防するのが手っ取り早い方法です。

一括査定などを利用するよりは、自分で利用できそうな買取業者をあらかじめ絞り、こちらから必要な業者にのみコンタクトを取るというやり方が最善だと言えるでしょう。

まとめ

①車の買取り査定を依頼すると、買取業者からしつこく営業電話がかかってくることがある
②営業電話に対しては、相手のペースに乗らない、伝えたいことを事前にまとめておいて簡潔に話すのが効果的
③電話をマナーモードにしておき、着信履歴から相手を調べて依頼しないようにする
④一括査定は営業電話が多くなりやすいので、自分で利用できそうな買取業者を絞ってから連絡を取るのがおすすめ
⑤しつこい電話に対しては、無視しないではっきり断ることが大事
※本記事は公開時点の情報のため最新と異なる場合があります。
カータル編集部
カータル編集部
この記事は中古車の売却、査定などについての知識が豊富な私たちが執筆しています。車を少しでも高く売るコツや必要な書類、手続きに関する疑問や質問にお答えしています。

関連記事

  1. 廃車になった車の買取り査定は可能なの?廃車の買取り査定額や買取先を知っておこう!
    廃車になった車の買取り査定は可能なの?廃車の買取り査定額や買取先…
  2. 車の買取り査定で気をつけることとは?査定前後の注意点をチェックしておこう!
    車の買取り査定で気をつけることとは?査定前後の注意点について
  3. 走行距離10万キロの車の買取り査定額はどうなる?売却のコツとは?
    走行距離10万キロの車の買取り査定額はどうなる?売却のコツとは?…
  4. 車の買取り査定の手続きの流れとは?事前に準備すべきことや注意点について解説!
    車の買取り査定の手続きの流れとは?事前に準備すべきことや注意点に…
  5. 車の一括買取り査定はやめたほうがいいの?メリットとデメリットを紹介!
    車の一括買取り査定はやめたほうがいいの?メリットとデメリットにつ…
  6. 車の買取り査定のポイントはどこ?高く売りたいときにはこうする!
    車の買取り査定のポイントはどこ?高く売りたいときにはこうしよう
  7. 車の買取り査定ではどこを見る?チェックされるポイントを解説
    車の買取り査定ではどこを見る?チェックされるポイントを解説
  8. 車の査定はどのように進めればいい?買取り査定の流れを解説!
    車の査定はどのように進めればいい?買取り査定の流れを解説!
PAGE TOP